TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
A response to Letter 2
Joe wrote me back so I'd like to respond to his letter.

Dear Joe,

I thought you were saying that nothing much can be learned from TOEIC practice tests. Good to know you weren't. You suggested that TOEIC learners can learn a tremendous amount of English if they “analyze the arrangement and connection of words in such sentences in such a way that you look up words and phrases in the dictionary, look for grammatical references to phrases and constructions in grammar books (or on grammar sites) and google them to see if such phrases and constructions regularly appear in the reliable sources such as NYTimes, OED, etc.” I agree that would be a good conscious learning but language can be learned in an implicit way. If you expose yourself to English, you learn something implicitly. You may nor may not feel it because it is not explicit but I believe exposure to English is good for your language development.

I also believe in the effect of repetition in language learning. For example, when you listen to the same songs over and over again, or watch the same movie over and over again, or read the same novel over and over again, you don't learn new things but these repetitions help improve your English. Let me give you another example. You introduce yourself to one person, then you do it to another person, then another and repeat it ten times, and then you will become fluent in introducing yourself. I believe this kind of fluency development is important to language acquisition, even though you are not learning anything new. Doing many practice tests has a similar effect.

You asked me about my English level when I was doing Cambridge exams. Let me answer that question. When I passed the First Certificate in English (FCE) exam, I would day my English level was intermediate, and when I passed the Certificate in Advanced English (CAE) exam, I was at an advanced level, so when I was preparing for the Certificate of Proficiency in English (CPE) exam, I was an advanced student.

You said you were talking about super advanced TOEIC learners in Letter 1. I was talking about those learners who have achieved high scores on the TOEIC but continue to do TOEIC practice tests without doing other stuff. Were we talking about the same group of learners? I want to make sure that having high TOEIC scores does not necessarily mean you are a super advanced learner of English. In fact, it is highly unlikely that super advanced learners of English stick to TOEIC practice tests because they know something better to improve their English. If a super advanced learner continued to do TOEIC practice tests repeatedly, then it would probably be because that he or she really thinks they need to practice solving TOEIC type questions for some reasons other than improving their English, like learning to avoid making careless mistakes. In that case, it wouldn’t be a bad idea to continue doing practice tests until they get rid of their bad habits, like carelessness.

Those who continue to do TOEIC practice tests are usually intermediate learners of English, somewhere between the FCE and CAE levels on the Cambridge scale, I would say. As you rightly pointed out, intermediate learners can learn more from practice tests than advanced learners can.

Thanks for quoting Aya's tweets. It's good to know she read my previous letter and bothered to comment on it. Let me comment on her comments.

I didn't say doing practice tests is equivalent of extensive reading. I wanted to say doing practice tests has a similar effect. The points I wanted to make were:
1. Reading easy materials helps your language development.
2. Reading something you can enjoy helps your language development.
3. Reading a lot helps your language development.
4. For some people, TOEIC practice tests can be easy and fun and if they do a lot, that would help their language development.

She asked if those learners read sentences and passages when they do practice tests. It sounds like a rhetorical questions and her implication is they don't. I think they do read sentences and passages. I haven't asked them but I do read myself when I take a test and I always encourage learners to do the same, so I assume they do. If they don't, maybe that's why they don't get 990 and I strongly recommend that they change the way they find answers.

When I use the word “high-achievers”, I was referring to those who have achieved high TOEIC scores, not those who have achieved high-level of English proficiency. It was misleading and I should have probably said “high-TOEIC-achievers”. High-TOEIC-achievers don't necessarily have reading fluency and if they don't, extensive reading is a good way to increase their reading fluency.

You said you are dubious about the effect of doing practice tests but those who do practice tests believe that's an effective way to improve their TOEIC scores otherwise they would stop. When you believe in what you are doing, it works.

You asked me if it is “okay to say to all the learners that the best way of learning is the way that you feel most comfortable with or that you think most enjoyable”. My answer is yes. As I have repeated many times, I believe that if you don't enjoy what you are doing, you don't learn much. If you have to take pains in language learning, you have to enjoy taking those pains.

You also suggested reading newspaper articles and writing about them is much more effective than doing practice tests. I would say it depends. I like reading newspapers so I learned a lot from them, but there are people who don't like reading newspapers. If you force them to read what they don't like, do you think they can still learn English effectively? I don't.

