TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
『パート5特急』サポートページ


『パート5特急』は、できるだけ多くの問題を収録するため、解説を簡潔にしてあります。正解の根拠がよくわからない人は文法の参考書等で確認したり、このブログで質問したりしてください。また、語彙や文法に自信のない人は、他の本で基本的な語彙力と文法力を付けてから、本書を使ってください。

お薦め語彙本
新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

お薦め文法本
1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

詳しい解説ファイル(PDF)

Sets 1-10 (PDF)

読者プレゼント:上級者のためのパート5高地トレーニング(PDF)
『パート5特急』に収録されている問題文をそのまま使い、上級者用に難易度の高い問題に作り換えました。「もっと難しい問題に挑戦してみたい」という方にお薦めです。PDFファイルの最終ページに解答があります。解答の後ろのカッコ内の番号は、本編中の問題番号を示しています。

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 1改訂版20160116(PDF)←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 2 改訂版20160111(PDF) ←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 3 改訂版20150708(PDF)←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 4(PDF)←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 5 改訂版20160110(PDF)←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 6(PDF)←クリック!

上級者のためのパート5高地トレーニングSet 7 前置詞編(PDF)←クリック!


『パート5特急』第1刷に以下の誤植が見つかりました。購入済みの方に謹んでお詫び申し上げます。

以下の誤植は第8刷で修正されます。
p. 34, #21 問題文の訳 1行目の終わり
誤 24時間以内に行わる予約
正 24時間以内に行われる予約
(「れ」を入れる)

p. 102, #120 問題文の訳 文末
誤 1年間保証されていています。
正 1年間保証されています。

p. 130, #159 問題文訳

マーケティングキャンペーンが成功したこともあって、
Greenbanks島では来島者数が驚異的な38 パーセント増となった。


マーケティングキャンペーンが成功したこともあって、昨年
Greenbanks島では来島者数が驚異的な38 パーセント増となった。
(1行目の終わりに「昨年」を追加)

p. 194, #250の語中3行目
誤 capability 名 能力
正 capacity 名 能力


以下の誤植は第5刷で修正済み。
p. 83, #92 問題文2行目の終わり
誤 for equipment or materials will be billed
正 for equipment or materials will be billed for
(billedに後ろにforを入れる)

以下の誤植は第4刷で修正済み。
p. 53、#46、解説1行目
誤 (A)を使って
正 (B)を使って

p. 180、#231、解説1行目
誤 (C) If を使うと
正 (A) If を使うと

p. 200、#258、解説1行目
誤 (C) where を使うと
正 (D) where を使うと

以下の誤植は第3刷で修正済み。
p. 106、#124、語注1行目wastewaterの訳
誤 排水
正 廃水

p. 190、#242、解説2行目
誤 「この機会を...」
正 「この機械を...」

以下の誤植は第2刷では修正済み。
p. 55、#54の音声
冒頭の"Renovations"が音声ファイルでは"Reservatons"と読み上げられている("Renovations"が正しい)

p. 80、#87の語注2行目
誤 considerable 形 かなりの
正 considerate 形 思いやりのある

p. 58、#56の解説1行目
誤 「近々中に出版する」
正 「近日中に出版する」

p. 58、#56の解説2行目
誤 文意に会う
正 文意に合う

p. 60、#60の解説1~2行目
誤 「タイミングよく効果的に」
正 「タイミングよく効果的な」

p. 86、#96の問題タイプ(正解の横)
誤 品詞
正 語彙

p. 122、#149の問題タイプ(正解の横)
誤 前置詞
正 前置詞 vs. 接続詞

p. 128、#156の解説2行目
誤 because以下の
正 between以下の

p. 134、#163の語注1行目
誤 competition
正 competitor

p. 151、#190の選択肢
誤 (A) facilitating
正 (A) facilitates
理由 British Englishでは、intendの後ろに-ing形を続けることがあるので、facilitatingだと正解になってしまう。

intend doing something (British English)

I don't intend staying long.

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/intend?q=intend

p. 152、#192の語注最終行
「□ onto 前 ~の上に □ along 前 ~に沿って」を削除

p. 168、#214の語注2行目
「□ 進んで~する」の「□」を削除

p. 194、#250の解説1行目
誤 後ろの動詞improve
正 後ろの動詞increase

p. 198、#256の訳3行目
誤 可能にする
正 容易にする

p. 200、#259の解説
誤 (A) expertise(専門分野)を使うと、「専門分野の中心は、経営コンサルティングと戦略計画」となり、文意に合う。
正 (A) expertise(専門知識・技術)を使うと、core area of expertiseで「専門分野の中心」となり、後ろの「経営コンサルティングと戦略計画である」と上手く繋がる。

p. 202、#261の語注最終行
「□ oaccordingly 副 応じて」を削除

p. 212、#276の訳2行目と解説1行目
誤 アイディア
正 アイデア

p. 212、#276の語注3~4行目
誤 実用的な
正 実用的に

p. 228、#300の訳1行目
誤 新しい品物を出すので
正 新しい品物を呼び物として販売するので

p. 228、#300の語注1行目、featureの訳
誤 (品物を)出す
正 呼び物にする

p. 236、#311の訳2行目
誤 海産物を使った
正 海産物が売りの

p. 236、#311の語注2行目、featureの訳
誤 含む
正 呼び物にする

p. 277、#369の選択肢
誤 (C) attachement
正 (D) attachement

p. 286、#383の語注最終行
誤 not as much as ~ ~さえしない
正 as much as ~ ~と同じ程度に

p. 290、#389の語注1行目
誤 safety measure
正 safety measures

Q&Aコーナー

Q:
#353の問題
瞬時に大過去の問題かな?と思ったのですが、選択肢に大過去がなくて正解が過去形だったのですが、 これは前後関係が文脈から明らかなので、大過去を表わす過去完了形を過去形で代用しているということでしょうか?

A:
その通りです。大過去は、過去に起きた2つの出来事について話す場合、「こちらの方がそちらより古いですよ」というのを示すために用いられるので、時系列が明らかな場合は使う必要はありません。



Q:
#362の問題
”has become focused on”をひとまとまりとして考えてばいいのでしょうか。
そしてそれをmore narrowlyで修飾していると考えればいいでしょうか?
うっかりbecomeのあとに形容詞がくると思ってnarrowを選んでしまったのですが・・・。

A:
その通りです。動詞のfocusedを修飾する語が求められているので、副詞のnarrowlyを選ぶという問題です。修飾部分を取り除くと、ご指摘のように "has become focused on"が残ります(ここが文の基幹となる部分、more narrowlyは飾り)。



Q:
p. 194、#250の解説1行目
誤 後ろの動詞improve
正 後ろの動詞increase
とありましたが、improveでも意味は通るという理解で良いでしょうか?それともincreaseのみでしょうか?

