FC2ブログ
TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
A Very British Hotel
LondonのHyde Parkの隣にあるMandarin Oriental Hyde Park, London という超高級ホテルのドキュメンタリー(Oxford Scientific Films制作、Channel 4で2017年3月に放送)。

Mandarin Oriental Hyde Park, Londonの紹介(TOEIC重要語句・表現満載!)

Mandarin Oriental Hyde Park, London is a five-star hotel, located in the Knightsbridge district of London, owned and managed by Mandarin Oriental Hotel Group. Housed in a historic, Edwardian-style building, the hotel originally opened its doors to the public in 1902 as the Hyde Park Hotel and in 1996 Mandarin Oriental Hotel Group purchased property conducting a full renovation, consequently re-opening in May 2000.
In June 2018, Mandarin Oriental Hyde Park, London completed the most extensive restoration in its 115 year history. The hotel was damaged in a fire on 6 June 2018 which was mainly confined to the exterior courtyard area of the hotel with limited impact on the interiors and is temporarily closed.
(From Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Mandarin_Oriental_Hyde_Park,_London)

ホテルの話はTOEICで定番ですね。お楽しみください。







Very Britishと言っても働いている人もお客さんも外国人の割合が高い(従業員はヨーロッパ大陸から、客はアラブ諸国と中国からが多い)。そこがまたVery Britishでもある。

A Very British Airline
明日はTOEIC公開テストですね。受験する方、がんばってください。

YouTubeで見つけたビデオの紹介です。

A Very British Airline - British Airways Documentary

Episode 1 https://youtu.be/5-tvIDCOnq4

Episode 2 https://youtu.be/vTaPtkTwniU

Episode 3 https://youtu.be/duZGFC9RRLs

British Airwaysの多様な仕事を取り上げたドキュメンタリー。

エアラインではたくさんの人がいろいろな仕事に携わっているんだなあというのがわかる。

エアラインに就職を考えている人、飛行機が好きな人、飛行機によく乗る人にお薦め。

特に客室乗務員のトレーニングの場面は面白い(とても厳しい)。

客室乗務員はイギリス英語ではCabin crew、アメリカ英語ではFlight attendant、日本で使われているCA(Cabin attendantの略)はその中間。

このドキュメンタリーのスクリプトを載せているサイトもある こちら

blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

京都大学の青谷正妥先生のYouTube Channel
京都大学の青谷正妥先生はYouTube Channelをお持ちです。

こちら→ aotani

自己紹介ビデオ


TOEFL iBT Speaking demonstration


あと自閉症に関するビデオもとても興味深い(ご自身が自閉スぺクトラム症とのことです)。


追記:このビデオも面白い。英語学習における発話力の重要性について



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.