Yours sincerely,

Masaya


Joe will appear on a radio show on Sunday.

TOEIC lovers vs. TOEIC haters: Why do you love/hate the TOEIC?

Date: November 24
Time: 9 p.m.-10:30 p.m.
Guests: Joe F, Jun, Kiyo

放送用URL(ねとらじ用):
http://std1.ladio.net:8080/TBR.m3u
     ↑
放送時間にアクセスすると聞けます。


BBS:
コメント用スレッド
   ↑
Do you love or hate the TOEIC? Why? Give us your comments on the TOEIC.

This program will be in English.





「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


なぜ発音にこだわるのか
先日放送した TRB 掲示板 に挙がっていた質問にてんまさんが答えてくださりました。とても詳しく発音練習の意義を説明しているので皆さんの英語学習のヒントになるはずです。どうぞご覧ください。

なぜ発音にこだわるのか?


てんまさんが仰っているように音を出す練習をすることで音が聞き取れるようになります。リスニングで苦労されている方、リスニング力アップの鍵は音を出す練習ですよ。



blogrankingbanner_02.gif


人気ブログランキング





Part7が読めても解けないとお嘆きのアナタに。



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

精読について
読者のから精読に関する質問をいただきました。なお、普通「精読」と言うと「内容をよく考えながら、細かいところまで丁寧に読むこと」(明鏡国語辞典)を意味しますが、英語学習における精読は単語の意味や文法・構文をひとつひとつ確認しながら分析的に読むことを指します。

続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

If you're not enjoying it ...
610x.jpg
Hazel Blears, a British politician


Japanese politicians are busy canvassing up and down the country right now as the general election draws near. Hazel Blears, a British politician, once compared political campaigning to sex:

続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

多聴多読マガジン


今、書店に並んでいる「多聴多読マガジン 2009年 08月号」に記事を書きました。

>>人気ブログランキングはこちら
続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

多読のすすめ
当方多忙につき、再び過去記事のリサイクルで失礼します。2007年8月6日のエントリーから。自分で言うのもなんですが、いいこと書いてあります。

リーディング力を付けるために何をすればよいか?

それはたくさん読むこと。

何を読めばよいか?

自分の力に見合ったレベルのもの。

「ちょっと易しすぎるかな」と感じるくらいがいい。

1ページに分からない単語がひとつかふたつが適切なレベル。

学習者用に語彙レベルと調整してあるGraded Readers を使うのがよい。

Penguin Readers

Oxford Bookworms Library

Cambridge English Readers

ラダーシリーズ

などがある。

ラダーシリーズは巻末に簡単な辞書が付いているので

「英語の本を読むのはちょっときつい」

という人でも入っていきやすい。

多読のもうひとつのポイントは、

自分の興味のある内容の本を選ぶこと。

そして楽しみながら読む。

楽しんで読むと英語が身に付く。

苦痛を感じながら読んでも身に付かない。

読んでいて面白くなかったら、途中でやめて

別のものに変える。

そしてたくさん読む。

Graded Readers は1冊が薄いので

1~2週間に1冊のペースで読めるはず。

多読の効用

1.英語にたくさん触れられる。

2.リーディング力はもちろん、それ以外のスキルも伸びる。

3.語彙の知識が深まる。

4.既にある知識が確実になる。

5.読書が好きになる。

6.リーディングに対する自信が湧く。

いいことずくめ。

しかも1人で出来て、お金もかからない(本代のみ)。

やらなきゃ損。

多読は英語力を伸ばすのに最良の学習法。

多読のポイント

1. 楽しんで読む。

2. 易しいものを読む。

3. たくさん読む。


ラダーシリーズ




Cambridge English Readers




Oxford Bookworms Library




Penguin Readers





blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.

