TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
The Daily English Show
The Daily English Show

昨日の記事で

Go to Berliz.

と書きましたが、あれは

Breakfast at Tiffany’s という

小説/映画の中で使われているセリフです。

映画は Audrey Hepburn 主演。




Sunday was an Indian summer day, the sun was strong, my window was open, and I heard voices on the fire escape. Holly and Mag were sprawled there on a blanket, the cat between them. Their hair, newly washed, hung lankly. They were busy, Holly varnishing her toenails, Mag knitting on a sweater. Mag was speaking.
"If you ask me, I think you're l-l-lucky. At least there's one thing you can say for Rusty. He's an American."
"Bully for him."
"Sugar. There's a war on."
"And when it's over, you've seen the last of me, boy."
"I don't feel that way. I'm p-p-proud of my country. The men in my family were great soliders. There's a statue of Papadaddy Wildwood smack in the center of Wildwood."
"Fred's a soldier," said Holly. "But I doubt if he'll ever be a statue. Could be. They say the more stupid you are the braver. He's pretty stupid."
"Fred's that boy upstairs? I didn't realize he was a soldier. But he does look stupid."
"Yearning. Not stupid. He wants awfully to be on the inside staring out: anybody with their nose pressed against a glass is liable to look stupid. Anyhow, he's a different Fred. Fred's my brother."
"You call your own f-f-flesh and b-b-blood stupid?"
"If he is he is."
"Well, it's poor taste to say so. A boy that's fighting for you and me and all of us."
"What is this: a bond rally?"
"I just want you to know where I stand. I appreciate a joke, but underneath I'm a s-s-serious person. Proud to be an American. That's why I'm sorry about José." She put down her knitting needles. "You do thinks he's terribly good-looking, don't you?" Holly said Hmn, and swiped the cat's whiskers with her lacquer brush. "If only I could get used to the idea of m-m-marrying a Brazilian. And being B-b-brazilian myself. It's such a canyon to cross. Six thousand miles, and not knowing the language---"
"Go to Berlitz."
"Why on earth would they be teaching P-p-portuguese? It isn't as though anyone spoke it. No, my only chance is to try and make José forget politics and become an American. It's such a useless thing for a man to want to be: the p-p-president of Brazil."

話す練習は話し相手が必要。

英会話学校を使うのもいいかも。

Berlitz は老舗だし。

ブログを通して話す練習はなかなか難しいかも。

そんな中で会話の練習が出来るお薦めブログは

人気blogランキング現在44位の


The Daily English Show


ニュージーランドから来た沙羅(Sarah)さんが

北海道で作っているインディーズ英語番組(動画)。

文章や音だけでは伝わらないものが

動画では伝わる。

彼女の控えめなしゃべり方がいい。

ニュージーランド英語。

でもイギリス英語にきわめて近い。

TOEICで使われる北米以外のアクセントに苦手意識のある方

是非聞いてください。

今日(30日)の最新版はサラダ作って終わりですが

過去記事はかなり完成度が高い。

例えば、Friday 27 April の番組は

Present Perfect(現在完了形)。

英語での解説ですが、分かりやすくまとまっています。

英語で文法の解説を聞くと

リスニングの練習をしながら

文法の知識が増えて一石二鳥。

沙羅さんはオンライン英語レッスンもやっているそうです。

彼女のブログに「初回無料」と書いてあった。

試してみる価値あり。

The Daily English Show 


皆様のおかげで順位が上がってきました。ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英語学習の基本
英語学習の基本

英語を使えるようになりたければ

英語を使う。

英語を話せるようになりたければ

話す。

英語を聞けるようになりたければ

聞く。

英語を読めるようになりたければ

読む。

英語を書けるようになりたければ

書く。

話さなければスピーキングは伸びない。

聞かなければリスニングは伸びない。

読まなければリーディングは伸びない。

書かなければライティングは伸びない。

Professor Paul Nation (Victoria University, New Zealand)

はそれを the time-on-task principle と呼ぶ。

The basis of a commonsense approach to opportunities for learning is the time-on-task principle. How can you learn to do something if you don’t do that during learning? How can you learn to read if you don’t do reading? How can you learn to write without writing? The time-on-task principle simply says that the more time you spend doing something, the better you are likely to be at doing it. (The four strands, Nation, forthcoming)

paul_nation.jpg

Professor Paul Nation, my hero

というわけで、とにかく「やる」ということです。

英語を聞く、話す、読む、書く。

これが基本。

例えば今、人気急上昇中の

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

へ行く。

英語の記事とコメントを読むと

リーディングの練習になる。

音声を聞くと

リスニングの練習になる。

英語でコメントを残すと

ライティングの練習になる。




「あれっ、スピーキングは?」

Uh… Go to Berlitz.







もしよろしければクリックしていただけますでしょうか。 
   ↓
人気blogランキング



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

「英語と仲直りブログ」
「英語と仲直りブログ」

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

というタイトルのブログを見つけました。

人気blogランキング急上昇中。

これを書いている時点で第7位。

著者は「英語と仲直りできる本」を書いたデビット・バーカー氏。

素晴らしいブログ!

「英語に関する知識」ではなく

英語そのものを学べるブログ!

