TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
TOEICの新しい問題形式と「肉欲企画。」の終わり
訂正20151111:新形式の問題数
誤 パート6で4問、7で7~9問なので、全体で1割程度です。
正 パート6で4問、7で3~5問なので、全体で1割弱です。

今週は重大な出来事がふたつありました。

まず、TOEICの問題形式が一部変更されるという発表がありました。

http://www.toeic.or.jp/info/2015/i025.html

ふたつ前の記事で、「来年の5月には変わらないのではないか」と書きましたが、すみません、来年の5月から変わります(もりてっちゃん、嘘つき呼ばわりしてごめんな)。

で、新しい形式のTOEICの呼称ですが、このブログでは、TOEIC16(略称16)と呼ぶことにします(2016年に導入されるので)。それに合わせて2006年導入の現行TOEICをTOEIC06(略称06)、1979年から始まった初代TOEICをTOEIC79(略称79)とします。

今回の06から16へのバージョンアップは、前回の79から06への変更と較べ、小幅です。以下、主な変更点です。

1. パートごとの問題数が変わる
リスニング
パート1 10問→6問(4減)
パート2 30問→25問(5減)
パート3 30問→39問(9増)
パート4 30問のまま(変更なし)
リーディング
パート5 40問→30問(10減)
パート6 12問→16問(4増)
パート7 48問→54問(6増)

2. 今までなかったタイプの問題がパート3, 4, 6, 7に加わる。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
http://www.toeic.or.jp/library/new/info/img/i025/Examples_of_New_Item_Types_on_the_TOEIC_Test.pdf

新形式の問題は以下の5種類。
2-1. 発話の一部分を取り上げ、発せられた文脈中での意味を問う問題がパート3&4に加わる(上記リンク先PDFの5ページのQ8と7ページのQ14のような問題)。

2-2. 表を使った問題がパート3&4に加わる(上記リンク先PDFの6ページのQ12と8ページのQ18のような問題)。音声を聞いて、表を見て、答えを選ぶ。

2-3. 一文(フルセンテンス)を選ぶ問題がパート6に加わる(上記リンク先PDFの9ページのQ134のような問題)。

2-4. 文書中に出てくるフレーズ/センテンスがどういう意味で使われているか問う問題がパート7に加わる(上記リンク先PDFの10ページのQ148のような問題)。

2-5. ある文が文書中のどこに入るか適切な場所を見極める問題がパート7に加わる(上記リンク先PDFの11ページのQ152のような問題)。

3.パート3で今までなかったタイプの会話が使われる。
3人の会話(上記リンク先PDFの5ページ)とターンが多い(1回の発話量が少なく話者が変わる会話)(上記リンク先PDFの5ページ)。

4. パート7で今までなかったタイプの文書が使われる。
chain text(チャットやオンラインフォーラムなど)(上記リンク先PDFの10ページ)とトリプルパッセージ(上記リンク先PDFの12-13ページ)。

以上です。新形式の割合ですが、パート3&4で10問、パート6で4問、パート7で3~5問なので、全体で1割弱です。残りの9割は現行形式のままです。また、パート3の会話13のうち、4つが新形式(3人の会話およびターンの多い会話)になります。パート7は、chain textが2つ、トリプルパッセージが3つです。現行の問題形式の中で、なくなるものはありません。つまり現行TOEICに則した学習は、そのまま16でも役立ちます。

79から06へのアップグレードに較べて、今回の変更は小幅です。前回はパート3で1つの会話に対して設問が1つだったのが3つになったり、パート4でひとつのトークに対しての設問数が2~3だったのが、3に固定されたり、パート6の間違え探し問題がなくなり、代わりに長文穴埋め問題が入ったりと、テストの基幹に関わる部分が変わりましたが、06から16へのアップグレードでは、そのような変更はありません。9割はそのままで、新たに1割程度今までにない問題が加わる程度です。