読んだら押そう、人気ブログランキング



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

車の中でTOEICリスニング
車の中でTOEICリスニング

私には4歳年下の弟がいます。

最近、10月28日(日)のTOEICに向けて勉強しているそうです。

彼のブログ、Berries on the RoofでTOEICの記事をみつけました。

その中にTOEICに対するシニカルなコメントに交えて

ちょっと変わった学習法が載っていたのでご紹介します。

(以下Berries on the Roofより抜粋)

「TOEICテスト新・最強トリプル模試(2)」を買ってみたものの、

通勤の車の中で付録のCDを聞くだけというものぐさ勉強法しかできません。

が、この勉強法が案外よろしい。

模試なので、普通はテキストを見ながらCDを聞いて解答していくのでしょうが、

運転しながらではテキストは見れない。

なので、その分、頭を働かせる必要がでてくる。

特に、パート3やパート4の問題では、テキストがあれば選択肢の中から

最もそれらしいものを選ぶのは、勘が働けばそう難しくはないと思う。

でも、何も見ない状態で英語の会話(あるいはスピーチ)を聞き、

内容に関する質問を英語でされた場合、それに対して英語で答えるのは難しい。

英語の答えを考えるのが頭の体操になる。

家に帰ってテキストを見直して、各問題の選択肢を見てみると、ああなるほど、と思う。

次の日、また同じ箇所を聞いて、今度は前の日に確認したテキスト中の選択肢を参考に英語の答えを考える。

これを繰り返すとよい勉強になる。

この方法でスピーキングスキルもあがるのでは?


(抜粋ここまで)

なかなか面白いアイデアです。

テキストを見ないで

「会話/トークを聞く」→「質問を聞く」→「声に出して英語で答える」

という練習をしたら、確実に話す力が付きます。

また、何回も繰り返してやっているとTOEICでよく使われる

会話/トークのパターンや質問のパターンに慣れることができます。

そうすると本番で有利です。

さらにTOEICの音声CDを使ってシャドーイング(音声に合わせて一緒に言う)

をするのもよいでしょう。

結構、効果的なトレーニングができそうです。

車で通勤している方、試してみては如何でしょうか。

ただし、くれぐれも安全運転を心がけてくださいね。

人気ブログランキング 
   ↓
人気blogランキング



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

The Power of Belief
The Power of Belief

Belief

信じること。

とてもパワーフル。

英語の学習にも影響する。

「これをやれば英語が出来るようになる」

と信じてやると効果がある。

「こんなのやってもダメだろう」

と疑いながらやるとダメ。

自分で信じられない教材は使わないほうがいい。

「今度のTOEIC、いい点取れそう」

と信じて受けると、いい点が取れる(ことが多い)。

「今度のTOEIC、ダメそう」

と思って受けると、ダメ。

YouTube から Anthony Robbins のトーク。

モチベーション・セミナーをする人。

その世界ではNo,1らしい。

話すの上手い。

ちょっと早いけど、リスニングの練習にいい。

トークの内容もためになる。

The Power of Belief / Anthony Robbins



Anthony Robbins は はあちゅう主義。 を通して知った。

このブログ、よく見る。

面白いことがたくさん書いてある。

ちなみに「ウルトラ語彙力主義」というタイトルは

このブログに触発されて付けた。

「ランキング、上がってそうな気がする。」(クリック)「あっ、本当に上がってた!」

皆様、応援ありがとうございます。
 
   ↓
人気blogランキング


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英語を楽しむ
英語を楽しむ

英語学習は楽しみながらやるのがいい。

楽しんでやるとよく身に付く。

苦しみながらやっても覚えない。

多読の話をしたとき、

自分の興味がある内容の本を選んで

楽しみながら読むのがいい

と書いた。

でも、読書という行為自体を楽しめない人もいる。

そういう人は無理して読むことはない。

別の方法を使う。

英語のAVとか。

AVはAudio Visual の略。

聴覚、視覚を使って英語に触れるもの。

映画、ドラマ、音楽、ドキュメンタリー、ニュース、その他。

アダルトビデオじゃないですよ。

ああ、アダルトビデオも聴覚と視覚を使うか。

アダルトビデオを楽しめる方は是非使ってください。

(出来るだけ会話の部分が多いやつ)

とにかく、自分が楽しめるかどうかが問題。

映像が付いていると楽しい。

音だけでは伝わらないものもが伝わってくる。

最近、インターネット上でいろいろな動画が見られるようになった。

YouTubeとか。

その他にもいろいろある。

私がはまっている動画サイトは

Blair archive Prime Minister’s Questions

いや、これ面白いですね。

まあ、人の好みはそれぞれ。

楽しめるものを見つけて、やる。

それが一番効果的。

英語を楽しんでくださいね。




The Specials / Enjoy Yourself



Enjoy Yourself Lyrics







毎日更新しているの

何で順位が下がってきてるんだろう?

