TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
ブログやろうぜ!
去る9月21日、TOEICブログ再生実行会議(座長:Rabbit総長)の初会合が開かれた。最近、TOEICブログコミュニティーが低迷気味なので、また盛り上げたい。そのためには、みんなもっと更新頻度を上げないといけない。半年に1回更新している人は半年に2回、1カ月に1回の人は月2回、週1回更新の人は週2回、というように更新頻度を2倍にしよう、ということになったので、このブログも更新頻度を倍にします。8月は更新1回だったので、9月は2回更新するぞ!と、意気込んだら、この記事が今月2本目だった。無事にノルマ達成。来月は4回更新します。

更新といえば、昔は月に40回とか50回とか更新してた時期もあったんですよ。今、昔の記事見てたら、「ああ、この頃、がんばってたなあ」って懐かしかった。写真貼ったり、音声ファイル上げたり、ラジオやったり。今じゃもうあそこまでは入れ込めないけど、まあぼちぼち、更新増やしていきたいと思います。

あとねえ、TOEICでスコア伸ばしたい人、ブログやるといいですよ。ブログ始めて、学習目標を宣言しちゃう。世界に向かって。例えば「デルボ、毎日6ページずつやって、5週間で終わらす!」とか。それで、毎日、どれだけやったかブログに書く。そうすると、さぼれなくなる。「あー、もう今日は疲れたからデルボなし」となりそうな時、「あ、でもやらないとブログに書けない。世界の人が見てるのに。よし、がんばろう。」となって、学習が継続する。

注:「デルボ」は『新TOEIC TEST出る順で学ぶボキャブラリー990』の略称

それから、TOEICを受ける時はブログ上で宣言して、スコア票が来たらアップするようにするといい。「ブログに出すから、恥ずかしい点は取りたくない」という気持ちが働き、本番で気合が入る。そして、実力の120%の力が出せる。

ブログの記事自体は別にねえ、面白いこと書いてやろうとか、人の役に立つこと書かなきゃとか、気負う必要はないんですよ。人のためじゃなくて自分のために書けばいい。学習記録とあとはまあ簡単な感想とか書けば十分。「businessって『会社』っていう意味もあるんだ。初めて知った。」とか、「女性のナレーターは『スケジュール』って言ってるのに、男性は『シェジュール』と言っている。紛らわしいんで、こういうのやめてもらいたい」とか、学習の過程で気が付いたこと、新しく学んだこと、疑問に思ったことなどをちょっとメモする感じで書いておくと、記憶の助けになる。

それから、TOEICブログやっていると、TOEICブロガーの人と交流が持てる。まあ、そういうの好きじゃない人もいますけど。TOEICの勉強って、ひとりでやってると孤独でつまらないと感じる時もあるかもしれないけど、学習仲間がいると結構楽しめる。たとえオンライ上であっても。別に一緒に勉強する訳でなくても。「あの人もTOEICを目指してがんばっているんだ」ということが分かるだけで、「TOEICで苦しんでるのは、私はひとりじゃない」って思うことができる。TOEICブログをやっていると、そういうバーチャルな学習仲間を見つけることができます。ブログを始めたら、好きなブログのコメント欄に「いつも拝見しています。私もOサンダーさんを見習って、ブログを始めました。よかったら見に来てください。ハート」みたいなメッセージを残しましょう。きっと、すぐに「ブログ開設おめでとうございます」的なコメントを返してくれるでしょう。そういうのがきっかけとなり、繋がりができてきます。さらにオフ会や勉強会やTOEICイベントなどのリアルな世界での接触も可能です。そういう出会いを通して学習に対するモティベーションが上がるという話をよく聞きます。

「ブログ始めてみようかなあ」って思っている人、思い切ってやってみてください。もし合わなかったら、止めればいいだけですから、どうぞお気軽に。


お薦めTOEICブログ紹介コーナー 第1回

『Oの学習雑記2』 

運営者:Oサンダー

更新頻度:ほぼ毎日

内容:ギャグが多い。学習記録。イベント情報や書籍情報もあり。たまにオフ会もやる。

毎日更新できる人はすごい。尊敬します。昔は「Oおじさん」というハンドルネームでやってました。ちなみに「Oサンダー」の「O」はアルファベットの「オゥ」です。


「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEICブログの数
Q:TOEICのことをメインに書くブログが流行っているようですが、いわゆるTOEICブログはいくつぐらいあるのでしょうか。

