TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
TOEICについて英語で読む
リーディング力を伸ばすためにはたくさん読むことが必要です。「読む」と言っても、「設問の答えを探すために読む」のではなくて、そこに書かれている内容に興味があるから読む、情報を得たいから読む、読んでいて面白いから読む、というような読み方をしてください。リーディング力の養成には意味に焦点を当てたインプット(meaning-focused input)が有効です。興味のあるテーマの英文を読んでみましょう。

例えばTOEICに興味がある人だったら、TOEICについて書かれた英語のページはいかがでしょうか。ETSのサイト中にTOEICのページがあります。
TOEIC Listening & Reading
TOEIC Speaking & Writing

また、ETS発行のpublicationも無料で入手できます。お薦めはUser's Guideです。読み応えがあります。
TOEIC User's Guide Listening & Reading
TOEIC User's Guide Speaking & Writing

ETSはTOEICに関する学術的な研究論文もたくさん出しています(論文なのでちょっと難しめですが)。
TOEIC Research

上のリンク先にある論文は言わば身内の研究なので、批判的なことは書かれていません。対照的にGoogle ScholarでTOEICをキーワードに検索すると批判的な論文がたくさん出てきます。
http://scholar.google.com/scholar?start=0&q=TOEIC&hl=en&as_sdt=0,5

で、いろいろ見てると、たまに「えーっ!」と声を上げたくなるような論文に出食わすことがあります。特に面白かったのはこれです。

Sewell, H.D. (2005). The TOEIC: Reliability and validity within the Korean context


まずは出だしの部分です。

Upon arriving in Korea, one thing many English teachers find surprising is the large number of high stakes tests, in particular English tests, which are required by educational, governmental or corporate entities. One of the most common such tests, and one I have become deeply involved with as a preparation course text book writer and part time preparation course teacher is the TOEIC produced by Educational Testing Service (ETS).



これを書いたSewell氏は韓国でTOEIC用の教材を作ったり、TOEICコースを教えたりしていたそうで、私の同業者ということでなんだか親しみが湧きます。

その後、TOEICをテスト論の観点から考察しているんですが(reliabilityやらvalidityやら専門用がたくさん出てくるのでちょっと読みにくいかもしれません)、10ページ目にこんな記述がありました。

3.1 TOEIC Test Preparation
As an acceptable test mark, often in the 700 to 800 out of 990 range in Korea is required before a job application will even be considered, there is a strong desire among many Koreans to achieve high TOEIC scores, a desire which is the basis for a large publishing and preparation course industry. I would suggest that this industry is far more developed than ETS would care to admit, as exemplified by the paid test takers I have met who regularly sit TOEIC exams to record the listening sections on MP3 players and memorize test questions. This authentic test material then forms the basis of books and courses aimed at helping candidates achieve high scores.


えー、そんなこと言っちゃっていいの? paid test takersが毎回、MP3プレーヤーでリスニングを録音し、テスト問題を覚えて、それを元に本を作ってるっていう内部情報をネット上で出しちゃって。もしかして、Hackers(韓国のTOEIC本出版社&TOEIC予備校)が起訴されたのはこの論文が遠因か。ハッカーズ起訴のニュースはこちら

やあ、50人の社員を使って、組織的にやってるっていうのがすごい。日本のTOEIC教材は勝てっこない。こういうやり方をしてるんで、韓国のTOEIC本は質がいい(=本物のTOEICに近い問題が揃っている)んでしょうね。最近、日本でも翻訳本が増えました。

『新TOEICテストでる模試600問』



ハッカーズ語学研究所著!
体張って作ってます!

『でる模試600問』というタイトルですが、3年くらいするとIPテストに同じ問題がほんとに出る(日本で行われるIPテストに5年前の韓国の公開試験の問題が使われるということがこのまま続けばの話ですが)。

「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Teaching financial literacy
From Economist.com

610x.jpg

The money talks

An economist in the US volunteered to teach financial literacy to young mothers at a homeless shelter.
It's interesting to read, and it would be a good reading practice for those studying for the TOEIC.
It's got a lot of TOEIC vocabulary, too.
If you are interested in, click here.



blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.