不思議だ。

   ↓
人気blogランキング







テーマ:英語 - ジャンル:学校・教育

英語は音が大事
英語は音が大事

英語学習は音が大事。

英語の音を耳から入れたり

声に出す練習をしたり。

特にTOEIC受験者は声に出す練習がおろかになりがち。

TOEICにスピーキングがないから。

でも声に出す練習をすることでリスニングも伸びる。

音読、Listen & Repeat、シャドーイング

日ごろの学習に取り入れよう。

英語を声に出す練習は楽しい。

声に出すことで脳に良い刺激が行く。

そして英語がよく身に付く。






人気ブログランキング現在5位! (皆様のおかげです。)
   ↓
人気blogランキング


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

多読のすすめ
多読のすすめ

リーディング力を付けるために何をすればよいか?

それはたくさん読むこと。

何を読めばよいか?

自分の力に見合ったレベルのもの。

「ちょっと易しすぎるかな」と感じるくらいがいい。

1ページに分からない単語がひとつかふたつが適切なレベル。

学習者用に語彙レベルと調整してあるGraded Readers を使うのがよい。

Penguin Readers

Oxford Bookworms Library

Cambridge English Readers

洋販ラダーシリーズ

などがある。

洋販ラダーシリーズは巻末に簡単な辞書が付いているので

「英語の本を読むのはちょっときつい」

という人でも入っていきやすい。

多読のもうひとつのポイントは、

自分の興味のある内容の本を選ぶこと。

そして楽しみながら読む。

楽しんで読むと英語が身に付く。

苦痛を感じながら読んでも身に付かない。

読んでいて面白くなかったら、途中でやめて

別のものに変える。

そしてたくさん読む。

Graded Readers は1冊が薄いので

1~2週間に1冊のペースで読めるはず。

多読の効用

1.英語にたくさん触れられる。

2.リーディング力はもちろん、それ以外のスキルも伸びる。

3.語彙の知識が深まる。

4.既にある知識が確実になる。

5.読書が好きになる。

6.リーディングに対する自信が湧く。

いいことずくめ。

しかも1人で出来て、お金もかからない(本代のみ)。

やらなきゃ損。

多読は英語力を伸ばすのに最良の学習法。

洋販ラダーシリーズ




Cambridge English Readers




Oxford Bookworms Library




Penguin Readers





月曜日は「学習法紹介」の日。

火曜日は?

予定を知りたい方は

人気ブログランキングに投票して
ランキング表中で確認
 
   ↓
banner_02.gif


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英語学習の基本
英語学習の基本

英語を使えるようになりたければ

英語を使う。

英語を話せるようになりたければ

話す。

英語を聞けるようになりたければ

聞く。

英語を読めるようになりたければ

読む。

英語を書けるようになりたければ

書く。

話さなければスピーキングは伸びない。

聞かなければリスニングは伸びない。

読まなければリーディングは伸びない。

書かなければライティングは伸びない。

Professor Paul Nation (Victoria University, New Zealand)

はそれを the time-on-task principle と呼ぶ。

The basis of a commonsense approach to opportunities for learning is the time-on-task principle. How can you learn to do something if you don’t do that during learning? How can you learn to read if you don’t do reading? How can you learn to write without writing? The time-on-task principle simply says that the more time you spend doing something, the better you are likely to be at doing it. (The four strands, Nation, forthcoming)

paul_nation.jpg

Professor Paul Nation, my hero

というわけで、とにかく「やる」ということです。

英語を聞く、話す、読む、書く。

これが基本。

例えば今、人気急上昇中の

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

へ行く。

英語の記事とコメントを読むと

リーディングの練習になる。

音声を聞くと

リスニングの練習になる。

英語でコメントを残すと

ライティングの練習になる。




「あれっ、スピーキングは?」

Uh… Go to Berlitz.







もしよろしければクリックしていただけますでしょうか。 
   ↓
人気blogランキング



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Kaya-chan's blog
Kaya-chan's blog

Kaya-chan's blog

アメリカ人女性(コロラド出身)が英語で綴る

子育てフォト日記。

子供の視点から書かれている。

ユーモアたっぷりで読んでいて楽しい。

文章がきれい。

そして何よりKaya(1歳5ヶ月)の写真が可愛い。

例えば、こんな感じ。

DSCF1168.jpg


ちなみにこの子の父親は日本人(九州男児)。


楽しみながら、英語に触れられるので

リーディングの教材として理想的。

こちらからどうぞ。

Kaya-chan's blog

いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング






Kaya-chan's blogの運営者が英文を書いた

TOEIC語彙集の傑作!!!