A:TOEICブログはたくさんありますよね。ブログで学習計画を発表する、目標スコアを宣言する、スコアが出たらブログに載せる、というようなことをすることで、「ブログで宣言しちゃったから、このテキスト、しっかりやらなきゃ」、「5月までに730点取るって書いたからがんばらなきゃ」、「ブログに出して恥ずかしくないスコアを取ろう」というような気持になり、学習意欲の向上と継続に役立ちます。それはスコアアップに繋がるでしょう。そんな訳でTOEICのブログをやっている学習者の方が増えていますが、TOEICブログの数はいったいいくつあるのでしょうか。正直なところ、わかりません。でも、それでは記事にならないので、ちょっと調べてみました。

Googleには「Googleブログ」というブログに特化した検索機能があります(こちら)。

このサイトを使って、「TOEIC」をキーワードに検索します。(画像はクリックすると大きくなります。)

googleblog1.jpg


そうすると約3,000,000件のヒットがありますが、これは「TOEIC」というキーワードを含むブログの記事数(Posts)です。

gb2.jpg


次に「Search tools」をクリックします。するとヒット数が表示されていた場所に「Posts」と出ます。

gb3.jpg


そこをクリックすると「Posts」か「Homepages」かで選べるようになります。

gb4.jpg


「Homepages」を選びます。

gb5.jpg


再び、「Search tools」を押します。

gb6.jpg


するとヒット数が表示されます。

gb7.jpg


約27,600のブログのHomepage(最初のページ)に「TOEIC」というキーワードが含まれているということです。

ただし、初めのページに「TOEIC」という語が含まれているブログが全てTOEICブログだというわけではありません。例えば上の検索結果のページ中には10個のブログが表示されていますが(こちら)、そのうちTOEICブログと呼べるのは、「RabbitのTOEIC満喫生活~990の高みへ!」と「OJiM's TOEIC Diary」だけです。他の検索結果ページを見てもTOEICブログは大体10個中、2~3個です。よって、TOEICブログは27,600ブログ中の2割~3割、すなわち5,500~8,300程度であると推定できます。


「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

The Future of iPS Cells, Shinya Yamanaka & Ian Wilmut
Congratulations on the Nobel Prize, Dr Yamanaka!

The Future of iPS Cells, Shinya Yamanaka & Ian Wilmut



(This video may not be available for long, so hurry if you are interested in.)

It's a pity Sir Ian Wilmut didn't get the prize.
I remember Dolly the sheep. I was in Britain when she was born in Scotland.
I was fascinated by the news as Dr Yamanaka was. Well, I didn't read Wilmut's original paper, but I read a lot of newspaper articles about Dolly and cloning back then.

blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Good read
本を読んでいて、面白すぎて止まらなくなることがある。そのまま寝ないで一気に読み終えるなんてこともあった。この3冊はそうだった。


続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Seven Ways of Looking at Grammar
blackbird.jpg

The river is moving.
The blackbird must be flying.

Scott Thornbury talks about different ways to look at grammar.

続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

God save the English language
BBC Radio 4
Fry’s English Delight Series 3
Future Conditional
Audio available until Thursday

続きを読む

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

I love England!
イギリスから情報発信をしているブログ「イギリスで暮らそうっと!」に私のインタビュー記事が載っています。

>>人気ブログランキングはこちら
続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

TOEIC Vocabulary List

日向清人先生のビジネス英語雑記帳の最新記事はTOEICボキャブラリーの話。TOEICを目指して学習している皆さんに読んでいただきたい記事です。

続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

St. Valentine’s Day
610x.jpg


続きを読む

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

メルマガ「TOEIC漢方」
先日の名古屋からのTBRに出演してくださったてんまさん(西宮で一番発音にこだわるTOEIC講師の英語の話)は「TOEIC漢方」という無料のメルマガを週2回、発行しています。

詳細および購読申し込みはこちら

昨日(11月11日)発行の第132号では、パート2対策の学習法が紹介されていました。
TOEIC対策のみならず、英語力を伸ばすという点からもとても役に立つ記事です。
興味がある方は、メルマガの申し込みをすると送ってきてもらえます(ただし木曜日までに申し込まないと次の号になってしまいます、多分)。



blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.



