TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
発音でリスニング攻略
発音でリスニング攻略

今日、千葉県柏市で行われた

手賀沼エコマラソンに参加しました。

ハーフマラソンなので約21.1キロ。

今回で3回目です。

初挑戦の一昨年は1時間42分。

2回目の昨年は1時間31分。

今回は1時間52分でした。

今年は練習をあまりせずに参加したので

14キロ過ぎから足が痛くなり

思うように走れなくなってしまいました。

しっかり練習しておかないと

本番でボロボロになりますね。

その点はTOEICも同じ。

11月または1月のテストに向けて、

皆さん、準備を着実に進めていますか?

日々の地道な努力が本番で物を言います。

がんばってくださいね。

リスニング力を強化したい方へお薦め学習書

「闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する」



発音の練習を通してリスニングを伸ばすという発想は素晴らしい!

この方法で練習すればリスニングは伸びる!

ちなみに「闘耳」の「闘」はTOEICの「TOE(トー)」。

TOEICで役立つ耳作りの本。

以下、アマゾンの紹介記事抜粋

【ベストセラー『英語耳』の著者によるTOEICリスニング対策書の決定版】

本書の目標は、TOEICのリスニングで高得点を取ることです。

必要な時間は1日15~30分程度、数カ月の学習でTOEICリスニングのハイスコアを目指します。

英語には43個の音がありますが、日本語に出てくるのと同じ音は数個しかありません。

知っている単語ばかりの英語でさえうまく聞き取れないのはこのためです。

自分の知らない音は、聞き取れないのです。

そこで本書では、まず最初に英語の発音を練習します。

1枚目のCDに収録された「発音バイエル」で、毎日10分・1カ月程度、スポーツの基礎練習のように繰り返し練習してください。

すると、英語の音がかなりクリアに耳に入るようになってくるのが実感できます。

2枚目のCDには、著者の提唱する音読練習メソッド「Parrot's Law」に準拠した練習音声が収録されています。

これを使って繰り返し音読やシャドウイングすることで、より実践的な発音とリスニング力が身につきます。

音読素材にはTOEIC形式の英文を使用しているので、TOEICにも慣れることができて一石二鳥です。

そして、本番形式のTOEICリスニング実戦問題も2回分収録しています。

もちろん、2006年5月からはじまる新TOEICに完全対応です。新TOEICでは、アメリカ英語に加えて、イギリス、カナダ、オーストラリア英語の発音が使われるのですが、本書の実戦問題もこの形式です。

しかも、解答ページにはどの国のナレーターが発音しているかを明記してあるので、それぞれの国の発音を意識して練習することが可能です。

現在の英語力はまったく問いません。

発音は初級のうちにやっておくとその後の英語学習の効率がよくなります。

また中上級者で伸び悩んでいる人にも絶大な効果があります。すべての英語学習者に、自信を持っておすすめできる1冊です。


いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/05(Sun) 20:54:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.