気が向いたら押してください→人気ブログランキング




テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

パート5&6を伸ばす方法
私は毎日新聞社発行の週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」に月2回、TOEICのコラムを書いています。そこでは、モニターの方に私の作った学習プログラムに沿ってトレーニングをしていただき、本当にTOEICのスコアが伸びるのかという実験をしています。紙面に出る4人の方の他に、準会員の方が7人います。そのうちの1人、水野剛さんから以下の質問をいただきました。みなさんも興味のある内容だと思いますので、ここに公開いたします。(6月14日付「毎日ウィークリー」にも掲載されます。)

Q: 
私はパート5&6が異常なくらい弱く、過去のTOEIC TESTの結果や模擬試験の結果を見ても明らかです。『新TOEIC TEST「正解」一直線』の模擬テストではパート5&6の正解率は4割程度でした。これをパート7と同程度の65%まで引き上げることを目指しています。ただ、その勉強法について何をやればいいかがわかりません。パート5&6を克服するにはどのような勉強法が適しているのでしょうか。


A:
TOEICのパート5&6では語い力と文法力が試されます。パート5&6で得点を上げるためにはこの2つを伸ばす学習が必要です。語い力を試す問題は、単語の意味を知っているかどうかで勝負が決まります。例えば次のような問題です。

121. Seating is limited to 50 people, so please resister -------.
  (A) previously
  (B) effectively
  (C) respectively
  (D) promptly

この問題を解くためには文の意味を理解する必要があります。そして選択肢に挙げられている単語の意味を知っている必要があります。どちらも語い力が関係しています。この問題の答えは(D)です。知らない単語は調べておいて下さい。(重要語句:seating, limited, resister, previously, effectively, respectively, promptly)

文法問題は文法の知識が決め手となります。しかしTOEICで使われる文法は基本的なものばかりです。中学校3年間で習う文法をしっかり覚えていれば、TOEICの文法問題の9割はカバーできます。TOEICの文法問題が難しいのは語いの知識が必要だからです。次の問題を見てください。

122. All applications should ------- to Human Resources.
  (A) submit
  (B) be submitting
  (C) be submitted
  (D) have submitted

正解は(C)です。「主語applications と動詞submitの間に受動の関係(applicationsがsubmitされる)があるので、受動態(be動詞+過去分詞)のbe submittedが正解」というのが文法的な説明です。「受動態はbe動詞+過去分詞」という文法的なルールは中学校で習います。しかし、この文を見て「主語applications と動詞submitの間に受動の関係がある」と見抜くためには、applicationsとsubmitの意味を知っている必要があります。applicationsは「申込書、応募書類」、submitは「提出する」というのは語いの知識です。文法の知識があっても語いの知識がなければ解けません。(重要語句:applications, Human Resources, submit)

123. Mr. Johnson is looking for a ------- car.
  (A) depend
  (B) dependent
  (C) dependable
  (D) depending

「空欄の前にa、後ろにcarがある。よって、空欄には名詞carを修飾する語が来る。」というのは文法の知識です。しかし、選択肢のうち、(B), (C), (D)はみな名詞を修飾することが出来ます。答えを選ぶためには意味が重要になります。正解は(C)です。dependableは「信頼できる」という意味なのでcarを修飾するのに適しています。(重要語句:look for, depend, dependent, dependable)

124. Managers meet ------- to discuss departmental issues.
  (A) regular
  (B) regularly
  (C) regularity
  (D) regulations

「空欄に入る語は前の動詞meetにかかる。動詞を修飾するのは副詞。だから(B)が正解。」というのが文法的な説明です。しかし、「空欄に入る語は前の動詞meetにかかる」というのを見きわめるには、文の構造を把握しなければなりません。「動詞を修飾するのは副詞」という文法の知識だけでは解けません。構文を把握する力は英文にたくさん触れることで養われます。(重要語句:discuss, departmental, issues, regular, regularly, regularity, regulations)