読んだら押そう人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

State of English
English Next and The Future of English? were commissioned by the British Council and written by researcher David Graddol – a British applied linguist, well known as a writer, broadcaster, researcher and consultant on issues relating to global English.

610x.jpg

English Next (2006) (1.89 MB – PDF)


610x.jpg

The Future of English? (1997) (918 KB – PDF)





sea20081104.jpg





blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

メンタルブロックをぶっ壊せ!
通訳、翻訳、英語指導、英語での司会・ナレーション等、幅広く活躍なさっているfavouriteさんのブログ、My Favourite Things ~ある「英語使い」の日常~に強く共鳴を覚える記事がありました。「英語を話せるようになりたい。」と願っているみなさんに是非、読んでいただきたいので、出だしの部分をご紹介します。


外国語はしゃべってなんぼ。うまくなるためには、ムリヤリでもしゃべってみるのがお約束です。以前も少し書きましたが、私はイギリス人に囲まれた生活をしながらも、しゃべれなかった(というか、しゃべ「ら」なかった)時期がものすごく長かったので、メンタルブロックが理由で外国語がしゃべれないと思われる方には、へたな羞恥心や躊躇はとっぱらって下さい!と声を大にして言いたい。

My Favourite Things ~ある「英語使い」の日常~ メンタルブロック解除 ←続きはここをクリック



激しく同意。

私も「へたな羞恥心や躊躇はとっぱらって下さい」と声を大にして言いたい。

話せるようになるためには、話すことが必須。

でも、「英語を話せるようになりたい」と言いつつ、話したがらない人が結構いる。

「間違えるのがはずかしい」とか、「発音が下手だからはずかしい」とかいう、羞恥心が邪魔をしてるんでしょうね、きっと。

英語を話すとき、文法的に正しいとか間違ってるとか、気にすることはない。

発音だって、ある程度近い音が出ていれば通じる。

かっこ悪くたっていいよ。

そんなこと、問題じゃない。

恥ずかしがって、話さなければ、いつまでたっても話せるようにはならない。

下手でもいいから恥ずかしがらずに話していれば、だんだん出来るようになってくる。









スティーブ、今夜スシバーにご案内しましょう

Your trip to Japan isn't complete until you've tried shabu-shabu.

(Unit 25)



ザ・ブルーハーツ/ダンス・ナンバー




テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

The Economist


The Economist is a weekly news magazine published in Britain. They issue online newsletters as well, which you can get via email for free. I subscribe to Politics This Week and Business This Week. The language used in these newsletters is difficult, but it would be good practice material for those advanced learners who are aiming at over 900 on the TOEIC. If you already have 800 or higher, I'm sure you can handle them.
One of the Part 5 items tested in the TOEIC last Sunday appears in the latest issue of Politics This Week.

Talks between representatives of the Dalai Lama, Tibet’s exiled spiritual leader, and the Chinese government resumed in Beijing. It was the second round of talks since Tibet was wracked by anti-Chinese rioting in March.
Politics This Week: 28th June – 4th July 2008


In the last TOEIC, the question was "the last round of (interview / interviews)." You had to decide whether "interview" or "interviews" is required after "the last round of." Did you get it right? If those of you who missed it had read the sentence with "the second round of talks" before the exam, you would have been able to choose "interviews", perhaps.

If you would like to subscribe to The Economist's newsletters, go to the Economist.com registration page and fill out the registration form.

人気blogランキング
////
Thank you for voting.


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Jayさんのメルマガ
私の友人のJayさんがTOEICのメルマガを始めます。

メルマガのタイトルは「Jay の本気で TOEIC 対策」

購読申込はこちら

今度の日曜日に創刊号が出るそうです。

私もさっそく申し込みました。


Jayさんからのメッセージ

この前ブログに書いたような、箱ネタとかそういう対策や
スコアアップ例などを伝えていきます。

今の自分の状況から書けそうなネタを提供していきます。
週刊にしておきましたが、勢いで週2回出すかもしれません。
僕の性格からして、「気まぐれ」にならないように気をつけます。