まあ、解きやすいパート1, 2, 5の問題数が減って、その分、難しめの3, 6, 7の問題数が増え、新たに加わる問題は現行の問題より難しいので、全体の難易度は確実に上がります。リーディングは、今でも時間内に100問解き終えられない受験者がかなりいますが、終わらない人がさらに増えるでしょう(私自身もいつもぎりぎりなので、急いで解くようにしないと終わらないかもしれない)。ただ、スコアが下がるかというと、それは別問題です。例えば、06で200問中136問、正解を得て、650点を取得した人がいるとします。その人が16を受けた場合、難易度違うので同じ数の正解数は得られないと思います。例えば136問から126問に減ってしまうとします。それでもスコアは650点が出ることになっています。英語力(リスニング力とリーディング力)が同じであれば、同じスコアが出るということをTOEICの作成元であるETSは主張しています。もし仮に英語力が落ちたわけではないのに、16になってあなたのスコアが急に下がってしまったら、それはあなたのせいではありません。同じ基準で測れないテストが悪い。来年5月に16が始まったら、「よう、新人君、おれの英語力、ちゃんと測れる?」という感じで、テストの出来をテストするつもりで受けてみましょう。

詰るところ、TOEICはリスニング力とリーディング力を測る英語の試験です。あなたのリスニング力とリーディング力に応じたスコアが算出されます。よって、多少問題形式が変わったとしても、どうってことはありません。「今までしてきた学習の積み重ねがあれば、たとえ問題形式が変わっても、どうってことないぜ。まるで気にしない。君(=TOEIC)が僕を知ってる」という歌を忌野清志郎さんも歌っていました。ん?ちょっと違うかな?うろ覚えですみません。YouTubeで確認してみましょう。



まあ大体あってるか。という訳で、問題形式が変わっても、心配することはありません。大丈夫です。

次の話題に移ります。私の好きなブログ、「肉欲企画。」が終わってしまいました。

肉欲企画。

タイトルからして読者を選ぶ感じで、万人受けするブログではありませんが、私は大好きで、文学作品として読んでいました。私が読み始めた9年ほど前は、よく「肉欲ラジオ」というネットラジオの放送をやっていました。「ねとらじ」で放送して、「したらば」に掲示板を建て、リスナーのコメントに答えていくという形式の番組でした。私はそこからヒントを得て、2008年1月にTOEIC Blitz Radio (TBR)を始めました。今では、TOEICの後に1人で細々とやっているだけですが、4、5 年前までは毎回、たくさんのゲストの方をお招きして、かなり力を入れてやっていました。当時のTOEICコミュニティーを盛り上げるのにいくらか貢献できたのではないかと自負しています。それもみな、「肉欲企画。」のおかげです。

肉さん、ありがとうございました。ここに改めて厚く御礼申し上げます。


以下宣伝です。

池袋のエッセンスイングリッシュスクールで12月、1月、2月、4月、5月の第1金曜日の午後7時から9時半に「パート5特急」を使ったセミナーを行います。各回2時間半でパート5の問題を80問解きます。

神崎正哉の金曜集中セミナー

新刊のお知らせ
『神崎正哉の はじめての新TOEIC TEST完全総合対策:解説DVD付』


4年前に出した初心者向け学習書にDVDを付けました。動画で各パートの問題形式と解き方のコツを説明しています。本体の内容は同じです。

blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
肉さん止めちゃうんですね
特急シリーズのFBでリンクされてたので、久しぶりに来ました。
肉欲ラジオは、一回だけ聞いたことがあります。女性リスナーからスカイプがかかってきてて、グイグイ行ってた印象があります。
2015/11/08(Sun) 18:28:32 | URL | 三羽四郎二郎 #-[ 編集]
Re: 肉さん止めちゃうんですね
> 三羽さん

お久しぶりです。メッセージ、ありがとうございます。そうなんですよ、終わっちゃったんですよ。感慨深いものがあります。
2015/11/08(Sun) 22:21:11 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.