TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
J.K. Rowling's speech at Harvard
"The Fringe Benefits of Failure, and the Importance of Imagination"
Commencement Address at Harvard University on June 5th, 2008


続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Stay Hungry. Stay Foolish.
Steve Jobs' famous commencement speech at Stanford



Text

“Commencement” here means “graduation” but it also means “beginning”. In a way, graduation is a beginning as well as an ending. It marks the beginning of the next stage in life after university.



Steve, are you hungry?
How about going to a sushi bar tonight?

Steve Jobsを寿司屋に案内するための本

Steve, I’ll take you to my favourite sushi bar tonight.




sea20080916.jpg


blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.

読んだら押そう、人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

発音でリスニング攻略
発音でリスニング攻略

今日、千葉県柏市で行われた

手賀沼エコマラソンに参加しました。

ハーフマラソンなので約21.1キロ。

今回で3回目です。

初挑戦の一昨年は1時間42分。

2回目の昨年は1時間31分。

今回は1時間52分でした。

今年は練習をあまりせずに参加したので

14キロ過ぎから足が痛くなり

思うように走れなくなってしまいました。

しっかり練習しておかないと

本番でボロボロになりますね。

その点はTOEICも同じ。

11月または1月のテストに向けて、

皆さん、準備を着実に進めていますか?

日々の地道な努力が本番で物を言います。

がんばってくださいね。

リスニング力を強化したい方へお薦め学習書

「闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する」



発音の練習を通してリスニングを伸ばすという発想は素晴らしい!

この方法で練習すればリスニングは伸びる!

ちなみに「闘耳」の「闘」はTOEICの「TOE(トー)」。

TOEICで役立つ耳作りの本。

以下、アマゾンの紹介記事抜粋

【ベストセラー『英語耳』の著者によるTOEICリスニング対策書の決定版】

本書の目標は、TOEICのリスニングで高得点を取ることです。

必要な時間は1日15~30分程度、数カ月の学習でTOEICリスニングのハイスコアを目指します。

英語には43個の音がありますが、日本語に出てくるのと同じ音は数個しかありません。

知っている単語ばかりの英語でさえうまく聞き取れないのはこのためです。

自分の知らない音は、聞き取れないのです。

そこで本書では、まず最初に英語の発音を練習します。

1枚目のCDに収録された「発音バイエル」で、毎日10分・1カ月程度、スポーツの基礎練習のように繰り返し練習してください。

すると、英語の音がかなりクリアに耳に入るようになってくるのが実感できます。

2枚目のCDには、著者の提唱する音読練習メソッド「Parrot's Law」に準拠した練習音声が収録されています。

これを使って繰り返し音読やシャドウイングすることで、より実践的な発音とリスニング力が身につきます。

音読素材にはTOEIC形式の英文を使用しているので、TOEICにも慣れることができて一石二鳥です。

そして、本番形式のTOEICリスニング実戦問題も2回分収録しています。

もちろん、2006年5月からはじまる新TOEICに完全対応です。新TOEICでは、アメリカ英語に加えて、イギリス、カナダ、オーストラリア英語の発音が使われるのですが、本書の実戦問題もこの形式です。

しかも、解答ページにはどの国のナレーターが発音しているかを明記してあるので、それぞれの国の発音を意識して練習することが可能です。

現在の英語力はまったく問いません。

発音は初級のうちにやっておくとその後の英語学習の効率がよくなります。

また中上級者で伸び悩んでいる人にも絶大な効果があります。すべての英語学習者に、自信を持っておすすめできる1冊です。


いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

BBCでリスニング対策
BBCでリスニング対策

5月から始まる新TOEICでリスニングの音声に

従来のアメリカ英語に加え

イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド

のアクセントが導入されます。

カナダの発音はアメリカのものとほぼ同じです。

オーストラリアとニュージーランドの発音は

イギリス英語に近いと言えます。

よって、北米系と英国系の2つに分類できます。

日本の英語教育には北米系の英語が広く使われています。

アメリカ英語に触れる機会が多いので

「アメリカン・イングリッシュの方が聞きやすい」

という学習者が多数派でしょう。

TOEICに英国式の発音が導入されると聞いて

「えー、どうしよう!聞き取れなくなる!」

と心配になった方、いませんか?