Jayさんのブログ 今日から始める英語トレーニング



Jayさんの著書





人気blogランキング
////
人気ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです。

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

さくら
サイドバーにリンクを20追加しました。

コメントをくださった方々のブログ、私がいつも見ているブログ、役立つサイトなどです。

(「勝手にリンクを貼られては困る」という方はご一報ください。すぐ削除します。)

本当は各サイトの紹介文を書こうと思ってたんですが、時間がないのでやめます。

すみません。

一番のお薦めはNumeriというテキストブログ。

最新記事(3/24)は少年時代のほろ苦い恋愛体験を桜に絡めて綴った芸術性の高い作品。

ヒロインはもちろんさくらちゃん。

桜
(画像をクリックすると大きくなります。)


さくらちゃんと言えば、小林さん(ジャパンタイムズの「トリプル模試シリーズ」の共著者の1人)の娘もさくらちゃん。

この4月から小学生。

とてもかわいい。

小林さんも美しい方です(元モデル)。



そういえば、トリプル模試の新刊が出た。

できたてのほやほや。

TOEICテスト新・最強トリプル模試3



これは最強中の最強。

箱
(画像をクリックすると大きくなります。)


このボックスの中になんと、問題冊子3冊、解答・解説編1冊、CD3枚が入っている!

中身
(画像をクリックすると大きくなります。)

3つの模試、それぞれ別冊なのでやりやすい。

3つの模試、それぞれにCD1枚使っているので、途中でCDを入れ替える必要なし。

それで値段は1,890円。

これはお買い得ですね。

(出版社に利益があるのか心配になってしまう。伊藤さん、大丈夫ですか。)

人気blogランキング
////
人気ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです。



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「伝えるための英快話@ヨコハマ」
先月、ラジオに出演してくれた英語講師仲間のヒロさん。

あきさんを通して知り合った。

私のテンプル大学の先輩でもある。

Yokohama English School (YES)代表。

ウェブサイトはこちら→  http://yes-eikaiwa.com/

自分で英語学校始める行動力がある人。

英語学習のことを話し出すと熱い。

あきさんと同じく、英語を教えることに本気で取り組んでいる。

「伝えるための英快話@ヨコハマ」というブログもやっている。

よかったら、覗いてみてください。よい刺激が受けられるかも。

猫の写真がかわいい。

こんな感じ。






人気blogランキング
////
「伝えるための英快話@ヨコハマ」は20位前後



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

「英語の潜水艦」&「@ki先生の無料英会話センスUP講座」
先月、ラジオに出演してくれた英語講師仲間のあきさん。

ブログを2つやっている。

あきさんとは去年の4月までラド・インターナショナルカレッジという英語学校で一緒に働いていた。

最近は自分で生徒を集めてきて、教えている。

会社に縛られないで自分の好きなようにできるからいい。

ブログも自由に書いている。

「英語の潜水艦」 ←時事ネタ多し

「@ki先生の無料英会話センスUP講座」 ←日常ネタ多し

もしよろしかったら見てください。面白いですよ。


あきさん推薦の辞書、こっちだそうです。
   ↓




人気blogランキング
////
もしよろしかったらクリックしてみてください。いいことありますよ。

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

この形容詞と相性のいい副詞は?
3月になりました。

新しい月の始まり。

年の初めは「毎日更新する」とか威勢のいいことを言っていましたが(新年最初の記事)、

最近、あまり更新していない。

これではいけない。

気持ちを新たに、毎日更新を目指します。

さて、1週間ほど前、日向先生の「ビジネス英語雑記帳」に「この形容詞はこの副詞と一緒に使う」という語の組み合わせ(コロケーション)を試す「けんてーごっご」がありました。

こちら→http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2008/02/32_2.html

追記:

名詞と形容詞の組み合わせを問う「けんてーごっご」も出きました。

こちら→http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2008/03/36_1.html


コロケーション、TOEICのパート5&6で重要です。

皆さんも上のリンク先にある「けんてーごっご」、ぜひ挑戦してみてください。

今度のTOEICでいくつか出そうな気がする。

(コメント欄のknow English と know ABOUT English の違いの話もぜひ読んでください。英語学習を進める上で知っておくべき概念。)



日向先生の「この単語はこう使う!仕事で使うキーワードとコロケーション」はコロケーション重視の語彙学習書で、TOEICを目指して学習している人にお薦め。

しかも208のキーワードはほぼ全てTOEICの頻出語彙。

ビジネスでよく使う語とTOEICでよく出る語は重なっているということでしょう。






人気blogランキング
////
「ビジネス英語雑記帳」、現在3位



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

ELLLO
Q: What is elllo?