TOEICのパート3形式の会話に

重要語句3000語を織り交ぜ

会話の練習をしつつ、

語彙力を養いつつ

リスニングの練習をしつつ

TOEICの問題形式にも

慣れることができる

欲張りな作り。

以下、アマゾンのカスタマーレビューより抜粋

TOEICはビジネスにおける英語運用能力を測定する試験であり、

論説文や科学記事などが主体の大学入試・英検などとは

要求される語彙がかなり異なります。

本書に収められた単語は、日常生活・ビジネス関連語彙が主体で、

TOEICの傾向にぴったり合ったものとなっています。

見出し語の多くには派生語も併記されているので、

パート5でよく出る派生語関連問題の対策もこれでOKです。

そして、それらの語彙を用いて作りこまれた

パート3形式の自然なダイアローグが二枚のCDに収められており、

これを繰り返しリスニングすることで

ボキャビルとリスニング対策が同時にできてしまいます。

フレーズやダイアローグで覚えることによって、

語法・コロケーションの知識も身につきます。

こういう知識がパート5で役立つことは言うまでもありません。

試験対策のための時間があまりない場合、

公式問題集とこの本だけでも十分勝負になるのではないでしょうか?


私もまったく同感です。(神崎)

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

韓流TOEIC本
韓流TOEIC本

韓国はTOEICの先進国です。

受験者数が日本よりも多い。

2004年度の日本の受験者が143万人だったのに対して

韓国183万人。

韓国の人口は4800万人。

日本は1億2700万人。

人口あたりの受験者数は日本の3倍以上。

だからTOEIC学習書のレベルも高い。

最近、日本でも韓国のTOEIC本の

翻訳版が出ています。

私もキム・デギュン氏の本を3冊持っています。

2003年以来、売れ続けているベストセラー。


新TOEIC用の模試2セット。版が大きくて使いやすい。


TOEIC頻出語句を簡潔にまとめた語彙集。


「必ず出る新TOEIC Test 英単語・熟語」の著者紹介抜粋

キム デギュン

高麗大学校英語英文科、高麗大学校大学院英語英文科卒業。

YBM時事英語社鍾路本院講師、『TIME研究』編集委員。

TOEICテスト研究のため、1997年1月から、

連続108回を受験、分析し続けている。

また、アメリカ、日本、オーストラリアなども訪れ、

TOEIC最新情報を収集している。

TOEIC108回受験はすごい!

彼の著作にはそれが生かされている。

それだけ受けなければ、書けない内容。

受験回数39回の私の感想。

いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング


ところで、TOEICの終わった数時間後に

解答速報を載せる韓国のサイトがある。

さすが、TOEIC先進国。

でも、どうやって問題を入手しているのか疑問。

韓国と日本では使われているテストが違う。

だから同じ日に行われたテストでも

同じ問題は半数ほど。

11月の試験は私の受けたForm 4CIC25と

全て違う問題だった。

こういうのも珍しい。

興味がある方は「続きを読む」からどうぞ。

>>続きを読む前にこちら 
続きを読む

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

NHK英語講座
NHK英語講座

4月です。

新しいことを始める時期。

NHKの英語講座も新しくなります。

これを期に始めてみては如何ですか?

私も学生時代(今から20年前)、

NHKラジオの「英会話」を

聞いて英語を学びました。

当時は大杉正明先生が担当でした。

テープに録ってダイアローグを何回も繰り返して

聞きました。

声に出す練習もしました。

それが英語の基礎作りに役立ったと思います。

皆さんも試してみてはどうですか?