でも、それほど心配することはありません。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランド

の発音が入るといっても、

それほど癖の強いものは使われません。

英語の試験ですので、分かりやすくはっきり発音されるはずです。

アクセントの違いによる有利・不利は発生しないはずです。

「ブリティッシュ・イングリッシュ?どうしよう、聞き取れない!」

という苦手意識で自信をなしてしまうことの方が問題です。

自信がないと聞き取れません。

「イギリス英語だろうがオーストラリア英語だろうがドンと来い。」

くらいの気持ちで行きましょう。




とは言え、

あらかじめ英国式の発音に慣れておいた方が

本番で聞き取りやすくなることは確かです。

ブリティッシュ・イングリッシュの音に慣れるために

理想的なサイトがあります。

BBC World Service Learning English

というBBCが運営している英語学習者用のサイトです。

そのサイト上でお薦めなのは

TOEICのPart 3で使われるような設定の会話が聞ける

Ten Days in Manchester


最新ニュースを使ってリスニング、語彙、そしてリーディング力も鍛えられる

Words in the News

これはPart 4 の良い練習になります。

カジュアルな会話が聞ける

The Flatmates


文法や語彙のセクションもある(全て音声付)。

リスニングも同時に鍛えられる。

Grammar & Vocabulary

皆さん、是非聞いてみてください。

ブリティッシュ・イングリッシュに慣れると同時に

英語力を伸ばすのに役立ちます。

新TOEIC のリスニング対策にもなります。

いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング




20060408223651.jpg



今日のお薦めブログ

「米国発!英語が使えるようになる英文発想法」

和文と英文の対訳

でも単に訳しているだけではく

英文の発想に注目して

日本語との違いを解説している。

英作文の力が付く。

興味がある人はここをクリック→人気blogランキングへ

「米国発!英語が使えるようになる英文発想法」
は現在ランキング69位



英米両アクセントの音声で新TOEICにも対応
本当に出まくるフレーズばかり



TOEICの頻出語句を覚えながらリーディング力も伸ばす欲張り単語集

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part IV Short Talks 説明文問題
TOEIC Part IV Short Talks 説明文問題

Part IV は Short Talk (短い話)を聞いて質問に答える。

会話ではなく、一人の人が話す。

場内放送、スピーチの冒頭、講演者の紹介、ツアーガイドの説明、

ラジオ番組の一部、ラジオのコマーシャル、留守電のメッセージなど。

ひとつの Short Talk に質問が2問か3問。

コツはShort Talk を聞く前に質問を読んでおく。

それは Part III と同じ。

質問を先に読むことで聞き取りの焦点が絞れる。

これから聞く Short Talk の内容を予想する手がかりが得られる。

でも Part III より難しい。

ひとつの Short Talk に質問が複数あるから。

目標点が650点またはそれ以下の人は捨て身戦法がお勧め。

それぞれの Short Talk に付いている質問のうち、初めの2問に集中する。

質問が3問あったら、最後の問題は捨てる。

無理して3問やろうとすると、すべて逃す可能性がある。

それよりも2問を確実に取り、3問目は捨てる。

その方が総合点は上がる。

聞くときの心構え:

「誰が、誰に向かって、なぜ、どこで話しているのか」

を想像しながら聞く。

想像力を働かせると理解度が高まる。

今日のまとめ:Short Talk を聞く前に質問を読む







いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part III Short Conversations 会話問題
TOEIC Part III Short Conversations 会話問題

Part III は会話問題。

短い会話を聞く。

話者は2人。

話者1と話者2。

話者1が何か言う。

話者2がそれに答える。

話者1がまた喋る。

というパターン。

1.5往復の会話。

その会話についての質問がある。

答えは4つの選択肢から選ぶ。

質問と選択肢は問題用紙に印刷されている。

英語で書かれている。

それを読まなくてはならない。

だからリーデングの力も大事。

難しいパート。

このあたりから疲れが出てくる。

集中力が切れてくる。

踏ん張りどころ。

コツは会話を聞く前に質問を読むこと。

何が問われるか分かった状態で会話を聞く。

そうしないと会話のどの部分が質問の対象になるか分からない。

よって、会話全体を覚えておかなければならない。

それは大変。

何が問われるか分かった状態で聞けば

答えとなる情報に集中できる。

そこだけ覚える。

そこに焦点を絞って聞く。

また、質問を先に読むことで

これから聞く会話の内容をある程度予想できる。

例えば

Why did the woman miss the training session?