A: ELLLO (English Language Listening Lab Online) is a free online listening resource of over 1,000 listening activities designed especially for ESL and EFL students and teachers. Most listening activities include images, an interactive quiz, transcript of the audio and downloadable MP3.

(From http://www.elllo.org/english/home.htm)

ELLLO Home

About ELLLO



無料でリスニングの練習ができる!

こういうサイト、うれしいでよね。

リスニング・トレーニングの必要性を感じている方は是非お試しください。



人気blogランキング
////
人気ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです。


大根


(写真:三浦の大根畑)




テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

Queen's English
QueenがYouTubeに登場!

と言ってもFreddie MercuryのQueen(バンド)じゃないですよ。

英国の女王陛下、Her Majesty Queen Elizabeth the Second of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and Her other Realms and Territories。

Queenの話す英語だからQueen's English。

TOEICで使われるイギリス英語の聞き取りに苦労している方、耳慣らしのいい練習になりますよ。

Queenは、はっきり話しているので聞き取りやすいと思います。

下のリンクからどうぞ。

The Royal Channel

ソース元

BBC News

人気blogランキング




「コーパス英単語」サポートページ、音声ファイルを4つ追加しました!(p. 299まで。ただし、p. 295を除く。後日録り直します。Robert、よろしく。)


人気blogランキング
////
人気ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです。 


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ヒロ前田の音声セミナー
私の友人のヒロ前田さんは TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】 を通して無料音声セミナーを配信しています。

本日(12月11日)発刊の55号では第134&135回公開テストのレビューセミナーが聞けます。

ヒロ前田さんのご好意により、TOEIC Blitz Blog の読者の皆様にもお届けします。(前田さん、ありがとうございます!)

下のリンクから音声セミナーのプレゼントページに飛びます。

第134&135回公開テストのレビューセミナー

約2時間あるヘビー級音声セミナーです。

TOEIC受験に役に立つ話がたくさん聞けますよ。

気に入った方は、 TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】も試してみてください(こちらも無料)。



音声セミナーっていいですね。

今度、真似してみようかなあ。



ヒロ前田さんは最近、新TOEIC テスト「直前」模試3回分というTOEICの模擬問題集を出しました。



530ページを超える超ヘビー級模試です。

模試といってもTOEICの受験技術をマスターすることに重点を置いた作りになっています。

TOEICの勉強をじっくりやりたい人にお薦め。

「直前」とタイトルに付いていますが、最低でも3週間はかけてやる本です。

1月のTOEICまで約1ヶ月ありますね。

今からやるとちょうどいいタイミングですよ。



「TOEICの勉強に割ける時間がない!」という方は、短時間で一気に仕上げるタイプの新TOEIC TEST 「正解」一直線がお薦め。

あれっ、おかしいなあ。

今日発売のはずだったんですけど。

まだ出てないようです。

出たらお知らせしますね。



人気ブログランキング 
   ↓
人気blogランキング




テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

常野さんのブログ
英語講師仲間の常野雄次郎さん。

今、法政大学とエッセンス イングリッシュ スクールで

TOEICクラスを教えている。

常野さんは私が6年前、エッセンスに入ったときトレーニングをしてくれた。

「常野さんの授業を見学」
    ↓
「自分で教えて常野さんに見てもらう」
    ↓
「常野さんからフィードバックをもらう」

というのを数週間、繰り返した。

言わば私のTOEICの師匠。

その常野さんが英語学習について書くブログを最近始めた。

タイトルは

「常野雄次郎が英語学習について書くブログ」 

興味がある方はどうぞ。

一番初めの記事、英語力を上げる⇒スコアが上がるは必見!


常野さんは政治、思想、お笑いがテーマのとんがったブログ

(元)登校拒否系

もやっている。

こっちはちょっと読者を選ぶ。



おまけ

ヒロ前田さんの

TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】

のインタビューの中で好きなブログの話をしました。

そのブログをチェックしてくれた方が「面白かった」というコメントを寄せてくれたので、ここに再度、紹介します。

Numeri(注意:下ネタ多し!)




