TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
お知らせ各種


『パート5特急』サポートページの誤植情報を更新しました。

追加分は以下の通りです。
p. 53、#46、解説1行目
誤 (A)を使って
正 (B)を使って

p. 180、#231、解説1行目
誤 (C) If を使うと
正 (A) If を使うと

p. 200、#258、解説1行目
誤 (C) where を使うと
正 (D) where を使うと

セミナーのお知らせです。『パート5特急』の問題を使ったセミナーを池袋のエッセンス イングリッシュ スクールで行います。

詳細はこちら

12月、1月、2月、4月、5月の第1金曜日に行います。時間は、各回、午後7時から午後9時半までの2時間半です。受講料は各回、5000円です(まとめて申し込むと割引になります)。
各回、パート5形式の問題を80問解き、解説をします(5回で400問終える予定です)。

第1回目の授業が12月4日(金)にあります。まだ席に余裕がありますので、よろしければどうぞ(現在、申込者6人)。

続いて、英文添削サービスのご案内です。

英文チェックサービス CheckPro

私と一緒にTOEICの本を作っているDaniel Warrinerが勤めている会社です。Danが英文をチェックするので、信頼できます。

以下、上記リンク先からの抜粋

「効果的なライティングは読み手を引き込み、メッセージをクリアに伝えることができます。
印刷物であってもインターネットであっても、高品質な文はコミュニケーションを成功に導きます。プロのリライターとプルーフリーダーが文書の詳細までチェックし、添削することで自然な流れの文書になります。
正しい言葉の選択をすることで、アイディアが明確、簡潔に表現でき、矛盾のない文書に仕上げ、読み手に強く印象づけることができるでしょう。
プロのリライターとプルーフリーダーによるチェックプロを利用すればあなたの忙しい時間をセーブし、あなたのアイディアを磨き上げ、読み手に適切に理解させることができます。
20年間にわたって様々な業界の企業様を支えてきた実績をもとに、企業広報物から論文要旨、技術マニュアルまで私たちエキスパートがあなたの文書をより効果的なものに仕上げます。」

自分の書いた英文を添削してもらう必要がある方はこのようなサービスを利用するのもひとつの方法です。


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.