という質問から

「 training session が話題にのぼるぞ。」

「職場での会話だろう。」

「話者は男性と女性だろう。」

「女性は training session に行けなかったんだな。」

「彼女はその理由を説明するぞ。」

というようなことが頭に浮かぶ。

会話を聞く前に心の準備ができる。

そうすると会話を理解しやすくなる。

選択肢は無理して読まなくても良い。

短いものなら読んでもいいが、長めのものは時間が足りない。

あわてて読むと勘違いする。

混乱する。

実際の試験での注意:

深追いしない。

聞き取れなくて答えを選べないとき、その問題はあきらめる。

そして気持ちを切り替え、次の問題に集中する。

分からない問題に固執してしまうと、選びかねているうちに

次の会話が始まってしまう。

それに集中できず、また聞き逃す。

また答えを選べない。

「どうしよう。困った。」

パニック。

また聞き逃す。

また選べない。

悪循環に陥る。

あきらめも肝心。

完ぺき主義はよくない。

多少、できない問題があってもしょうがない。

軽い気持ちで挑もう。

今日のまとめ:会話を聞く前に質問を読む




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング






テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part II Question and Response 応答問題 その2
TOEIC Part II Question and Response 応答問題 その2

Part II は質問の出だしが肝心。

という話を前回しました。

出だしを聞き取れるかどうかで勝負が決まる。

出だしの疑問詞が聞き取れれば

それ以降の部分を聞き逃しても

何とかなる問題も結構ある。

でも、中には受験者の裏をかく問題もある。

初めの疑問詞から予想される答えをずれるもの。

例えば11月27日の第119回公開テストでは

What is the name of the person who is going to give a talk?

I don't remember it.

という問題があった。

出だしの

What is the name

を聞いて時点で「人の名前が答えになるな。」と受験者は予想する。

それに対して

I don't remember it.

が適切な応答。

このような問題もいくつか出る。

30問中7~8問。

形ではなく、意味がかみ合うかどうかが鍵。

Do you …? や Is he …? などのYes /No で答える質問に

Yes / No 以外で答えるパターンもある。

例えば

Do you have time this afternoon?

Actually, I'm quite busy.

など。

ただし、WH Questions (Who, Why, What, Where, Which, Howなどで始まる質問)

は Yes /No で答えることは不可。

Who, Why, What, Where, Which, Howなどで始まる質問に対して

Yes /No で始まる応答を選ばないこと。

今日のまとめ:意味がかみ合っている応答を選ぶ




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング







テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part II Question and Response 応答問題
TOEIC Part II Question and Response 応答問題 その1

Part II は応答問題。

まずは質問が流れる。

指示文には

In this part of the test, you will hear a question or statement …

とある。

Question (質問)ではなく Statement (普通の文)で始まることもある。

でも、数は少ない。

30問中3問前後。

だから、初めに質問が来ると思っていてよい。

その後、応答の候補が3つ流れる。

初めの質問に対する答えとして適切なものを選ぶ。

質問が理解できないと応答は選べない。

質問は出だしが肝心。

出だしの疑問詞

Who, What When, Why, Where など

をしっかり聞き取る。

ここを逃すと答えが選べない。

出だしに神経を集中させる。

逆に出だしだけ聞き取れれば、それ以降が聞き取れなくても

答えを選べる場合がある。

例えば

Where -------?

という質問。

Where しか聞き取れなかったとする。

でも、選択肢が

(A) I went there yesterday.

(B) At the station.

(C) He is my client.

だったら、場所を答えている (B)

が適切な応答であると分かる。

今日のまとめ:質問は出だしが肝心




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング








テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part I Photographs 写真問題
TOEIC Part I Photographs 写真問題

Part I は写真問題。

写真を見る。

英文が流れる。

(A)~(D)の4つ。

写真と合っている文が正解。

やさしいパート。

他のパートと比べての話。

なぜ?

文が短いから。

語句がやさしいから。

文の構造がシンプルだから。

でも中には難しい問題もある。

やや複雑な文。

例えば、受身の進行形。

「~されているところだ。」

例えば:

The food is being served.

The goods are being displayed.

The car is being repaired.

など。

意味の近い語句のトリックが使われる。

例えば:

wear (着ている状態を表す)と put on(着るという動作を表す)

roof (屋根)と ceiling(天井)

など。

音のトリックが使われる。

例えば:

work と walk

rain と train

hold と fold

など。

あとは前置詞が鍵になる問題や

behind / between / in front of

終わっているのか今行われているのかが鍵になる問題。

The table has been set.(完了)

The table is being set.(進行中)

1問1問、丁寧に解いて点を稼ぐ。

やさしいからといって気を抜かない。

途中で急に難しい問題が出ることもあるから。

頻出語句

stacked 積まれている

The plates are stacked.

overlook (建物から)見える

The buildings overlook the park.

lined 並ぶ

The cars are lined.

