TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
TOEIC直前アドバイス―リーディング編
TOEIC直前アドバイス―リーディング編

今日はリーディング編をお届けします。

リーディング・セクションはスピードが決め手。

75分で100問を解くにはかなり急ぐ必要があります。

Part V 文法・語彙問題(穴埋め)

文章に空欄がある。

選択肢が4つある。

空欄を埋めるのに適切なものを選ぶ。

全部で40問。

語彙力と文法力が試される。

重要なのは早く解くこと。

1問30秒が鉄則。

10問終わるごとに時計を見て、ペースを確認。

知らなければ解けない問題がある。

知らなければいくら時間を使っても無駄。

分からない問題があったら、

とりあえず、選択肢をひとつずつ空欄に入れて読んでみる。

よさそうなものを選ぶ。

そして、素早く次の問題に移る。

Part VI 誤文訂正問題(間違い探し)

文章がある。

4箇所に下線が引いてある。

そのうちのひとつが間違っている。

それを選ぶ。

全部で20問。

1問30秒で解く。

難しいパート。

なかなか間違いが見つからない。

そんなときは、以下のポイントをチェック。

主語と動詞の関係。

動詞の後ろ。

修飾の関係。

意味。

可算名詞、不可算名詞、冠詞。

不必要に時間を使わないように注意。

Part VII 読解問題

英文がある。

質問が2~4問ある。

答えは4つの選択肢から選ぶ。

英文の数は14~16。

質問は合計40問。

1問平均1分で解く。

早く解くコツ:

答えを出すのに必要なところだけ読む。

そのためには質問を先に読む。

そして、答えとなる情報がありそうな部分だけじっくり読む。

関係なさそうな部分は読まない。

答えを選ぶときの注意:

言い換え表現が多く使われる。

スピード、さらにスピード、速く、ゆっくり急げ!

あまりあわてすぎるのも問題。

答えを塗り間違えたりするから。




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング






テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アマゾンのレビューで絶賛されておりましたので、2005年に買いました。僕にとっての英文法バイブル『English Grammar in Use』を日本語にしたような内容です。多少、はしょってるところもありますがテスト対策の文法本という性質上仕方ないでしょう。非常に簡潔でいい...
2008/01/20(日) 07:41:35 | TOEICを...
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.