A:
improveでも意味は通ります。コロケーション的に"increase its capacity"の方が"improve its capacity"より座りがいいというだけです。



Q:
p. 194、#250の解説1行目
誤 後ろの動詞improve
正 後ろの動詞increase
とのことでしたが、
問題文のincreaseをimproveに変えると、解説もこのままでしっくりくる気がするのですが・・・(見当違いなら申し訳ないです><)

A:
初めは英文問題が"improve its capacity"になっていました。最終校正でKarlから「"increase its capacity"の方がよい」という指摘があり(こちらの方がよく使うので)、英文を変えました。しかし、解説は変えるのを忘れていたので、"improve"のままになってしまったという経緯があります。なので、英文的には、"increase"の方がしっくりきます。



Q:
p. 220♯288について。
正答の根拠とは直接関係ないのですが、practiceは、医者や弁護士の業務以外にも使えるのでしょうか。

A:
practiceにはたくさんの意味があります。
http://eow.alc.co.jp/search?q=practice

このうち、「4.〔医師などの専門職に〕従事する、開業する」の意味で使う場合は、医師と弁護士の業務以外ではほとんど使われないと思います。



Q:
新TOEIC TESTパート5特急400問ドリルの113番(97ページ)
(c)が正解ということは、当然ですが、(D)では、不正解という明確な理由を
教えて下さい。以下の通り、参考意見はあるのですが、文法的な説明をお願い
します。
"before he meets with Ms Maquire etc" signals a specific
point in time in the future. That specificity distances the action (correcting) from the immediate present.

A:
(D) has correctedが不正解な理由は、以下の通りです。
"Mr. Lee has corrected errors" は今、この時点で訂正がなされている(終わっている)という意味になります。今、この時点で終わっているので、未来の一時点、彼がMr. Magurireに会う前、に終わっているのは当たり前です。なので、今、この時点で終わっていることの話をしている文で、未来の一時点を規定して、「その前に」とするのはナンセンスというか、意味をなしません。



Q:
#281のeachが不正解な理由を解説いただけないでしょうか。

A:
eachでも文法的に誤りという訳ではありませんが、"their each"の組み合わせで、"credit card transaction history"を修飾するのはコロケーション的に不自然です。パート5では一番良い選択肢を選ぶ(Select the best answer to complete the sentence)なので、(D) recentが正解になります(必然的に他の選択肢は不正解)。

追記:上記回答に対して、「"each"は"the," "this," "that," や所有代名詞の"my", "your", "his", "her", "its", "our", "their"などとはセットで使わない。使う場合は、"each of the/their/my <名詞>"の並びになる」というご指摘をいただきました。ありがとうございます。



Q:
第320問の正解familierについてですが、手前にbe動詞がなくてもSome analystsを修飾できるのでしょうか?
あるいはSome analystsの後にwho are が省略されていると考えれば良いのでしょうか?

A:
Some analystsの後にwho are が省略されていると考えて下さい。



Q:
set6の問218について(p. 171)
#218の答えについてなのですが、正解はcurrentとなっていますが、currentは今回のように叙述用法で使っても良いのでしょうか?
辞書などを引くと通例限定となっており、なかなか今回の様な使われ方が見つからなかったため質問させて頂きました。

A:
ご指摘の通り、currentは通常、限定用法(名詞の前に来る用法)で用いられます。英英辞典でも [only before noun] という注が付いています。ただ、"kept current"で使われる例もあります。Googleで"kept current"(""を付けた状態)で検索すると、結構ヒットします。
"kept current"
Information to be kept current.
Drug labeling should be kept current.
The information required under ...shall be kept current by the ...
Updates to online archived news stories need to be kept current, rules High Court.
One very significant danger is that news articles must be kept current in order to remain accurate.
I've noticed your site is not kept current

上記のような例が見つかるので、「叙述用法で使っても良い」かどうかは人によって意見が分かれるかもしれませんが、「叙述用法で使っている人もいる」とは言えるでしょう。



Q:
p. 151 #190
Dが正解なのはわかるのですが、署名する前に「事前に、前もって」誤りを見つけた、でも意味が通ると思い、C)previouslyが正解だと思いました。
previouslyは「以前は」という意味ではここでは意味が通りませんが、「前もって、あらかじめ」などの意味もありますので、こちらの意味なら意味が通ると思います。

A:
previouslyでも意味は通ります。しかし、beforeと意味が重複してしまいます。

The owner of Century Plaza Condominiums previously caught the mistake in the lease contract before it was signed.
Century Plaza Condominiumsのオーナー は賃貸契約書の誤りを著名する前に前もって見つけた。

「著名する前に前もって」というのは意味の重複で、使うべきではありません。

The owner of Century Plaza Condominiums previously caught the mistake in the lease contract but it was not corrected in the final version, so he did not sign it.

というような文脈であれば、使えます。



Q:
p. 200、#258
PDFの詳しい解説では
「また、(C) whose では workshops whose people can learn how to use ~
「ワークショップの人々が~の使い方を学ぶワークショップ」
となり意味的に不適切です。」
と説明されておりますが、意味的に不適切というより、workshopsがpeopleを所有しているわけではないから、とするほうが適切ではないでしょうか。
例えば、この場合に文章を二つに分けると
We offer workshops.
Their people can learn how to use ~.
となり、「Their people」の部分がおかしくなり不可となります。
何より、所有代名詞whoseは人を先行詞に取るのが一般的ですので、この観点からも切り分けられます。

A:
このwhoseは関係代名詞で、先行詞は人でも物でも構いません。ジーニアス英和大辞典には<whoの所有格であるが先行詞は物・事でもよい>という注意書きがあります。所有の関係を表す他にも、所属・繋がりを表すことも多く、”<先行詞> whose <名詞>”で「<先行詞>の<名詞>」という意味になります。よって、workshops whose peopleでは「ワークショップの人々」となります。これでは意味をなさないので、この問題では不正解ですが、例えば、workshops whose participantsであれば、「ワークショップの参加者」となり、意味をなします。「"workshops whose participants"」でグーグル検索すると用例が見つかります。
"workshops whose participants"

Workshops whose participants come from a number of different Universities

…they developed and analyzed a set of workshops whose participants were parents and educators from a kindergarten.

The projects launched by the Centre often take the form of short workshops whose participants work on previously-edited oral history materials.

Ecosystem indicators for EBS and AI were selected during a series of workshops whose participants included scientific experts and regional stakeholders.



