TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
英語学習の基本
英語学習の基本

英語を使えるようになりたければ

英語を使う。

英語を話せるようになりたければ

話す。

英語を聞けるようになりたければ

聞く。

英語を読めるようになりたければ

読む。

英語を書けるようになりたければ

書く。

話さなければスピーキングは伸びない。

聞かなければリスニングは伸びない。

読まなければリーディングは伸びない。

書かなければライティングは伸びない。

Professor Paul Nation (Victoria University, New Zealand)

はそれを the time-on-task principle と呼ぶ。

The basis of a commonsense approach to opportunities for learning is the time-on-task principle. How can you learn to do something if you don’t do that during learning? How can you learn to read if you don’t do reading? How can you learn to write without writing? The time-on-task principle simply says that the more time you spend doing something, the better you are likely to be at doing it. (The four strands, Nation, forthcoming)

paul_nation.jpg

Professor Paul Nation, my hero

というわけで、とにかく「やる」ということです。

英語を聞く、話す、読む、書く。

これが基本。

例えば今、人気急上昇中の

「デビッド・バーカーの英語と仲直りブログ」

へ行く。

英語の記事とコメントを読むと

リーディングの練習になる。

音声を聞くと

リスニングの練習になる。

英語でコメントを残すと

ライティングの練習になる。




「あれっ、スピーキングは?」

Uh… Go to Berlitz.







もしよろしければクリックしていただけますでしょうか。 
   ↓
人気blogランキング



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/29(Sun) 20:35:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.