こういうブログ、あまりない。

皆さんに是非、お薦めです。

文章は英語。

英語学習者に向けて、分かりやすい英語で書かれている。

長さもちょうど良い。

音声付(3回に1回くらい)。

イギリス英語。

「イギリス英語は聞き取りにくい」

と感じている方に特にお薦め。

彼の英語は聞き取りやすい。

このブログの音声を聞いていると

イギリス英語に対する苦手意識が

解消される。

これで耳を慣らしておけば、

TOEICのイギリス系アクセントも聞き取れるようになる。

英語でコメントを書くように奨励。

読者方々が、がんばって英語でコメントしているので

それを読んでいると、

「英語でコメントしてみようかなあ」

という気持ちが自然にわいてくる。

だといいんだけど。

英語は読まなければ、読めるようにならない。

聞かなければ、聞けるようにならない。

書かなければ、書けるようにならない。

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

で「読む、聞く、書く」の練習をしましょう。

楽しみながら出来ますよ。

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

こちら



このブログはようやく人気ブログランキング40位代に復活。

投票していただけたら嬉しいです。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

TOEICの結果
TOEICの結果

3月25日(日)に受けた第129回公開テストの

結果が返ってきました。

990点でした。

CA270239.jpg


各項目の正解率は

リスニング・セクション

「短い会話、アナウンス、ナレーションなどの

中で明確に述べられている情報をもとに要点、

目的、基本的な文脈を推測できる」100%

「長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの

中で明確に述べられている情報をもとに要点、

目的、基本的な文脈を推測できる」96%

「短い会話、アナウンス、ナレーションなどに

おいて詳細が理解できる」100%

「長めの会話、アナウンス、ナレーションなどに

おいて詳細が理解できる」100%

リーディング・セクション

「文章の中の情報をもとに推測できる」100%

「表や文章の中の具体的な情報を見つけて

理解できる」100%

「ひとつの文書の中で、または複数の文書間で

ちりばめられて情報を関連付けることができる」100%

「語彙が理解できる」100%

「文法が理解できる」100%

リスニングのパート3か4で1問落としたようです。

皆さんは如何だったでしょうか。



目標点を超え方、おめでとうございます。

あまり点が伸びなかった方もいることかと思います。

おそらく実力が点数に反映されていないのだと思います。

TOEICはマークシートを使った選択式の試験ですから

英語の実力を正確に表せるものではありません。

点数が悪いからといって気を落とさないでくださいね。

また次のテストで上を狙ってください。

投票していただけたら嬉しいです。 
   ↓
人気blogランキング


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

New York Dolls
New York Dolls


(へー、You Tubeってこんなこと出来るんだ!

これは使える!)

(えっ、何に?)










New York Dolls




Personality Crisis

Well, we can't take her this week
And her friends don't want another speech
Hopin' for her that someday they'll hear what she's gotta say

All about that personality crisis
You got it while it was hot
But now frustration and heartache is what you've got
You know I'm talkin' 'bout her personality

Well, now you're tryin' to be someone, now you gotta do something
Wanna be someone who cou-ou-ounts
But you're thinkin' 'bout the times you did, they took every ounce
Well, it sure gotta be a shame when you start to scream and shout
You gotta contradict all those times you butterflied about
You was butterflyin'

About a personality crisis
You got it while it was hot
It's always hot, you know, but frustration and heartache is what you've got
I'm tryin' to talk about personality

And you're a prima-ballerina on a spring afternoon
Change on into the wolf-man, howlin' at the moon

About a personality crisis
You got it while it was hot
It's always hot, you know, but frustration and heartache is what you've got
I'm talking 'bout a personality

Now, with all the cards of fate that mother nature sends
Your mirror's gettin' jammed up with all your friends
That's personality, every scene is startin' to blend
Personality, when your mind starts to bend
Got so much personality, flashin' on a friend, of a friend, of a friend, of a friend, of a friend
Personality, wonderin' how celebreties ever mend, looking fine on television

Personality crisis
You got it while it was hot
It's always hot, you know, but frustration and heartache is all you've got
Don't you worry, it's just a personality crisis, please don't cry
Don't you worry, it's just a personality crisis, please don't stop
Because you walk with personality, talk with personality


You Tube から New York Dolls の

Personality Crisis という曲でした。

気に入った方は投票お願いします。

投票はこちらへ 
   ↓
人気blogランキング


評判がよかったらまたやります。





テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

ラド倒産
ラド倒産

私の働いていた英会話学校

ラド・インターナショナル・カレッジが

突然、倒産しました。

asahi.comによると
 英会話学校運営のラド・インターナショナル(東京都千代田区)が5日、東京地裁へ自己破産を申請した。同地裁は同日、破産手続きの開始を決定した。破産管財人は大川康平弁護士。第1回債権者集会は8月6日。
 民間信用調査会社の帝国データバンクによると、関連会社を合わせた負債総額は約26億円。東京、大阪、名古屋で「ラド・インターナショナル・カレッジ日本校」4教室を運営し、生徒数は約4000人。競合激化から経営状態が悪化し、4日に教室を閉鎖していた。
(http://www.asahi.com/national/update/0405/TKY200704050253.html)
ということです。

受講生の皆様、ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

日曜日のTOEIC650コースを受講していた方、

もしよろしければ、コメント欄で「管理者だけに表示を許可する」に

チェックを入れて、連絡先を教えていただけないでしょうか。


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.