Q:
p. 200、#259
expertise=expert skill or knowledge in a particular field
「専門知識、専門技術」とは言うかもしれませんが、ある分野に関する専門知識を指すので「専門分野」という訳語は正確ではないように思います。
一方のhandlingには「扱うこと、処理、対処、対応」という意味合いもあるので、「Dewitt Internationalの取り扱いのcore areasは~」でも意味が通るかと思ってしまいました。
ですが、handlingというのはあくまで物理的な扱いを指すのであろうと自分の中で納得して片付けております。

A:
ご指摘の通り、expertiseは「専門知識、専門技術」という意味で、「専門分野」とするのは相応しくありません。area of expertiseで「専門分野」の意味になります。上の誤植訂正コーナーに追加させていただきました。ご指摘、ありがとうございます。
また、handlingですが、「取扱い」と言っても、処理、操作、商品の取り扱いという意味の「取扱い」ですので、後ろのmanaging consulting and strategic planningと上手く繋がりません。



Q:
p. 228、#300およびp. 236、#311
色んな辞書や文献を見ましたが、featureが「(品物を)出す」や「含む」といった意味が載っているものはありませんでした。

feature=have as a prominent attribute or aspect.
同義語: present, promote, make a feature of, give prominence to, focus attention on, spotlight, highlight

であり、目玉にする、呼び物にするといったようなニュアンスのほうが適切かと思います。

A:
動詞のfeatureには「含む(= include)」の意味があります。
feature (verb)
1[T] to include a particular person or thing as a special feature
(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

feature (verb)
1 [I, T] to include or show something as a special or important part of something, or to be included as an important part
(Longman Dictionary of Contemporary English)

ただし、「(品物を)出す」や「含む」という訳語を充てると上の定義にある、”as a special feature” “as a special or important part”という部分が表せないので、ご指摘のように「目玉にする、呼び物にする」の方が原義に忠実です。上の誤植訂正コーナーに加えさせていただきました。ご指摘、ありがとうございます。



Q:
p. 133、#162
with the best fuel economy rating of automobile to date が正解とのことですが、最上級 best が使われているのでを選んでしまいました。

bestではなくbetterだったらがしっくりくると思うのですが、なぜが最適なのかをご解説頂けると助かります。

A:
anyは肯定文で使われると「どんな~、いかなる~」という意味になります。よって、any automobile to dateで「今まで作られていかなる車」という意味になり、最上級で表されている部分の対象となる範囲を限定する働きをします。allは後ろに可算名詞が来る場合、必ず複数形になります。なので、automobilesでなくてはなりません。



Q:
p. 31、#20
markedでも正解ではないでしょうか?国際的に注目されている/際立ったアーティストというようにとれないでしょうか?

A:
markedには「目立つ」という意味がありますが、これはeasy to see、easy to noticeとう意味の「目立つ」で、「注目されている、際立った」という意味ではないので、artistを修飾する語として不適切です。また、markedは人を修飾することもできますが、その場合、a marked man/womanの形で使われ、「狙われた、目を付けられている男/女」という意味になります。この使い方以外で人の前に来ることは通常ありません。
以下、共著者のDaniel Warrinerからの回答です。

In regard to the reader's question, I would say that "marked" is definitely wrong, mainly because of the context of the sentence. It is acceptable to place "marked" before a person in the context of singling that person out for dire consequences, usually as a result of that person's actions prior to he or she becoming a "marked person." But even then, the adjective is almost only used, almost idiomatically, with "man", as in: "He's a marked man." If someone were to say to me, "He's a marked artist," I would immediately wonder what they meant. In other words, apart from the expression "marked man," "marked" with other nouns representing people, such as "marked baker," "marked teacher" and "marked artist," would not make sense.

Here are the definitions of "marked":

adj.
1. striking; conspicuous: marked success.
2. watched as an object of suspicion or vengeance: a marked man.
3. having a mark or marks: strikingly marked birds.
4. (of a linguistic form)
a. characterized by the presence of a distinctive feature, grammatical marker, or element of meaning not present in a related item: The word drake, which specifies "male," is marked, in contrast to duck, which does not specify sex.

Definitions 1 and 4 do not work with people. And definition 3 can work for people if they are physically marked with something such as a tattoo or scar. Osama bin Laden could have been, perhaps, almost considered to be an "internationally marked man" (in regard to def. 2), but to call him an "internationally marked terrorist" would be odd, if not redundant, and almost as absurd as saying "internationally marked artist," both because (contextually) artists aren't "marked," especially in an "international" sense, and because the meaning or understanding of the expression "marked man" doesn't come to mind with other person nouns.

In addition, definition 2 doesn't work (for the above reason) in much the same way that definition 3 doesn't work. Actually, I can more easily imagine an artist being marked (def. 3; with tattoos) all over the world (internationally) than an artist being marked (def. 2) for assassination or the like.

Finally, a Google search for "marked artist" (http://www.google.com/search?client=safari&rls=en&q=%22marked+artist%22&ie=UTF-8&oe=UTF-8) will give you 4 to 5 thousand hits, but of the 80 or so examples I looked at, "marked artist" is being used in very different contexts, relying on other words for meaning, such as "the folder marked 'artist'" and "images marked 'artist unknown'". As for our sentence, "acclaimed" is not only the most appropriate answer to complete the sentence but it's also, in my opinion, the only possible answer in the context provided.




Q:
p. 175、#224
theseが不正解の理由を教えてください。

A:
所有格(Dan’s, people’s, Japan’s, my, his, oursなど)と指示限定詞(this, that, these, those)は一緒に使いません。

この記事の上の方にリンクがある詳しい解説のPDF中にも以下のような説明があります。

(B) these
these improvements(これらの改善処置)は可能ですし、
Andre’s improvements(Andreの改善処置)も可能です。しかし、
Andre’s these improvements(Andreのこれらの改善処置)
は構造的に不可です。
その場合は、These improvements of Andreになります。



Q:
p. 252、#332
occupiedに「入っている」という意味はありません。
PDFのほうでは「occupied(占領された)」と訳されており、こちらの方が適切かと思います。本とPDFで訳語が異なるのもおかしいです。

A:
英語のある単語を日本語に訳す場合、まるっきり同じ意味になる一語に置き換えられることは稀です。文脈によって、対応する日本語は変わってきます。例えばoccuppied territories(占領地区)という場合のoccupiedは「占領された」でいいんですが、This seat is occupiedという時、「この席は占領されている」というのはおかしくありませんか。「この席には人がいる」という方が自然な日本語だと思います。また、The appartment is occupiedでは、「そのアパートにはテナントが入っている」となります。なので、文脈により、「占領されている」「使われている」「人がいる」「(テナントが)入っている」などの様々な意味になります。



Q:
p. 256、#339
finding → findings
findingが動名詞ではなく名詞として使われる場合は通例複数形であり、選択肢(D)の説明だとも思いましたので 。

A:
語注に単語を単体で載せる場合は、辞書の見出し語に則した形(単語の原形)にしました。よって、findingになっていますが、仰る通り、通常複数形で使います。なので、語の定義を「(複数形で)調査結果」としあります。