人気ブログランキング紹介文出典:
真島昌利「カローラに乗って」
 
   ↓
人気blogランキング


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

「ダッシュで奪取」インタビュー
【ダッシュで奪取】インタビュー

TOEICオタク仲間のヒロ前田さんがやっている

TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】 用に

インタビューを受けたという記事を以前書きました。

こちら

そのインタビューが音声ファイルで近日中に配信されるそうです。

TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】に登録したら聞けます。

無料です。

語彙学習法やTOEIC受験について熱く語っています。

あとは自分の英語学習履歴とか

ロンドンのこととか

好きなブログとか

「沢尻エリカ、かっこいい」とか

まあ、いろいろ話が飛びます。

興味がある方は是非、聞いてください。

ヒロ前田さんの TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】

内容が盛りだくさん。

TOEICに興味がある方にお薦め。

人気ブログランキング 
   ↓
人気blogランキング


TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】
TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】

TOEICオタク仲間のヒロ前田さん。

TOEICのブログを3つやっている。

TOEIC対策 【ダッシュで奪取】730点

TOEIC対策 疑問ひたすら100連発

TOEIC解体新書 ←人気ブログランキング新登場でいきなり第3位!

(この他にもTOECには関係ないブログを10数個やっているとのこと)

それから、 TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】 というメルマガもやっている。

このメルマガは音声配信サービスが充実。

TOEICの後に配信されるテストレビューは必聴。

「えっ、これ無料でいいの!」と思わずにはいられない充実ぶり。

一昨日の日曜日、このメルマガの読者向け音声配信用に

ヒロ前田さんからインタビューを受けた。

日曜日の朝、下北沢で落ち合い、

「せっかく天気がいいから、公園で録音しましょう。」

ということになり、公園を探して下北近辺をさまようこと1時間、

ようやく東松原で小さな公園を見つけた。

そこのベンチに座り、録音開始。

TOEICについて90分、熱く語った。

ご近所の方に迷惑だったかな。

日曜の昼間、大の男が2人、公園のベンチで

「やはりTOEICは語彙力が...」とか

大声で話してたら、ちょっと怖いかも。

インタビュー開始時、近くでカーカー鳴いていたカラスも

途中で逃げた。

というわけでかなりいい対談になりました。

TOEICメルマガ【ダッシュで奪取】に登録すると

近日中に配信されます。

興味のある方はどうぞ。



ヒロ前田さんの本

「新TOEIC TEST 初めての解答技術」

(通称:リベンジTOEIC)




TOEICをよく研究してるヒロ前田さんならではの攻略法が学べる!

お薦めです!


ランキング表紹介文出典:

ブルーハーツ、「パンクロック」
 
   ↓
人気blogランキング



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Deep Kyoto
Deep Kyoto

以前、私の友人のMichael Lambe

が運営する Michael Lambe

というブログを紹介しました。

京都をこよなく愛するイギリス人。

彼は Deep Kyoto

というブログもやっています。

京都のレストラン、カフェ、バーなどを紹介するブログです(英語)。

彼は機知に富むとても良い文章を書きます(さすがケンブリッジ大卒)。

センスの良い写真もたくさん使われています。

特に京都近郊にお住まいの方、

または京都に行く予定のある方にお薦めです。

外国人の知り合いで、京都に行く予定のある方にも

是非薦めてください。

以下、Mike の自己紹介と Deep Kyotoの紹介文です。

About Michael Lambe




I am a teacher and writer, originally from Middlesbrough, in the U.K. I moved to Japan in 1997 and over the last ten years I have lived, worked and (sometimes) studied in Fukushima, Saitama, Tokyo and Kyoto. I moved to Kyoto three years ago for the simple reason that I love it. Currently I work in a big pink high school nestled in the green hills of Higashiyama, where I teach mainly English, but also some basic manners and common sense (with mixed results for the latter). This job is part-time, but well paid so I have a lot of time to indulge myself in my key interests: eating good food, drinking tasty beverages, listening to good tunes and having a grand old chat. I like to practice speaking Japanese as much as possible so I tend to go where other foreigners are less likely to be… And this is why I have access to and knowledge of the “Deep Kyoto” that many other foreign visitors may sadly never see. If you are interested in venturing a little deeper into the Japanese community, then I’d like to share that knowledge with you.