パート5&6で文法力は大切です。しかし文法の知識だけあっても得点に結びつきません。文法を語いや構文と連携させることが必要です。パート5&6を克服するための学習法として以下の3つを提案します。
1.中学3年間で習う基本文法事項の総まとめをする
文法の基本事項を抑えることは不可欠です。難しい文法は必要ありません。基礎をしっかり確認しましょう。中学レベルの文法に自信のない方は中学生用の教科書や参考書を利用して復習してください。

2.「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」の例文を全て覚える
この本に載っている例文をしつこいくらいListen & Repeat(聞いて繰り返す練習)や音読筆写(英文を声に出して読みながら紙に書く)をして、覚えてください。TOEICのパート5&6のスコアに直結する語い、コロケーション、構文、文法の知識が蓄積されます。音声ファイルを利用して、Listen & Repeatを繰り返してやれば、英語の音のパターンもマスターできます。そして、英語の感覚が見に付いていきます。

3.Graded Readersを使って多読をする
Graded Readersとは英語学習者用に難易度を調整した読み物です。使用語い数によって「600語レベル」「1000語レベル」というようにレベル分けがされています。Penguin, Oxford, Cambridgeなどの外国の出版社が出しています。また、日本ではIBCパブリッシングが出している洋販ラダーシリーズがあります。「ちょっと易しすぎるかな」と感じるくらいのものが適切なレベルです。そして興味が持てるトピックの本を選び、楽しみながら読むのがポイントです。英語にたくさん触れることで、英語の感覚と構文力が見に付きます。
これらを計画に進めればパート5&6を必ず克服できるはずです。がんばってください。

人気blogランキング
////
今、TOEICブログが熱い!

推薦書
「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」←TOEIC受験者必携!


「新TOEIC TEST 出まくり英文法」←パート5&6で頻出の文法事項を学びながら語い力を伸ばせる優れもの


読む力を付けるために必要なこと、それは読むことです。
ポイントは3つ:
易しいものを読む、楽しんで読む、たくさん読む。





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part VII Reading Comprehension 読解問題
TOEIC Part VII Reading Comprehension 読解問題

Part VII は読解問題。

文章を読んで質問に答える。

文章の長さは短いもので50字程度。

長いものでも200字を超えるものはあまりない。

だからそれほど怖がらなくても大丈夫。

大学入試の読解問題よりやさしい。

ただし、英語の文章を読むことに慣れてないと

ちょっときついかも。

問題自体はそんなに難しくない。

じっくり読み込んで、思考力を働かせて解くタイプではない。

表面的な情報を探させるものがほとんど。

そこが大学入試と違うところ。

じっくり考えなくて良い分、スピードが求められる。

問題数が多いから。

全40問。

1問1分で解く。

文章の数は14~16。

広告、手紙、お知らせ、案内、記事など。

ビジネスまたは日常生活で目にするような文章。

ひとつの文章に問題が2~4問。

答えは4つの選択肢の中から選ぶ。

早く解くコツ



答えを出すのに必要なところだけ読む



答えを出すのに必要かどうかは

先に質問を読まなければ分からない。



質問を先に読む



それから本文にあたる。

答えを見つけるのに関係なさそうなところは飛ばす。

関係がありそうな場所を探して

そこをじっくり読む。

言い換え表現に注意。

本文中と質問・選択肢中で

同じことを違う言い方で表すことが多い。



今日のまとめ:余計なところは読まない




20051223214316.jpg






いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part VI Error Recognition 間違い探し問題
TOEIC Part VI Error Recognition 間違い探し問題

Part VI は間違いを探す問題。

各問題、文章がひとつ。

4箇所に下線。

そのうちひとつ文法的に、

または意味の上でおかしいのがある。

それを選ぶ。

全20問。

1問30秒で解く。

難しいパート。

なかなか間違いが見つからない。

パターンに慣れると解きやすい。

問題のパターン

パターン1:主語と動詞の関係

主語と動詞の複数・単数、能動・受動

動詞がない

主語の重複

パターン2:語形/品詞

主語は名詞

目的語は名詞

名詞を修飾するのは形容詞

動詞・形容詞にかかるのは副詞

人と表す名詞と物を表す名詞

例えば

travel agent (人)/ travel agency (物)

manager (人)/ management (もの)