Q:
p. 260、#345
問345
at any timeは後ろにof ~やduring ~のような名詞句を伴って「~するときはいつでも」という副詞節のような役割をすると思っていたのですが、今回のように後ろにSVを取ることもできるのでしょうか。

A:
はい、できます。"at any time the glasses are nearly gone"は"at any time when the glasses are nearly gone"の"when"が省略された形です。"at any time when"で"whenever"(いつでも)の意味を表します。




Q:
p. 229、#301
何度練習しても Whoが離れません。delighted ではあらへんので、主語は、人やのうて物と捉えるのでしょうか。会社が、人扱いの文とどこで見分けるのか。

会社は「人」ではないので、「物」として扱うのが普通です。会社を人扱いするのは稀です。会社の人を指す場合、"they"を使うこともありますが、会社自体は代名詞を使う場合、"it"になります。この問題でも、空欄にはいる語は直前のKellwood Texiles(会社)を受ける語が必要なので、whichを使います。



Q:
p. 173、#223
 (A) easilyが正答ですが、(D) shortlyはNGでしょうか。辞書によりますと、shortlyには「じきに」「簡単に」という意味があるので正解になりえるのではないでしょうか。

A:
shortlyの「じきに」はsoonの同義語で、「これからすぐに」または「あることが起こった直後に」という意味なので、この文には会いません。
また、「簡単に」の方は、speaking in an impatient and unfriendly way; abrutplyの意味なので、「ぶっきらぼうに、手短に」という意味での「簡単に」で、easilyの意味はありません。よって、正解にはなりえません。



Q:
p. 181、#235
(A) yetがNGなのは、mitghtと相性が悪い(意味がとおらない)からでしょうか?yetを使って正解文を作ろうとすると
...who have not be interested in musicals yet.
 でよいでしょうか?

A:
yetは文脈的に不適切です。前半の
Amusing advertisements for Elgin Theater performances have been attracting many people...
から、この文中の"many people"はperformancesにattractされていることがわかるので、「まだ興味がない」とすると上手く繋がりません。
...who have not been interested in musicals yet.
でも「まだ興味がない人たちを惹きつけている」となり、意味を成しません(「興味がない」と「惹きつけている」が矛盾するので)。
もしこれが、「これまでミュージカルに興味がなかった人を惹きつけている」でしたら、意味を成します。
...who were not interested in musicals before.
ただ、この場合、yetは入りません。

追記:「まだミュージカルに興味がなかった人」であれば、yetを使うことが出来て、文意にも合います。
... who have not yet seen musicals.



Q:
上級者のためのパート5高地トレーニング100問 Set 1(PDF)の72番ですが、placed onが正解になっていますが、put onではないでしょうか。
本書当該(232)の問題文でもそうなっていますし、placed on holdで検索しても同じものはヒットしませんでした。

A:
以下でGoogle検索して頂くと、

"placed on hold" 1,500,000件 http://goo.gl/5Uv8vg

"being placed on hold" 141,000件 http://goo.gl/j4JDfV

"is|was|are|were|been placed on hold" 360,000件 http://goo.gl/6NW6oH

のヒットが有りますので、再度確認してみて下さい。

be placed on hold = be put on hold ですが、
後者の方がより一般的ではあります。

このサンプル問題では、基本的に問題文を全文読まなければ解答できないように編集されています。また、仮定法過去の倒置など、あまりTOEICパート5的ではない文や選択肢も多く、パート5問題の演習ではなく、瞬時に英文を理解できているかを試す問題になっています。




Q:
p. 51、#46
Anyone が正答ですが、なぜ Whoever では、ダメなのでしょうか。

A:
簡潔な回答
Whoeverは関係代名詞なので、後ろには動詞が必要です。

詳しい回答
例えば英語で「~する誰も(~する人は誰も)」という場合、
大まかに言えば、現在分詞を使う方法と、
関係代名詞を使う方法があります。

現在分詞の場合:Anyone doing ~
関係代名詞の場合:Anyone who is doing ~
意味は共に、「~する誰も(~する人は誰も)」になります。

Anyone who は Whoever に置き変えることができるので、
Anyone who is doing ~ は
Whoever is doing ~ とすることができます。
ですので Whoever doing がなぜ不可なのかはつまり、Anyone who doing ~ がなぜ不可なのか、と言うことになります。

関係代名詞 who は続く is doing ~の主語ですので
who doing ~ とすることができません。
故に、Whoever doing も不可なのです。(多分):)

先行詞(Anyone)+ 関係代名詞(who)
の後には 現在分詞 doing や 過去分詞 done ではなく
普通の動詞 が必要である、
と覚えておけば良いと思います。



Q:
p. 39、#30
問題のところと関係はないのですが、文末"select restail partners"となっていますが、もしこれが一部のパートナーということであれば、Selectedという形容詞になると思うのですが、まちがっていますでしょうか。

A:
間違っていません。selected retail partnersでもOKです。

ここでの select は形容詞で、 「選ばれた、限定された」という意味です。 select retail partners で 「限定された小売業者」となります。selected retail partnersでも同じ意味になります。



Q:
p. 83、#93
updateを「更新する」の意味で使うときは、他動詞なのでupdateの後ろに目的語が必要なのではないかと思うのですが、どうでしょうか? それとも、実際の会話では省略されることがよくあるのでしょうか。

A:
簡潔な回答
update 後ろには目的語が必要ですがソフトウエアであることが明白であるので省略されています。目的語が明らかな場合は省略が可能です。

詳しい回答
上記の部分については編集時にも一応確認したのですが、問題はありません。目的語が明白(旧バージョン)であるため省略されているとも考えられますし、自動詞としての用法がすでに確立されている、とも考えられます。

確かに、二大辞書、OED と Merriam Webster は update を「他動詞」としていますが、update という動詞自体の歴史は浅く、特にプログラムやソフトを update すると言うのは、ごく最近の用法ですので、動詞 update としての用法が確立されていない、とも考えられます。実際、海外の英語関連サイトではそのように解釈しているものもあります。

自動詞、他動詞という分類があって、動詞が存在しているのではなく、一つの動詞が長年人々に使われ、その結果、その用法に基づき分類されるものなので、今後、update も改められることでしょう。

下記は update を目的語なして使用している例です。Nytimes, WSJ, Time, Slate から引用しています。

"If you have not updated to the latest version, doing so may resolve some problems." The New York Times

"If you've updated to the latest operating system for the iPhone, with its new maps application, don't panic ... " The Wall Street Journal

"I updated to the current iOS about a month ago and everything was fine." Time

"When Great Britain updated to the new system by skipping 11 days in 1752, Franklin dutifully moved his birthday." Slate



Q:
p. 57、#57
visitの時制は主節のindicatedに合わせて過去形visitedではないでしょうか。

A:
この雑誌の読者が支払いのためだけにサイトを訪れるということはこの文が書かれた時点でも変わっていないので(=過去のことではないので)、現在形を使うことができます(主節のindicatedに合わせて過去形にすることも可能です)。
現在の状態、習慣、特性、職業、etc. を表すときには「時制の一致」の干渉外になります。



