TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
アマゾンのカスタマーレビューに対する返答
アマゾンのカスタマーレビューに対する返答

アマゾンでウルトラ語彙力主義に対して

以下の書評をいただきました。

今日は書評を書いてくださったテルコ!様への

メッセージです。

<ここからアマゾンからの抜粋>

4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

タイトル負け!, 2007/10/4

By テルコ!

これまでのレビューで絶賛されていたので,私も買いましたが、

全然でした。

これでTOEICに必要な語彙は全部みにつくわけはなく、

せいぜい20%くらいでしょうか。

こんな小手先の勉強をするくらいなら、

河上の「TOEICテストにでる順英単語―これだけ覚えれば860点突破!」の

方が絶対にいいと思います。

最近のTOEICの本はタイトルだけで勝負する傾向があるので、

しっかりとチェックして購入する必要がありますね。

<アマゾンからの抜粋ここまで>


テルコ!様

「ウルトラ語彙力主義」をご購入いただきまして

ありがとうございます。

内容がご期待にそえなかったようで、とても残念です。

申し訳ございません。

このブログのコメント蘭に「管理者だけに表示を許可する」で

連絡先を残していただければ、「TOEICテスト新・最強トリプル模試2」

とお取替えするよう手配いたします。



いただいた書評の中で

「これでTOEICに必要な語彙は全部みにつくわけはなく」

というご指摘がありますが、まさにその通りです。

ウルトラ語彙力主義は本編が88ユニット、176ページの軽めの本で

例文に使った単語を全部計算に入れても、収録語数は約800語です。

実際のTOEICで使われる語数は10,000語前後です。

800語で10,000語をカバーするのは無理な話です。

「せいぜい20%くらいでしょうか」というご意見、

ありがとうございます。

これはお褒めのお言葉として受け止めています。

実際のTOEICの8%の語数で

必要な語彙の20%がカバーできたら

TOEIC語彙の本としてかなり優秀だと思います。

TOEIC語彙の本の中には

「ウルトラ語彙力主義」の10倍の収録語数で

TOEICに必要な語彙を10%もカバーできていないものが

たくさんあります。

また、この本の学習手法を「小手先の勉強」と評しておられますが

それも的を射ています。

これはTOEICの点を伸ばすための本で

総合的な英語力を伸ばすことを目的としていません。

そういった意味で「小手先」です。

「小手先」でない英語学習を目指すのであれば、

タイトルにTOEICと入っている書籍は避けた方がいいでしょう。

英語をたくさん聞く、たくさん読むというトレーニングを積むことを

お勧めします。

ただそれは時間のかかることで、限られた時間内に

なんとかTOEICスコアを伸ばしたいという方には不向きです。

この本は忙しくて英語学習に割ける時間が限られている方が

TOEICスコアを最小限の努力で最大限に伸ばせるよう

思考を凝らしました。

例えば27ページをご覧ください。

They're looking in the same --------.

(A) director

(B) direction

(C) directory

(D) directly

(同じ方向を見ている2人の女性の写真)

これはパート1によく出る単語を扱ったユニットです。

パート1で出る in the same direction

を覚えてもらうのが焦点です。

同時に穴埋めの4択問題で、選択肢に

director direction directory directly

と派生語を並べてあります。

これはパート5で頻出の

品詞問題になれてもらうためです。

さらに、次のような解説と例文が付いています。

<ここから抜粋>

directionには「指示、道案内、使用説明」という意味もあります。

この意味で使われる場合は複数形のdirectionsになるのが普通です。

Be sure to read the directions carefully before using this equipment.

この機器を使う前に必ず取扱説明書をよく読んでください。

<抜粋ここまで>


この例文の焦点は directions です。

しかし、それ以外にもTOEICで点に直接つながる

要素がたくさん含まれています。

例えば

Be sure to +不定詞 パート5&6で頻出です。

carefully パート5&6の品詞の問題でよく見かけます。

before using this equipment 

beforeは前置詞にも接続詞にもなり、

後ろは-ing形でも節(主語+動詞)でもよい

というルール、パート5&6で頻出です。

このように、語彙を核として、スコアアップに

つながる情報をできる限り盛り込む努力をしました。

それが「ウルトラ語彙力主義」の「ウルトラ」たる所以です。

私は「タイトル負け」はしていないという自信はあります。

「最近のTOEICの本はタイトルだけで勝負する傾向があるので、

しっかりとチェックして購入する必要がありますね。」

というご意見、まさに同感です。

「TOEICの頻出単語を集めた」と謳っている書籍で

TOEICで見かけたことのない単語ばかりの本が結構あります。

収録語数は多いが、TOEICでほとんどでない、

またはスコアに結びつかない

単語ばかり集めた本より

語彙数は少ないが、全てTOEICの頻出語句で、

スコアアップに直結する本

を使った方が効率の良い学習ができます。

「ウルトラ語彙力主義」はTOEICでよく見かける語句のみを

集めたものです。

本来なら効率よく学習できるはずですが、

テルコ!様はご自身の語彙力が

この本が想定している読者より、

高すぎるのではないでしょうか。

この本は現在のTOEICスコアが400~600点で

650~730点を目標に学習している方を想定しています。

テルコ!様はかなりTOIECに詳しいという印象を受けました。

「ウルトラ語彙力主義の収録語彙が

TOEICで必要な単語の20%をカバーしている」

というご判断ができるからです。

おそらく950点以上のスコアをお持ちの上級者ではないでしょうか。

それですとレベル的に不具合が生じるのも致し方ないことです。

もしこの記事をご覧になったら、ご連絡いただきたく存じます。

どうぞよろしくお願致します。

神崎正哉


ランキング表紹介文出典:

The Beatles, Across the Universe
 
   ↓
人気blogランキング





テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/05(Fri) 05:53:07 | | #[ 編集]
語彙力について
先日コメントを頂いた者です。
都会の大きな本屋に行ける機会がなく、実はまだ先生の本を拝見出来ておりません。

最近、先生の仰る、TOEICで出る語彙は限られる、という意味が実感できてきました。complimentaryなどは、本当に毎回出るのですね。

近々、リーディング対策の本を出されるのでしょうか?期待しております。
2007/10/06(Sat) 00:58:58 | URL | hiro #-[ 編集]
hiroさま

コメント、ありがとうございます。

そうなんですよ、TOEICって決まった語句が毎回繰り返して出るんですよ。

ウルトラ語彙力主義では、そういう語句を集めました。

はい、リーディング本、11月に出ます。

「新TOEICテスト速読・読解7つのルール」というタイトルで、朝日出版から出ます。

どうぞよろしくお願いいたします。

神崎正哉
2007/10/07(Sun) 00:03:22 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.