など

パターン3:動詞のうしろ

to 不定詞が続く動詞

~ingが続く動詞

人がきて、そのうしろにto 不定詞が続く動詞

パターン4:動詞の形

パターン5:前置詞

必要な前置詞がない

不必要な前置詞がある

違う前置詞

パターン6:前置詞と接続詞の誤用

前置詞のうしろには名詞

接続詞のうしろには主語+動詞

接続詞のうしろで主語+ be 動詞が省略されるのはOK

パターン7:関係代名詞

パターン8:可算名詞・不可算名詞・冠詞

パターン9:慣用表現

パターン10:原級・比較級・最上級

最近、特に語形の問題が多く出題される傾向がある。


今日のまとめ:練習問題を多く解きパターンに慣れよう



20051223002213.jpg






いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング





ちなみに来年5月から導入される新TOEICでは

間違い探しの問題はなくなる。

間違いを探せるかどうかでコミュニケーション能力はわからない

ということにTOEICを作っている人たちが気付いたのだろうか。




(財)海外職業訓練協会(通称:OVTA)の

TOEIC対策講座のお知らせ

1月9日(祝) 9:30~4:30

6時間の集中講座

対象: TOEICで500~700点を目指す方

担当講師: 神崎正哉

TOEIC各パートの攻略法&練習問題

TOEIC模擬問題

英語力アップのトレーニング

英語の音の特徴、接頭辞と接尾辞、英語の構文のつかみ方、

言い換え表現、英語の語順リーディング、学習アドバイスなど

受講料:12,000円


OVTAのホームページはこちら

TOEIC対策講座の案内はこちら

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Part V Incomplete Sentences 穴埋め問題
TOEIC Part V Incomplete Sentences 穴埋め問題

Part V は穴埋め問題。

空欄を埋めるのに適切な選択肢を選ぶ。

文法と語彙の知識が試される。

全部で40問。

1問30秒で解くのが鉄則。

分からない問題に時間をかけすぎないこと。

リーディング・セクションはスピードが勝負。

75分で100問。

急いでやらないと最後まで終わらない。

分からない問題に出会ったら、

とりあえず選択肢をひとつずつ空欄に入れて文を読んでみる。

「なんとなくこれがよさそうだなあ」と感じるものを選ぶ。

結構、当たる。

どこかで見たり聞いたりした表現が無意識の領域に残っているから。

そうすると「なんとなくよさそうだ」と感じることができる。

広く英語に接していると強い。

勘がさえる。

英語をたくさん読んだり聞いたりしよう。

あとはTOEIC形式の問題をたくさん解く。

Part V では毎回同じよう問題が出るので

問題なれしているといい。

問題のパターンごとに解き方のコツがある。

それを知っていると早く正確に解ける。



今日のまとめ:Part V は1問30秒



みかん





いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC直前アドバイス―リーディング編
TOEIC直前アドバイス―リーディング編

今日はリーディング編をお届けします。

リーディング・セクションはスピードが決め手。

75分で100問を解くにはかなり急ぐ必要があります。

Part V 文法・語彙問題(穴埋め)

文章に空欄がある。

選択肢が4つある。

空欄を埋めるのに適切なものを選ぶ。

全部で40問。

語彙力と文法力が試される。

重要なのは早く解くこと。

1問30秒が鉄則。

10問終わるごとに時計を見て、ペースを確認。

知らなければ解けない問題がある。

知らなければいくら時間を使っても無駄。

分からない問題があったら、

とりあえず、選択肢をひとつずつ空欄に入れて読んでみる。

よさそうなものを選ぶ。

そして、素早く次の問題に移る。

Part VI 誤文訂正問題(間違い探し)

文章がある。

4箇所に下線が引いてある。

そのうちのひとつが間違っている。

それを選ぶ。

全部で20問。

1問30秒で解く。

難しいパート。

なかなか間違いが見つからない。

そんなときは、以下のポイントをチェック。

主語と動詞の関係。

動詞の後ろ。

修飾の関係。

意味。

可算名詞、不可算名詞、冠詞。

不必要に時間を使わないように注意。

Part VII 読解問題

英文がある。

質問が2~4問ある。

答えは4つの選択肢から選ぶ。

英文の数は14~16。

質問は合計40問。

1問平均1分で解く。

早く解くコツ:

答えを出すのに必要なところだけ読む。

そのためには質問を先に読む。

そして、答えとなる情報がありそうな部分だけじっくり読む。

関係なさそうな部分は読まない。

答えを選ぶときの注意:

言い換え表現が多く使われる。

スピード、さらにスピード、速く、ゆっくり急げ!