About Deep Kyoto

Deep Kyoto is a website for foreign residents and tourists, introducing those good places and people that make up the modern city. The primary focus of the blog is on cafes, bars and restaurants of character. However, any other information I consider beneficial for long and short-term visitors will also be included. All reviews are of places I personally have visited and taken a shine to, and include opening hours, plenty of photographs, and super clear directions so you don’t get lost. Please note that many places recommended on this website are not found in your average travel guide, and may require you to dust off your phrasebook and practice some basic Japanese. Deep Kyoto is also my excuse to venture deeper into the Japanese community, and to learn still more about this city and its people. To that end, if you have any recommendations for me, please send them here: luain37@yahoo.co.jp. However, remember that if I don’t like it, I don’t review it. Life is just too short.

トップページはこちら→ Deep Kyoto

出版社の方へ

京都の穴場レストラン&カフェを紹介する英語の本の

企画は如何でしょうか。

ご一報いただければ、Michael Lambeをご紹介します。

Deep Kyoto のコンテツを使えば、

とても良いガイドブックができます。



ランキングはこちら 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Michael Lambe
Michael Lambe

私の友人のMichael Lambe

がブログをやっている。

ブログのタイトルは

Michael Lambe

イギリス人。

京都在住。

面白い内容。

お薦め。

リーディングの練習にもいいかも。

ランキングは

らららららららら
 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

BBC World Service Learning English
BBC World Service Learning English


BBC World Service Learning English


このサイト、使える!

英語学習者用のコンテンツ、満載!



人気ブログランキング現在5位!

人気blogランキング


ビジネス英語雑記帳
ビジネス英語雑記帳

ビジネス英語雑記帳

語学・英会話ランキング中のブログで

完成度の高さ抜群。

有名なブログなので、もう既に知っている人も多いのでは。

最近は単語検定が多い。

単語力の腕試しに最適。

過去記事も内容が濃いものが多く

とても勉強になる。

TOEIC受験者はアーカイブ中の

「TOEICのはなし」必見。

TOEICに対する批判的なコメントが多いが

TOEICを受験するのであれば知っておくべき内容。

人気blogランキング




人気ブログランキングで最近、

「ビジネス英語雑記帳」とこのブログが並んでいる。

(日向先生、恐縮です。)

なんだかうれしいやら、はずかしいやら。

投票してくださった皆様、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。




テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

最近の若者はすごい!
最近の若者はすごい!

今日はブログの紹介。

Keiのハッピー英語ブログ

管理人のKeiさんは

20歳になったばかり。

去年の5月(当時18歳)のTOEICで990点。

そう聞くと「帰国子女だろ」と思うかもしれませんが、

本人は海外旅行の経験すらないという。

生まれも育ちも日本。

英会話学校に通ったこともない。

独学でTOEIC満点。

すごい!

早熟の天才!

私は20歳のときは英検2級が受かって、大喜びをしていた。

Keiさんは英語の音声に関する考察をブログに書いている。

独学でここまでやれるとは、あっぱれ。

最近の若者はすごい。




土曜日はサイト紹介の日。

日曜日は?

予定を知りたい方は

人気ブログランキングに投票してランキング表中で確認 
   ↓
人気blogランキング



追記:「最近の若者はすごい」というのは

英語に関係のない大学生のブログを読んでいても感じる。

人気ブログランキングのページの

左上のTOPをクリックして

「カテゴリー」→「日記・雑談」→「学生」

と行くと学生のブログランキングが出る。

ランキング上位の「肉欲企画。」や「伝説のきりかぶ」には

いつも感心させられてしまう。

その他、よく見るのは「腐女子彼女。」

「理工学部生の正直しんどい日々」、「はあちゅう主義。」など。

面白いですよ。

学生のブログはすごい。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Kaya-chan’s blog
Kaya-chan's blog

Kaya-chan's blog 

DSCF2367.jpg
Kaya, with her favorite Frappuccino

このブログを読むと良いリーディングの練習になる。

美しい英語で書かれている。

上の写真の女の子(Kaya 1歳9ヶ月)の視点に立って

母親(アメリカ人 コロラド在住)が書いている成長日記。

ちなみに父親は九州男児。

子供が好きな人向け。

興味のある方はこちら

TOEICスコアが上がりますように。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.