Q:
p. 175、#224
以下の先生の回答について質問させてください。

―引用開始―
p. 175、#224
theseが不正解の理由を教えてください。
   中略
Andre's these improvements(Andreのこれらの改善処置)
は構造的に不可です。
その場合は、These improvements of Andreになります。
―引用終了―

と書かれていましたが、これは a friend of mine 同様
"Andrea's"
としなくていいのでしょうか。それとも現代英語では先生の示された形が主流なのでしょうか。

A:
ご指摘ありがとうございます。
これはタイポですね。すみません。
悪名高い Double Possessive ですので、
These improvements of Andre's です。
(『パート5特急』編集関係者)



Q:
p. 97、#113
もう一つ以下の先生の回答について質問させてください。

―引用開始―
Q:
新TOEIC TESTパート5特急400問ドリルの113番(97ページ)
(c)が正解ということは、当然ですが、(D)では、不正解という明確な理由を
教えて下さい。以下の通り、参考意見はあるのですが、文法的な説明をお願い
します。
"before he meets with Ms Maquire etc" signals a specific
point in time in the future. That specificity distances the action (correcting) from the immediate present.

A:
(D) has correctedが不正解な理由は、以下の通りです。
"Mr. Lee has corrected errors" は今、この時点で訂正がなされている(終わっている)という意味になります。今、この時点で終わっているので、未来の一時点、彼がMr. Magurireに会う前、に終わっているのは当たり前です。なので、今、この時点で終わっていることの話をしている文で、未来の一時点を規定して、「その前に」とするのはナンセンスというか、意味をなしません。

―引用終了―

accountants と会うということは、会計処理に問題がないかチェックが入る---と解釈したらよいのですね。

それでは、以下のように解釈し、(A) corrected や(D) has corrected を入れることはできないでしょうか。

Mr.Leeがいくつかのミスを(事前に発見し)訂正した。(全てのミスが修正されたかは不明---errors 無冠詞複数形だから)
そのあと、専門家であるMs. Maguireと他の会計士達が(経費報告書をチェックするために)Mr.Lee と会う。

Leeさんは、Maguireさんや他の会計士たちと会う前に、経費報告書の(いくつかの)誤りを修正した。

上記の解釈を before で表現するのは厳しいでしょうか?
そうであれば、その理由を教えて頂けたら幸いです。

↑補足 
誤りを修正した(終わったこと)が
まだ会計士たちと会っていない。(これから会う)

と言う設定です。

A:
Cambridge Dictionary より
Before with present tenses
When we use before in clauses in the present tense, the clause can refer to the future.

上記をふまえ
He corrected errors before he meets with her.
が何故不可であるのか考えるにあたり、
まず、何故、before を使うのか、考えて下さい。
話者は before に合わせて、文を作るのではなく、
文の中で before が必要であるので使うわけです。

I do A before I do B という文においては、
「Bをする」前に「Aをする」という
前後関係を示す為に before を使うわけです。
ですのでたとえば、
He corrected errors yesterday.
He will meet with her tomorrow. をつなげる場合、
before を使う必要はありませんし、
before では不自然です。

>Leeさんは、Maguireさんや他の会計士たちと会う前に、経費報告書の(いくつかの)誤りを修正した。

上記は英語では
Mr. Lee corrected errors before he met with Ms. Maguire.
になり、 英語的に言うと

Leeさんは、Maguireさんに会ったまえに、となります。
PDFでの解説を参考にしてください。
(『パート5特急』編集関係者)

Q:
>He corrected errors yesterday.
He will meet with her tomorrow. をつなげる場合、before を使う必要はありません

はい。これは理解できます。しかし、実際の問題では、「具体的な時」 を示すフレーズはありませんでした。

>前後関係を示す為に before を使う

報告書のミスを訂正(全部訂正できたかは不明)したのが午前11時、現在は正午、午後1時にMs. Maguireに会う、
と言う設定でもbeforeでつなぐことはできないのでしょうか。
前後関係を示すことはできないですか?

A:
神崎先生も解説されているように
過去に訂正、未来に会う、
という時点で前後を示しているので
Before は不可ではないでしょうか。

その辺りは、再度神崎先生からの説明があると思います。
(『パート5特急』編集関係者)

神崎追記
「実際の問題では、『具体的な時』 を示すフレーズはありませんでした」ということですが、before he meets with Ms. Maguire and other accountantsの部分が未来のことを述べているので、その部分は過去の出来ことより後に起こることは明らかです。

「未来にやることが過去にやったことのbeforeである」というつなぎ方がおかしいことは、より具体的な時を示す語句を入れると分かりやすいかもしれません。

We corrected errors yesterday before we meet Ms. Maguire tomorrow.
= We corrected errors yesterday before tomorrow.

上の文のbefore tomorrowは意味を成しません。なぜなら昨日やったことは明日の前に終わっていることは当たり前なので。

質問者追記:
何度もご回答頂き恐縮です。

ここで質問する前に
「S+過去(現在完了)before+現在形」
の形を辞書例文やWebで探したのですが見つけることができなかったので、おそらくこの表現は不可なのだと薄々気づいてはいました。
しかし、調べるほどに疑問は膨らむ一方でした。

例えば以下の文、
「学校へ行く前(まだ行っていない)に髪を洗っちゃった(シャンプーし終わった)」
では、beforeを接続詞で使うならどう表現するんだろう、などと。

・現在完了が使えない場合として、
「明確な過去を表す副詞(句)があるとき」
のような決まりごとが、接続詞beforeにもあるのか?
・そういえば、接続詞beforeは、「(主節と同じ)主語+be」の省略ができない
など使い方に制限があるのと何か関係があるのか

などいろいろ妄想が膨らんでしまいました。

しばらくこの問題は放置しておくことにします。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

補足:
誤解を招く恐れがあるので補足します。

>接続詞beforeは、「(主節と同じ)主語+be」の省略ができない

これが問題になるときは、before以下が受動態の場合です。
能動態で before以下が進行形になる例があるのかどうかわかりませんが、一応補足しておく方がいいと判断しました。

神崎コメント:
時系列上の前後関係を示す際、未来の時点を規定して、過去の出来事がそれより前であったという示し方をするのは、日本語でもおかしいのではないでしょうか。「私は昨日、明日の前に誤りを訂正した」の「昨日の前に」は意味を成していません。

次の例文を読んでください。

私は学校に行く前に髪を洗った。

この文では、「学校に行く」の部分も過去のことです。「髪を洗った」は過去で、「学校に行く」は未来にはなりません。

学校行く前、洗っちゃった。

これも同様に既に学校に到着している感じがしませんか。

「私、これから学校行くんだけど、その前にもう髪、洗っちゃった」というような使い方は可能ですが、「その前に」の部分は意味を伝える上で必要ありません。「私、これから学校行くんだけど、もう髪、洗っちゃった」と言っても同じです。

私、これから学校行くんだけど、その前に髪洗わなきゃ。

「その前に」に意味を持たせる使い方をするとすれば、このような文になります。「学校に行く」も「髪を洗う」も両方未来です。
時系列上の前後関係を示す場合、過去の話をする場合は過去の時点、未来の話をする場合は未来の時点を規定するのは、日本語でも英語でも同じだと思います。

「学校へ行く前(まだ行っていない)に髪を洗っちゃった(シャンプーし終わった)」 を英語で言うなら、beforeは使いません。

I have washed my hair and now I'm going to school.
I have washed my hair so that I can go to school now.