興味がある方はこちら→NHK英語講座公式ガイド2006

「高校中退ゼロからの英語」にNHKラジオ講座の紹介記事があります。

2006NHKラジオ講座

いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

小田急沿線英語ブロガー大集合
小田急沿線英語ブロガー大集合

「大集合」というのは大げさですが

今週の月曜日にブログを通して知り合った

今日から始める英語トレーニング

Jayさんと会いました。

彼は以前、このブログに書き込みをして下さり

それからメールのやり取りが始まりました。

お互いTOEICを中心に英語を教えている。

お互いテンプル大学に通っている。

お互いTOEICの本を出している。

お互いブログをやっている。

お互い小田急線沿線に住んでいる。

「では、新百合ヶ丘でお会いしましょう。」

となり

神崎: 私だとわかるように「出まくりキーフレーズ」(Jayさんの本)を手に持っています。

Jay: では、私は「速読・最頻出英単語」(神崎の本)を手に持っております。

という具合に本を目印に会いました。

books.jpg


駅前の居酒屋へ行き、飲みながら

仕事、テンプル大学、英語教育などの話。

Jayさんは非常に積極的に活動されている方で

良い刺激をたくさんもらいました。

Jay.jpg


「今度、TOEICの後、問題分析一緒にやりましょう。」

と言って別れる。

そう言えば、3月のTOEICまであと2週間少々ですね。

皆さん、準備は順調に進んでいますか?

語彙力不足で悩んでいる方にお勧め

「TOEICテスト出まくりキーフレーズ」

TOEICでよく出るフレーズを例文の中で紹介している。

とても使いやすい本。

本当によく出るフレーズが集められている。

いつもTOEICで見かけるものばかり。



短期間で効率よくTOEICに必要な語彙力が付く。

CD付きで1,575円。

残り2週間で何とかしたい人はこれがいい。

いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング




broccoli.jpg


今人気のブログはどれかな?→人気blogランキングへ

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「知覚構文」- ハートで感じる英文法 Week 3
「知覚構文」- ハートで感じる英文法 Week 3

皆さん、昨日の放送はご覧になりました?

「ハートで感じる英文法」は毎週木曜日

夜11時10から11時30分に放映されます。

今回のテーマは知覚構文。

第5文型(SVOC)ともいう。

I saw Sally standing there.

主語+動詞+目的語+補語。

使役構文も同じ形。

文の要素が多く複雑。

意味をつかみにくい。

でもハートで感じれば大丈夫。

コツは


「ピボットの呼吸」


をマスターする。

ピボット(pivot)= バスケットボールで

片方の足を軸にしてくるりと回ること


例えば

I saw Sally standing there.

の場合、Sally が軸。

Sally を中心に軸足旋回(ピボット)。

I saw Sally.



Sally was standing there.

のふたつの文が

Sally を軸にくるっ、くるっ。

これが「ピボットの呼吸」。

これがつかめれば第5文型はこわくない。

この文型はTOEICでも重要。

ただしTOEICでは

主語+動詞+目的語+補語

の「補語」に来る動詞の形が問われることが多い。

-ed形、-ing形、to 不定詞、原形の4つのパターンがある。

ピボットでくるっと反転した部分、

「目的語+補語」に注目して

目的語と補語の間に受動の関係があったら-ed形。

能動の関係があったら -ing形、to 不定詞、原形

のうちのどれか。

それは反転前の「主語+動詞+目的語」

中の「動詞」に注目する。

「動詞」の種類によって「補語」形が決まる。

例えば、make は原形、get は to 不定詞、

keep は -ing形のように「補語」の位置に来る

動詞の形が決まっている。

TOEIC対策としては

代表的なものは覚えるようにしよう。

TOEICでよく出る使役動詞

補語が原形 make, have, let

補語がto 不定詞 get, want, would like

補語が -ing形 keep


see, watch, hearなどの知覚動詞は

-ing形と原形、どちらもあり。

I saw her crossing the street.

I saw her cross the street.

crossing だと「道を渡っているところ」の一部を見た、

cross だと「道を渡る」全体、渡り始めてから渡り終えるまで、

を見たという微妙な違いがあるが。


番組の再放送は来週水曜日の

午前6:50~7:10と午後0:10~0:30です。


いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング




carrots.jpg





人気blogランキングを見よう

僕や君や彼らのため


ここをクリック→人気blogランキングへ




テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

ハートで感じる英文法 Week 2
ハートで感じる英文法 Week 2

皆さん、昨晩「ハートで感じる英文法」

はご覧になりましたか?

私は録画して、今朝見ました。

今回のテーマは if でした.

if の呼吸は「2択」

「2択」のイメージをつかむ。

それから if を使って交渉する際の

「圧力」の話。

If you can't give me a better price, I'll look elsewhere.

が基本形。

If you can't give me a better price, I look elsewhere.