あまりあわてすぎるのも問題。

答えを塗り間違えたりするから。




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング






テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC初心者向け直前アドバイス―リーディング編
TOEIC初心者向け直前アドバイス―リーディング編

リーディングで得点を伸ばすには、なんと言ってもスピードです。
急いで解いて、とにかく終わらすことです。
そのためには時間配分が重要になります。

Part V 1問30秒
Part VI 1問30秒
Part VII 1問1分


のペースで解きましょう。
速く解くコツは以下の通りです。

Part V 文法・語彙問題(穴埋め問題)
考えて分かる問題と知らなければ解けない問題がある。
知らなければ解けない問題は時間をかけてもしょうがない。
もし分からなかったら、選択肢を空欄に入れてみて、よさそうなのを選ぶ。
そして、素早く次の問題に移る。
分からない問題に固執しないこと。

Part VI 誤文訂正問題(間違い探し)
下線が引かれている4箇所のうち、間違いのあるものを探す。
間違いを探せと言われてもなかなか難しい。
あらかじめ手順を決めておいて、てきぱきと検証する。
以下の手順でチェックするとよい。

1.主語と動詞の関係(主語と動詞の単数・複数は対応した形になっているか、能動・受動の関係は良いか、時制は正しいかなど)
2.動詞の後ろ(to 不定詞/-ing形、前置詞、目的語など)
3.修飾関係(形容詞、副詞、名詞、分詞、関係詞が正しく使われているか)
4.意味の上でおかしいもの(文脈に合わない語句はないか)
5.下線部の詳細(可算名詞/不可算名詞、単数形/複数形、a/an/theなど)

Part VII 読解問題
文章を読んでそれに対する質問に答える。
速く解くコツ:答えを出すのに必要ではない部分は読まない
答えを出すのに必要か必要ではないかは先に質問を読まないと分からない。
先に質問を読み、答えを導くのに必要な情報を本文から探す。
答えを出すのに関係がなさそうなところは飛ばす。
答えを選ぶとき、言い換え表現に注意。
本文中に出てきた表現が選択肢中で違う形に言い換えられていることが多い。

今日のまとめ:リーディング・セクションはスピードが勝負
速く解くコツ:
Part V-分からない問題に固執しない
Part VI-手順に沿っててきぱきと
Part VII-答えを出すのに必要なところだけ読む

TOEIC Reading-リーディング力を伸ばす
TOEIC Reading-リーディング力を伸ばす

TOEICの模擬問題をたくさん解いて問題形式になれるとTOEIC得点は伸びます。
50~100点くらいはすぐ上がるでしょう。
しかし、それ以上伸ばすためには、問題なれするだけでは不十分です。
総合的な英語力を付ける訓練が必要です。
TOEICはリスニングとリーディングのテストなので、リスニング力とリーディング力が伸びれば得点も伸びます。

リーディング力を付けるためにはずばり

たくさん読むこと

です。
英語の本、雑誌、新聞、何でもかまいません。
できるだけたくさん読みましょう。
自分の興味があるものを選んで、読むことを楽しんでください。

でも、英語のレベルが自分の実力に合っていないものは、避けましょう。
読んでいて、ほとんど理解できないようだと、読むこと自体が苦痛になり、長続きしません。
自分の英語力に見合ったものを選びましょう。

お薦めは洋販ラダーシリーズです。
これは英語学習者向けにやさしい英語で書き直された本のシリーズです。
ラダーはladder(はしご)のことで、はしごをのぼるように下から一歩、一歩、着実にレベルアップできるようになっています。
<使用語数>と<読解に必要な英語力>を基準に以下の5レベルに分かれています。