reflect 反射する

The tree is reflected on the water.

occupy 占める

All the tables are occupied.

microphone マイク

microscope 顕微鏡

examine 検査する

perform 演奏する

load 積み込む

今日のまとめ:丁寧に解こう




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング







テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC直前アドバイス―リスニング編
TOEIC直前アドバイス―リスニング編

TOEICまであと3日。

今日から3日間、直前アドバイスをお届けします。

まずはリスニングから。

Part I 写真描写問題

写真を見て、4つの英文を聞く。

写真と一致するものを選ぶ。

文が短い。

文の構造がシンプル。

語句もやさしめ。

だから簡単(他のパートと比べると)。

初めのパートだからwarm upのようなもの。

丁寧に解いて点を稼ごう。

Part II 応答問題

質問が流れる。

質問に対する応答の候補が3つ流れる。

応答として適切なものを選ぶ。

質問が分からなければ、応答は選べない。

だから質問をしっかり聞き取る。

質問で大事なのは出だしの部分。

出だしの疑問詞(Who, Where, Whenなど)に注目。

そこに神経を集中させる。

Part III 会話問題

会話を聞いて、質問に答える。

会話を聞く前に、質問を読んでおく。

そうすることで何を聞き取ればいいのか分かる。

また、質問に会話の内容を予想する手がかりがある。

会話が始まったら、音に集中。

選択肢を選ぶときは、言い換え表現に注意。

質問を読んで、会話を聞いて、選択肢を選んで、また次の質問を読む。

忙しい。

難しい。

だから落としてしまう問題が出てくるのは仕方ない。

聞き取れなくて、答えが選べないときはあきらめる。

固執しない。

気持ちを切り替えて、次の問題に集中する。

Part IV 説明文問題

Short Talkを聞いて質問に答える。

Short Talkを聞く前に質問を読む。

ひとつのShort Talkに対して質問は2問か3問。

3問読むのが無理な人は、2問でいい。

3問目は捨てて、2問に集中。

目標点が650点前後の人にはこの捨て身戦法がお勧め。

細かい情報を問う問題と大まかな情報を問う問題がある。

細かい情報を問う問題はその情報を聞き逃したらアウト。

いさぎよくあきらめる。

答えを選ぶときは言い換え表現に注意。

リスニング・セクションは集中力が決め手

あきらめも肝心






いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC初心者向け直前アドバイス―リスニング編
TOEIC初心者向け直前アドバイス―リスニング編

第117回TOEIC公開テストが9月25日(日)に行われます。
今日から3日間は、TOEIC受験初心者の方へ本番で役立つ直前アドバイスをお届けします。
初日の今日はリスニング編です。

Part I 写真描写問題
写真を見て、4つの文章を聞き、その中から写真を正しく描写しているものを選ぶパートです。
それぞれの文章は短く、使われている語句も比較的基本的なものが多いので、難しくありません。
がんばって聞けば、何とかなります。
一問一問、丁寧に解いて得点を稼ぎましょう。

Part II 応答問題
このパートでは、まず質問が流れ、その後、応答の候補が3つ続きます。
初めの質問に対する応答として適切なものを選びます。
コツは

質問の出だしの部分をしっかり聞き取る

ことです。
出だしがWhenなのか、Whoなのか、Whereなのか、Whyなのかによって、答えが決まります。
質問の出だしの部分を聞き逃さないようにしましょう。
出だしの部分さえ聞き取れれば、そのあとの部分を聞き逃しても答えを選べるものですよ。

Part III 会話問題
会話を聞いて、それに対する質問に答えます。
問題用紙に印刷されている質問と選択肢を読む必要があるので、リーディング力も影響します。
コツは

会話を聞く前に質問を読む

ことです。
質問を先に読んで、どんな情報を聞き取ればよいのか分かった上で会話を聞くと、焦点が定まりリスニングの精度が上がります。
また、記憶にかかる負担も少なくて済みます。
さらに、質問の内容から、これから聞く会話の状況設定を予想することができることもよくあります。
そうすると、会話が理解しやすくなります。

Part IV 説明文問題
Short talk(会話ではなく、一人の話者が20秒~50秒しゃべり続ける)を聞き、それに関する質問に答えます。
1つのShort talkに対して質問は2つか3つです。
Part IIIと同様に

先に質問に目を通し

何を聞き取ればよいのか分かった上で聞くのが必勝法です。
ただし、2つまたは3つの質問に対する答えを同時に待ち構えて聞く必要があります。
よって、1つの会話に対して1つの質問があるPart IIIより難しくなります。