こんなところでしょうか。

「接続詞beforeは、「(主節と同じ)主語+be」の省略ができない」というのは、beforeが前置詞として使われることに関係があると思います。Before+動名詞の形が広く使われているので、それとの混乱を避けるためにそうなっているのかもしれません。

Before moving to London, he worked at our branch.
Before being promoted to vice president, he was a branch manager.



Q:
問題231番について

pdfの解説ファイルの中で、so much as~(〜さえも)が前置詞と説明されていました。辞書で検索したところ、
He cannot so much as write his own name.
といったように後に続く形が動詞になっていました。
これについての説明をよろしくお願いいたします。

A:
so much as は副詞とされていますので、解説者の間違いです。
副詞なので2つの節をつなぐことはできない、というのが不正解の理由です。

ご指摘、どうもありがとうございました。



Q:
p. 79、#87
文中のyetはどのような意味・役割で使われているのか詳しく教えてください。

A:
この yet は but (しかし)の意味で使われています。elegant yet practical = elegant but practical (エレガントであるが、実用的でもある)。通常、elegant と practical は両立しないことが多いのですが、この会社の服は両立しているので、yet は、その珍しさを強調する役割を果たしています。



Q:
「上級者のためのパート5高地トレーニング」をやって気づいことを書きます。

Set 3
289
問題文の空欄直後のwhichが消えている。

Set 5
445
解答では(D)has passedとなっているが、選択肢は(D)had passedとなっている。

Set 5
480
選択肢の(C)do notはdo not submitの間違いだと思われる。

Set 5
496
問題文に空欄にしておくべきところが空欄になっていない。

Set 5
497
解答では(C)would delayed byだが、選択肢では(C)would be delayed byとなっている。

A:
ご指摘、ありがとうございます。誤植部分を訂正したバージョンをアップローとしました。記事前半に「改訂版」としてリンクを貼りました。



Q:
p. 67、#72
forがNGの理由をご教示ください。

A:
「現在完了形+for+期間」はある行為・状態がその期間続いたことを表します。
例: I've known him for ten years. (for ten years は「10年間に渡って」)
この問題では、動詞の部分が has more than douled なので、for the last five yearsだと「この5年間に渡って」となってしまい、上手く繋がりません。in the last five yearsであれば、「この5年間で」となり、文意に合います。



Q:
p. 67、#72
throughはしばしば完了形ではなく状態動詞とコロケするようですが、どんな場合に完了形とthroughがコロケするのでしょうか

A:
パッと思いついたのは、through the years(長年の間、年を経て)という表現です。これは完了形と共に使われます。
I'll show you how women's shoes have changed through the years. 女性用の靴が年と共にどのように変化してきたか説明します。



Q:
p. 225、#297
a fallen tree brought down
とありますが、このbrought downは必要でしょうか?a fallen treeで「倒木」という意味を表していると思い、a fallen tree brought down
は冗長だと感じたのですがいかがでしょうか?

A:
意味の切れ目は、"a fallen tree brought down"ではなく、
a fallen tree brought down by the strong winds on Sunday
= a fallen tree which were brought down by the strong winds on Sunday
です。よって、"brought down"を入れないと、"by the strong winds on Sunday"という情報が付加できません。

"which were brought down by the strong winds on Sunday"の部分全体が不必要な情報であるという見方もあるかもしれませんが、そこは好みの問題というか、意見が分かれるところだと思います。



Q:
パート5高地トレーニング Set 5 Q49の答えについて
答えが(C)になってますが、言葉では(D)のほうになっていますが、(D)で正解でいいのですよね?

A:
ご指摘ありがとうございます。正解は (D) had already received です。

The Limelight Cafe was unable to take any more orders for pies because the number they had already received was overwhelming.
(編集関係者)



Q:
p. 95、#110に対する詳しい解説中の説明について

解説によると、 Being formerly a residential area という分詞構文のBeingが省略されたものとあります。分詞構文の分詞を省略できるのですね。手持ちの文法書3冊くらいにあたったのですが、例えば、Having been written ~の場合、Having beenを省略して、Written ~という形にすることができることは記載があったのですが、設問の分詞構文のように、(分詞構文になる前の元の文章が)SVCの文型において(Tthough Mattawa HIlls is formerly a residential area) 、vそのもの(Being)を省略することができるとは記載がなく、このパターンを初めて知りました。

A:
ご質問ありがとうございます。上記のPDFではページ内におさめる為に大部分を削除しており不親切な内容になっていますが、オリジナルでは「Formerly a residential areaの部分がわかりにくければ、分詞構文として考えると良いかもしれません」のように書いてあります。確かに、"Being formerly a xxx" の分詞構文とみられる文も多くありますが、このケースではそのBeingが省略されたものかどうか、"Although it was formerly a residential area" からの省略か、又は単なる副詞の用法か、現時点では私には断定的に分類することができません。(編集関係者)



Q:
高地トレーニング Set 2、#152についての質問

remain+adj と remain+ppが可能なんですが これは全体の意味で変化するものだと理解しますが 今回の答え closedはどちらになるのですか。

A:
基本的には remain + 形容詞、ではないでしょうか。 過去分詞が続く場合も形容詞として使われているだけだと思います。(解釈に違いはあるでしょうけど。)(編集関係者)



Q:
p. 53、#50 正答はconstruction ですが、B extension とし、拡張の後、ようやく通行が開始されたとはできないのでしょうか。

A:
extensionは「拡張」ですが、years of extensionでは、「数年に渡る拡張」となってしまい、意味が通りません(「拡張」自体は時間的に継続するものではないので。years of extension work「数年に渡る拡張工事」であれば、OKです)



