TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
TOEICボキャビルの決定版!!!
TOEICボキャビルの決定版!!!

「TOEIC TEST 速読・最頻出英単語1000」





昨日に引き続き、私の本の宣伝をさせてください。

「TOEIC TEST 速読・最頻出英単語1000」(高橋書店)

はTOEICに照準を合わせた語彙学習の本です。

TOEICでよく出る語句を網羅するだけではなく

「使える語彙力」が身に付く構成になっています。

著者

私の同僚 Bradley Towle と一緒に作りました。

彼はテキサス出身のアメリカ人です。

エッセンス イングリッシュ スクールでTOEICコースを教えています。

TOEICの受験回数は執筆当時で13回でした。

英語のネイティブスピーカーでそれだけTOEICを受けている人は滅多にいません。

TOEICを知り尽くしているアメリカ人が英文を書きました。

構成

全部で50ユニットあります。

5つのカテゴリーに分けられています。

各ユニット、120語前後の文章で始まります。

TOEICでよくあるタイプの設定の広告、会話、説明文などです。

その中に20語のTOEIC頻出語句が含まれています。

そのユニットの学習ターゲットとなる語句です。

文章中では太字になっています。

それらの語句をまずは文章の中で読みます。

4-471-27412-0_N_1.jpg


上の画像をクリックすると大きくなります。

文章の中で新しい語句に出会うことで

「ああ、この語はこういう文脈でこういう風に使われるんだな。」

ということが分かります。

それが「使える語彙力」につながります。

また、文章を読むとその内容は印象に良く残るものです。

それにからめて新しく覚えた語句を記憶に定着させることができます。

出る順タイプの単語集は文脈なしでいきなり単語です。

それでは語句の使い方も分からないし、すぐに忘れます。

出る順に覚えるのは一見、効率がよさそうですが

実際は時間の無駄です。

「文章の中で覚える」

それが実は一番効果的な語彙習得方です。

文章から入るのには抵抗がある人もいるかもしれません。

でも、そんなことでひるんでいるようでは英語力は伸びません。

TOEICの点も上がりません。

TOEICの点を伸ばしたいのであれば、それなりの努力は必要です。

「TOEIC TEST 速読・最頻出英単語1000」では

学習ターゲット語句の導入に使った文章で

「英語を英語の語順で理解する」トレーニングもできるようになっています。

文章にスラッシュが入っています。

それが意味の区切りです。

意味の固まりごとに前から順番に情報を処理する。

それが英文を速く読むために必要です。

「速読トレーニング用和訳」と題して、英語の語順のままの日本語訳が付いています。

「英語だとこういう語順になるんだ。」

ということがよく分かるはずです。

英語の回路を頭の中に作る良い助けになります。

参考として「自然な和訳」も付けました。

「導入の英文」、「速読トレーニング用和訳」、「自然な和訳」で1ページです。

続く3ページで20の学習ターゲット語句の解説をしています。

4-471-27412-0_N_2.jpg


上の画像をクリックすると大きくなります。


派生語、同義語、反意語、類語などを多く載せました。

これらはTOEICで即、得点に結びつきます。

派生語はPart VとPart VIの品詞が鍵となる問題で、

同義語、反意語、類語はPart III, IV, VIIでよく使われる

言い換え表現で役立ちます。

また例文や用例フレーズはTOEICで出題されたもの

をできるだけ多く取り入れました。

TOEICは同じ問題が出題されることがよくあります。

この本の例文や用例を覚えていると、実際のTOEICで

そのまま出るかもしれませんよ。

赤チェックシート

この本には赤チェックシートが付いています。

「速読トレーニング用和訳」中の学習ターゲット語句の訳と

解説ページ中の日本語訳は赤く印刷されています。

赤チェックシートを使って、それらの語句を覚えられたか

確認することができます。

新しく覚えた語句を記憶に定着させるためには

反復練習も欠かせません。

覚えたことを再度、思い出す。

この「思い出し訓練」が語彙力アップの秘訣です。

がんばって下さい。

TOEICは語彙力で決まる




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング







テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.