と現在形にすると

怒り、苛立ち、脅しの圧力がかかる。

普通あまり使わない形。

圧力を弱めてソフトにするには

If you can't give me a better price, I'm afraid I’ll have to look elsewhere.

とする。

今週の名場面

最後の Mission のコーナーで

鴻上さんとあいこちゃんが今日学んだ表現

を使って簡単な会話をする。

If you are late again,

に続けて何かひとこと言う。

あいこちゃんが鴻上さんのマネージャーと

いう設定で

あいこ:「じゃあ、マネージャーと言うことで…

メガネをして。」

鴻上:「おまえ、そんなさあ…

一部の人たちを引き付けてどうすんだよ。」

その時のあいこちゃんのメガネをかけた顔が

なんとも言えなかった。


strawberries.jpg




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング



人気blogランキングを見よう

僕や君や彼らのため


ここをクリック→人気blogランキングへ



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「ハートで感じる英文法」関連記事
「ハートで感じる英文法」関連記事

昨日、「ハートで感じる英文法 会話編」

の記事を書きましたが

他のサイトでも取り上げられていました。

私の記事より informative です。

ぜひチェックしてください。

COLOURS+

いんみ~の部屋

外国語学習的ブログ by 語学中(英語とスペイン語)




今週の名場面

大西:そろそろ Mission の時間ですねえ。

あいこ:なんですか? Mission?

鴻上:なんですか?

大西:みっちゃんじゃないですよ。Mission です。

鴻上:くだらねえ~。



私はこういう笑い好きです。




20060106232530.jpg




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

ハートで感じる英文法 会話編
ハートで感じる英文法 会話編

「ハートで感じる英文法 会話編」が始まりました。

皆さん、昨晩(1月5日)ご覧になりましたか?

毎週木曜午後11:10~11:30です。

担当講師は大西泰斗先生。

「ネイティブスピーカーがどう感じるか」

という視点から文法を説明。

キーワードは「呼吸」。

息を吸って吐く。

自然に体がしている。

頭で考えてやっているわけではない。

英語の文法を「呼吸」のレベルに高める。

考えなくても自然に出てくるように。

今回のテーマは「 to 不定詞」。

副詞的用法だの、形容詞的用法だのといった

文法的な知識を詰め込んだところで

英語を使えるようにはならない。

大切なのは「 to 不定詞」の持っている「呼吸」を理解する。

「 to 不定詞」の感覚をハートで感じる。

「 to 不定詞」の「呼吸」は


足らないものを埋める


です。

これを感覚として身に付ければ

「 to 不定詞」が使いこなせます。

番組をご覧になった方は分かりますね?

見逃した方は

「どういうこと?」

と疑問をお持ちかもしれません。

来週の水曜日、午前6:50と午後0:10に

再放送があります。

ぜひそちらをご覧ください。

大西先生、素晴らしい!

生徒役は鴻上尚史さんといとうあいこさん。

お二人とも非常に魅力的。

この3人の掛け合いがまたなんとも面白い。

とても楽しい番組ですよ。

お勧めです。



sweetpotatoes.jpg





いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

ハートで感じる英文法
ハートで感じる英文法

昨日、NHK教育テレビで

「NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法」

という番組をやっていた。

去年の夏にやっていた番組の再放送。

すごい!

感動!

大事件!

fc2 ブログ仲間の外国語学習的的 by 語学中(英語とスペイン語)で知った。

皆さんにもお知らせするべきだった。

The Ramones のことなんて書いている場合ではなかった。

残念っ!

皆さん、ご覧になりましたか?

見逃した方、DVD がもうすぐ出ます。

「3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVD Box」

明日1月5日(木)から新シリーズ開始。

「ハートで感じる英文法 会話編」

木曜日午後11:10~11:30

再放送が翌週水曜午前6:50~と午後0:10~

必見!

担当は大西泰斗先生。

非常に個性的な方。

とてもentertaining


言葉は心


大事なことに気付かされた。

どう感じるか

ハート

感覚

言霊


「英語は頭で分かっただけではダメ。

体で覚えるように。」


私はいつも生徒に言っていた。

でも、もっと大切なのは心で感じること。

心で感じれば、理解しやすい。

覚えやすい。

暗記は必要ない。

使える。

伝わる。

今年のキーワード


ハートで感じる


大西先生の著書

「ネイティブスピーカーの前置詞」

は昔から愛用している。

生徒にもいつも勧めている。

でも、こんなにすごい人だとは思わなかった。

久しぶりにテレビで感動。

大西先生のブログ
  ↓
My heart leaps up when I behold ...