Q:
高地トレーニング Set 5、#17についての質問

正解は(A) purchased ではなく、(A) purchase ではないでしょうか。

A:
はい、その通りです。ご指摘、ありがとうございます。助かります。



Q:
高地トレーニング Set 5、#30についての質問

正解は(C) has transferred ではなく、(C) had transferred ではないでしょうか。

A:
はい、その通りです。ご指摘、ありがとうございます。助かります。



Q:
高地トレーニング Set 5、#49についての質問

正解は(C) had already receivedではなく、(D) had already received ではないでしょうか。

A:
はい、その通りです。ご指摘、ありがとうございます。助かります。



Q:
p. 60、#186
.... that no one seemed ~という文の"that"はどのように解釈をすれば良いでしょうか。

A:
これは、so that 構文の"that"です。so <形容詞/副詞> that ~で「とても<形容詞/副詞>なので、~だ」という意味を表します。この文では「とても議論に集中していたので(engaged in discussion)、だれもどれだけ時間が経ったか気が付かないようだった(no one seemed to notice how much time had passed)」という意味になります。



Q:
p. 23、#8
この問題ではdropped to below freezingとなっていますが、dropped below freezingも文法的にOKのようで、Google検索をするとこちらの方が多くヒットします。この2つで表現に違いはありますか。また前者の場合のbelowは副詞なのでしょうか。

A:
仰る通り、dropped below freezingの方が多くヒットしますね(4,080 vs. 22,000)。表現の違いですが、前者は終着点を表すtoが入っているので、気温が下がって行きついた先がbelow freezing、すなわち「below freezingまで落ちた」というようなニュアンスです。それに対して、後者はfreezingより下(below)に落ちたという感じです。

前者の場合もbelowの品詞は前置詞です。



Q:
高地トレーニング 第三回#89
表題の回答では、by Madalena Cosmetics, the advertisement of which となっていますが、
#235の"advertisements for Elgin Theater performances"のように、forが後置して"advertisement for which"にすることも可能だと思いますが、いかがでしょうか。

A:
この問題は、所有格whoseはof whichで言い換える事ができ、その場合には以下のような関係になる、という特徴を利用した問題です。

whose advertisements often appear in
= the advertisements of which often appear in

特殊な形で、現在では非常に稀な形だと思います。また、whoseでなければ文が成立しないので(同格ではないので)of が適切です。



「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング
TOEIC118回受験記念ラジオ
3月15日午後10時30分追記

ラジオ、終わりました。お聞きいただいた方、コメントをしてくださった方、ありがとうございました。再放送は下のUstreamの画面をクリックすると、別ウインドウが開いて聞けます。前半3時間と後半30分が別のファイルになっているので、リンク先ページ画面右横のサイドバー上で選択してください(ディフォルトは後半30分の方なので、そちらが自動で流れます)。なおUstreamの設定上、初めに30秒間のコマーシャルが流れます。ファイルの視聴期限は30日間です(期限を過ぎると自動的に削除される)。


Live streaming video by Ustream

3月15日午後5時30分追記

私はメジャーフォーム(4LIC7)でした。以下、簡単に難易度の印象を記します。

パート1 普通
#8と#9が難しかったが、想定内。毎回1、2問、難しめの問題は出る。

パート2 普通
特に難しい問題なし。

パート3 普通
公式3の会話と似たのが出た。銀行で口座を開設するという状況でのやりとり。

パート4 難
途中で先読みが追いつかなくなった。

パート5 やや難 所要時間16分
難しめの語彙問題が数問あった。pertaing to とか、-ate終わりの動詞が4つ並ぶ問題とか(#39)。倒置の問題も1問あった(nor did they...)。

パート6 普通 所要時間4分

パート7 難 所要時間48分
解くのに時間がかかった。

最後の7分で見直し。見直しが終わると同時に試験終了。

---------<追記ここまで>---------

明日(3月15日)はTOEIC公開テストですね。私は幕張の神田外語大学で受けます。受験するみなさん、お互い頑張りましょう。

午後6時から恒例のTOEIC受験記念ラジオをやります。今回は午後6時からです。よろしくどうぞ。

TOEIC118回受験記念ラジオ

Date: 15 March
Time: 6 p.m.-9 p.m.
Topic: TOEIC


Live streaming video by Ustream

放送時間にクリックすると聞けます。

BBS:
コメント用スレッド
   ↑
TOEICに関して言いたいことがありましたら、何なりとどうぞ。なお、問題の再現につながるような質問や書き込みはご遠慮ください。問題の再現はTOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が定める禁止事項のひとつです。

今回から問題に関する質問はYes/No questionでお願いします。
良い例:
Part 5でXXXXを選びましたが、合ってますか。
XXXXの言い換えはXXXXですか。
Part 7のスケジュールの問題でクーポンを配るのはTour guideですか。

悪い例
Part 5の最後の問題の解説お願いします。
XXXXの言い換えは何ですか。
Part 7のスケジュールの問題、解説お願いします。

TOEICを運営している国際ビジネスコミュニケーション協会の方から、これまでのラジオのやり方では問題が再現されてしまっているので改めてほしいという要望を受けています。リスナーの皆さんもご協力お願いします。

なお、問題と関係ない話(例えば試験会場での出来事や学習相談など)は自由に書いていただいて、構いません。





パート5に特化した学習書、『新TOEIC TESTパート5特急400問ドリル』好評発売中!



ブログ記事はこちら

4月19日(日)にTOEIC SWオフ会をやります。参加者募集中(3月14日現在、申込者14人)。

詳細はこちら 

4月29日(水・祝)に花田塾チャリティーセミナーに参加します。詳細は後日、花田さんのブログで。

5月6日(水・祝)にエッセンス イングリッシュ スクールでパート5を解きまくるセミナーをやります。

詳細はこちら 


「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング
『パート5特急』詳細解説ファイル


先週出た『パート5特急』ですが、売り上げ好調です。週末はアマゾンで売り切れてしまって、ご迷惑をおかけしました。現在(3月12日午後10時)は在庫があります。まだ発売1週間なのに、もうレビューが3つ載っています。書いてくださった方、ありがとうございます。

で、「問題はいいんだけど、解説がほとんどない。『はじめに』を読んでから買わないと不満に思うかも。」というご指摘があったので、以下、同書の「はじめに」を掲載します。

はじめに

 TOEIC のパート5は、各問題、空欄をひとつ含む英文が
あり、空欄を埋めるのに適切な語句を4つの選択肢の中から
選ぶ「穴埋め問題」の形式になっています。本書はこのパー
ト5の練習を積むためのもので、以下のような効果が期待で
きます。

▶ 本番のTOEIC の10回分に相当する400問が収録さ
 れている。問題をたくさん解くことで、パート5の問題
 パターンになれ、スコアが上がる。

▶ 本書の模擬問題は実際のTOEIC に即した良問ばかり。
 これらに触れることで、受験の際、既視感が得られる。

▶ 本書収録の400問で本番のTOEIC で出題される問題
 タイプを網羅している。解けなかったタイプの問題は、
 自分の弱点なので、TOEIC 受験に向けて補強が必要な
 部分が見えてくる。