Level 1 1000語 TOEIC300点以上/英検4級以上
Level 2 1300語 TOEIC350点以上/英検3級以上
Level 3 1600語 TOEIC400点以上/英検準2級以上
Level 4 2000語 TOEIC470点未満/英検準2級以上
Level 5 制限なし TOEIC470点以上/英検2級以上


このレベル表示を目安に自分の英語力に見合った本を選ぶことができます。
また、巻末に訳の付いた語彙リストが付いているので、辞書なしで読めます。
通勤・通学中に読むのに適しています。
さらに洋販の学習サイトwww.yohanstudy.comから音声をダウンロードすることもできます。
リスニングの教材としても使えます。

私自身もたくさん英文を読んで英語力を伸ばしました。
たくさん読むうちに読書が楽しくなります。
「この先、話がどうなるか早く知りたい」と思うと、知らず知らずのうちに読むスピードも上がってきます。
そして英語を英語のまま理解できるようになっていきます。

また、読書中に覚えた単語は、その語が使われていた場面と結びつき記憶によく残ります。
私も「ああ、この語はあの本のあの場面で出てきたなあ」と思い出すことがよくあります。

英語をたくさん読むことでリーディング力が伸び、TOEICの得点アップに繋がります。
一見、遠回りのようですが、それが確実な方法です。
着実に英語力を伸ばしたい人は、洋販ラダーシリーズを使って英語の本をたくさん読んでください。
Level 5が読みこなせるようになったらラダーシリーズは卒業です。
そうしたら、英語学習者用に加工されていないものを読み始めましょう。

今日のまとめ:リーディング力を伸ばすにはたくさん読むこと


TOEICリーディング・セクションはスピードが勝負
TOEICリーディング・セクションはスピードが勝負

TOEICのリーディング・セクションには、問題が100問あります。
その100問を解くのに与えられる時間は、75分です。
急いで解かないと制限時間内に終わりません。
よって、スピードが重要です。

時間が十分にあれば正解を得られたであろう問題を、時間がないばかりに手がつけられず、答えをマークせずに提出するのはもったいない。
得点を伸ばすためには、とにかく最後まで終わらせることを目標にしてください。

時間内に終わらせるには、時間配分をうまく調整することです。
リスニング・セクションではテープの音声に従って解き進めれば良いので、時間を気にする必要はありませんが、リーディング・セクションは自分で時間の管理をしなくてはなりません。

理想的な時間配分は以下のとおりです。

Part V → 1問あたり30秒(40問あるので計20分)
Part VI → 1問あたり30秒(20問あるので計10分)
Part VII → 1問あたり1分(40問あるので計40分)


このペースで解くと70分で全100問を解き終えることができます。
5分余るので、その時間は見直しにあてるというのが理想です。
なかなか試験終了5分前に終わらせるのは、難しいのですが、それを目標にして急いで解く努力をしてください。

まあ、終わらなかったら、終わらなかったです。
仕方ありません。
終わらない場合も、とにかくどれか答えをマークしておきましょう。
運がよければ、当たります。

練習問題をやるときは上記の時間配分を意識してください。
「1問30秒はこのくらいのスピードか」というように時間の感覚が付いていきます。
1問1問、時計を見るのは時間がもったいないので、10問おきにチェックするのが良いでしょう。
練習問題をたくさん解くと、スピードも付いてきます。
お薦め問題集
初・中級学習者(~700点):「TOEIC TEST 初心者のための模擬問題集」(高橋書店)
上級学習者(700点~):「TOEIC Official Test-Preparation Guide」(Thomson Peterson’s)

TOEICの問題には考えて分かる問題と知っているかどうかで勝負が決まってしまう問題があります。
知らなければ解けない問題は時間をかけるだけ無駄です。
そのタイプの問題でつまずいたときは、その問題に固執せずにどれか適当に答えをマークして素早く次の問題に移りましょう。
時間内に終わらせるためには、解けない問題をいさぎよくあきらめることも必要です。

今日のまとめ:リーディング・セクションはスピードで決まる

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.