全体的にPart IとPart IIはやさしく、Part IIIとPart IVは難しいです。
Part IとPart IIで点を稼ぎ、Part IIIとPart IVではある程度、分からない問題が出てきても仕方がないというような心積もりで挑んでください。

聞き逃してしまって答えが選べない問題もいくつか出てくると思います。
そんな時、答えを撰びかねていると、次の問題が始まってしまい、そちらに集中できず、また答えが選べないという悪循環に陥ってしまいます。
いさぎよくあきらめ、どれか適当にマークして、次の問題に意識を集中させましょう。
「この問題は落としてしまったが、次は聞き逃さないぞ」という気持ちの切り替えが大切です。

TOEICまで、あと3日ですね。
私も受験します。
今回の試験会場は東京大学教養学部です。
お互いがんばりましょう。

今日のまとめ:Part IIは出だしに集中、Part IIIとPart IVは質問を先に読む、分からない問題に固執しない


TOEIC Listening-リスニング力を伸ばす
TOEIC Listening-リスニング力を伸ばす

英語は日本語と音のパターンが違います。
英語は弱く発音される語と強く発音される語の差が大きく、語の組み合わせによって音がつながったり、消えたりします。
英語の音の特徴をまずは理論的に学ぶのもよいでしょう。
ただし、頭で理解しただけでは聞き取れるようになりません。
英語の音のパターンを体で覚える必要があります。
それには英語の音を聞いて、聞こえた通りに真似して繰り返す

Listen & Repeat

の練習が有効です。
リスニング力を伸ばす秘訣は声に出す練習をすることです。
ただ聞くだけではあまり効果はありません。
声に出す練習を繰り返して行うことで、英語の音のパターンを体に染み込ませることができます。
また、声を出すことで脳が活性化して記憶力が上がり、学習の効率もよくなります。

そして、なにより声に出す練習はやっていて楽しいですよ。
Listen & Repeatの練習を1日30分、3ヶ月続ければ効果を実感できるはずです。
ぜひ試してみてください。
使う教材はCD付きのリスニング・テキストやNHKのラジオ講座等、何でもかまいません。
内容を無理なく理解できるやさしめの教材を選ぶようにしてください。

今日のまとめ:リスニング力アップの秘訣はListen & Repeat




TOEICリスニング・セクションは集中力が決め手
TOEICリスニング・セクションは集中力が決め手

TOEICのリスニング・セクションでは、なんと言っても集中力が重要です。
リスニングの音声は1回ずつしか流れません。
聞き逃したら終わりです。
聞き逃さないように集中して聞くことが肝心です。

でも、リスニング・セクションの間中、集中力を維持することはなかなか難しいことです。
問題数100問、時間にして45分ありますから。
後半、段々疲れてきて、集中力が続かなくなります。
私もそうです。
Part III やPart IVで大事なところを聞き逃してしまうことがよくあります。
もし聞き逃してしまって、答えが選べないときは「いさぎよくあきらめる」ことも必要です。
その問題に固執せず、次の問題に意識を集中させましょう。
答えが選べず、「Aかな?Bかな?いや、Cかもしれない?」と悩んで知ると、次の問題が始まってしまいます。
そのような状態では、流れてくる音声に集中できず、また聞き逃し、答えを選べなくなるという悪循環に陥ってしまいます。
答えがわからない時は、「いいや、Bにしておこう。」という感じで、どれか適当にマークして、次の問題に意識を移してください。
「今の問題は聞き逃してしまったが、次は絶対、聞き取るぞ!」という心構えで、音声に集中しましょう。
このような、気持ちの切り替えが大切です。

それから、集中力の維持には心と体の状態が影響します。
テストに合わせて、心身のコンディションを整えておきましょう。
悩み事や不安をなくす、少なくともテストの最中は忘れる、テストの前日はよく寝る、飲みすぎないというようなことに気を配るとよいでしょう。
また、日ごろから集中力を付けるようにしてください。
と言っても、具体的に何をすればいいかは、人によって違いますよね。
座禅とか、ヨガとかをやるのもいいかもしれません。

また、TOEICの模擬問題を実際のテストと同じ分量、通してやると集中力を持続させるよい訓練になります。
お薦め問題集は、TOEICの目標点が700点前後の初・中級学習者には「TOEIC TEST 初心者のための模擬問題集」(高橋書店)それ以上を目指す上級学習者には「TOEIC Official Test-Preparation Guide」(Thomson Peterson’s)です。

今日のまとめ:リスニングは集中力の維持が鍵


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.