▶ 問題文では解答に絡まない部分にもTOEIC の頻出語
 句がたくさん使われている。解説ページに語注もあり、
 TOEIC で役立つ語彙を身に付けることができる。

▶ 問題文読み上げの音声ファイルを朝日新聞出版HP の
 『TOEIC 特急シリーズ』のページから無料ダウンロード
 できる。音声ファイルを活用することで、リスニング力
 の強化にもなるとともに、記憶の定着度が高まる。

 パート5では語彙力と文法力が試されるので、本書を使
ったトレーニングを始める前に、基本的な語彙力と文法力
を身に付けておくことをお勧めします。語彙に自信がない
人は、『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』(TEX
加藤、朝日新聞出版)、文法に自信がない人は、『1駅1題
新TOEIC TEST文法特急
』や『新TOEIC TEST 文法特急2
急所アタック編
』(共に花田徹也、朝日新聞出版)など
を使い、パート5の問題を解くのに必要な語彙と文法を一通
り学んでから、本書の練習問題に挑戦すると、より効果的
な学習ができます。
 パート5はトレーニングの効果が出やすいパートです。
 なぜなら、出題される問題タイプが決まっていて、出題
される文法項目や語彙が限られているからです。
模擬問題をたくさん解き、問題のパターンに慣れれば慣
れるほど、正解率が上がります。また、一度間違えた問題
は、正解の根拠をきちんと確認し、次に同じような問題に
出会ったとき、確実に正解できるような状態にしておくこと。
TOEIC では同じタイプの問題が繰り返し出題されるので、
それさえやれば、スコアは必ず上がります。

                            神崎 正哉
                         Daniel Warriner


本書の使い方

 本書では英文問題が見開きの右側のページに2~4問あ
り、その裏のページに問題の解答、解説、問題文の日本語訳、
語注が載っています。また、40問を1セットとしています
(本番のTOEIC でパート5は40問出題される)。
 隙間時間を使って学習する方はページ(2~4問)ごとに、
まとまった時間を取って学習する方はセット(40問)ごとに
解いて、答え合わせをしてください。

以下に学習ステップのモデルを示します。
1. 問題を解く。
2. 答え合わせをする。
3. 間違えた問題とまぐれで当たった問題の正解の根拠を
  確認する。
  ( 注意:できるだけ多くの問題を収録するため、本書の解説
   は、要点だけを簡潔にまとめてあります。解説を読んでも
   正解の根拠がよくわからない人は文法の参考書等で確認し
   たり、筆者のブログで質問したりしてください。)
4. 問題文の意味がわからない場合は、日本語訳を見て確
  認する。
5. 問題文中に知らない語句がある場合は、語注を参考に
  したり、辞書を使ったりして意味を確認し、覚える努
  力をする。
6. 音声ファイルを使い、音の確認をする。目で見て頭に
  浮かぶ音と実際にネイティブスピーカーが発する音の
  ギャップを埋めるように努める。
7. 音声ファイルを使い、聞こえた通りに真似して声に出
  す練習をする。意味を感じながら、体に英語を染み込
  ませるつもりでやる。




また、この本の編集協力者のJoe F氏が現在、詳しい解説を作成中です。初めの80問分の解説ができましたので、アップします。

1-80の詳しい解説はこちら(PDF)


あと、ブログの記事にしてくださったTOEICブロガーの皆さん、ありがとうございます!

mejiyanの TOEIC Part5,6でボケ防止 ブログ

TOEIC A GO! GO! 目指せTOEIC990点の道!

RabbitのTOEIC満喫生活~990の高みへ!

Rabbitさんブチブッチさんが3月29日(日)に『パート5特急』を使った勉強会を催してくださいました。

「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

4月19日(日)「TOEIC SW オフ会」参加者募集
4月19日(日)に「TOEIC SWオフ会」を行います。TOEIC SWをみんなで受けて、試験後、近くのビザリアに行き、試験の反省などをしながらランチをするという企画です。

TOEIC SWとは?
コンピューター方式のスピーキングとライティングのテスト
詳しくはこちら

「SWに興味はあるけど、一人で受けに行くのはちょっと」という方、みんなで受ければ怖くありません。奮ってご参加ください。

TOEIC SWオフ会
4月19日(日)
第1部:TOEIC SW受験
集合時間:午前9時30分(時間厳守、遅れると受験できない)
場所:IICBテストセンター【地下1階】(住所:東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル、地下鉄赤坂見附駅徒歩1分)
地図はこちら

第2部:ピザランチ
集合時間:午前11時45分(だいたいTOEIC SWが終わる時間)
場所:PIZZA SALVATORE CUOMO 永田町(予定)(試験会場のすぐ隣)
地図はこちら

申込開始日時:3月6日(金)午前10時
オフ会参加申込方法
1. 3月6日(金)の午前10時以降、TOEIC Square (http://square.toeic.or.jp/)から4月19日のTOEIC SWの受験申し込みをする(初めて使う人はアカウントを作る必要あり)。その際、会場は「東京」→「IIBCテストセンター【地下1階】」、時間は「10:00」を選択。受験料は、10,260円(税込)。
注意:「IIBCテストセンター【地下1階】」が満席の場合は、「IIBCテストセンター【9階】」で申し込んでください。

2. TOEIC SW受験申込終了後、こちらのメールフォームを使い、メッセージ欄に「TOEIC SWオフ会参加希望」と記入し、送信(名前はハンドル名でも構いません。確認の連絡をするので、メールアドレスは正確にご入力ください)。

3. 申込受付確認のメールが届いたら、申し込み完了(申し込み後、48時間以内に確認メールをお送りします。届かない場合は、メールの不具合かもしれないので、この記事のコメント欄からご連絡ください)。

参加費:ランチ代2,000円(当日集めます)
注意:TOEIC SWの受験料10,260円が別途、必要です。

締切:「IIBCテストセンター【地下1階】」と「IIBCテストセンター【9階】」の2会場が満席になり次第、募集締め切り。

Frequently Asked Questions(よくある質問)

質問1:TOEIC SWは受けずに、第2部のピザランチから参加してもいいですか。

回答:だめです。TOEIC SWオフ会なので、TOEIC SWは必ず受験してください。

質問2:第2部のピザランチには参加せず、第1部のTOEIC SW受験だけ参加してもいいですか。

回答:それは大丈夫です。でも、第1部のTOEIC SW受験は、ただTOEIC SWを受けるだけなので、あまりオフ会という感じではなんですけど、よろしいでしょうか。「みんなで受けている」という連帯感はあると思いますが。


610x.jpg

その英語は、強いか。(TOEIC SW)





近日発売『新TOEIC TESTパート5特急400問ドリル』



「表紙の色が問題冊子のシールと同じ。」(by めじさん)←さすが目の付け所が違う!






「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.