あっ、大西先生も fc2 ブログをお使いなんですね。

勝手に仲間意識。

(大西先生:勝手にリンクを貼りましたが、よろしかったでしょうか?

問題がありましたら、ご連絡ください。)














いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング









テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「TOEIC テストスコアアップの基本」
「TOEIC テストスコアアップの基本」

「TOEICテストスコアアップの基本」(高橋書店)は私が書いたTOEICの受験対策本。

エッセンス イングリッシュ スクールで一緒に働いていた、Alice Chung との共著。

彼女は今、Los Angeles にいる。

初心者から目標点650点くらいの中級学習者向けに書いた。

でも、この本で700点以上も十分狙える。

私の弟(真哉、近畿大学農学部講師)は445点だったTOEICスコアが

この本を使って1ヶ月で775点、3ヶ月で815点まで伸びた。

そのくらいのレベルまで対応できる。

各パート、例題を用いて問題形式と攻略法の解説。

そして、TOEICにとらわれず、広く英語力を伸ばすためのトレーニングを

「スコアアップにつながる基本をおさえよう」というコーナーに入れてある。

「英語の音の特徴」、「疑問文のパターン」、

「接尾辞と接頭辞」、「構文のとらえ方」など。

パートごとの練習問題と解説。

巻末にまとめの Quarter Test が2セット。

TOEICの予想スコアが出せる換算表付き。

分かりやすい解説付き。

Part 4 の攻略に役立つリスニング・トレーニングが4セット。

そのほか、パートごとの重要語彙集、学習法紹介コラムなど盛りだくさん。

カラー2色刷り。

ポップなイラスト入り。

CD1枚付き。

音声は自然なスピード。

初心者の人には速く聞こえるかもしれない。

でもこのくらいのスピードに慣れておいたほうがいい。

TOEICの本番で聞き取りが楽になるはず。

表紙のデザインもおしゃれ。



楠 裕紀子さんの作品。

私は結構気に入っている。

そういえば、このブログを始める際、買った

「全部無料でつくるはじめてのブログ」という本の表紙も

楠 裕紀子さんのデザイン。



この本も非常に役に立った。

TOEIC受験対策

まずは「TOEIC テストスコアアップの基本」から





いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

音読で脳に刺激を!
音読で脳に刺激を!

音読をすると脳が刺激されます。

英文を目で見ることが視覚を刺激。

声に出すために顔、口、のどを動かす信号が脳から送られる。

自分の声が耳から入り、聴覚刺激。

脳が活発に動く。

言語中枢が活性化。

英語学習に理想的な状態。

学習効率が上がる。

また、声を出すことで前頭葉にも刺激が伝わる。

すると活力が沸く。

やる気が出る。

ボケ防止になる。

音読はいいことずくめ








いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング








テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

音読のすすめ
音読のすすめ

「英語ができるようになりたい」と思っている人

音読をしましょう。

英語を声に出して読む。

それが英語力を付ける秘訣です。

音読にはやさしめの英文。

意味が100%理解できるものを使う。

例えば中学校の英語の教科書。

音声付ならなお良い。

音声をまず聞いて、それから真似して声に出す。

同じ文を何度も何度も。

繰り返し、繰り返し。

100回も読めば暗記しようとしなくても覚えてしまう。

そして英語の音が骨身にしみ込む。

英語の文のパターンが骨身にしみ込む。

構文の直感力が付く。

理屈ではなく、体で覚える。

そうやって覚えた英語は忘れない。

必要なときにぽっと出てくる。

「同時通訳の神様」として知られる国弘正雄氏も

音読で英語を身に付けたそうです。

私は学生時代、NHKラジオの「英会話」を聞いていました。

その当時、番組を担当していたのは大杉正明先生で

彼自身も学生時代、NHKラジオの「英会話」を聞いていたそうです。

「番組をテープに録音して、

聞いて聞えたとおりに声に出して繰り返す練習をした。」

と言っていたので、私もそれを真似しました。

24歳でロンドンに行ったときに日常生活に必要な会話ができたのは

「聞いて声に出す」練習をしたおかげです。

皆さんも試してみてください。






いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング







テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.