TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
音読のすすめ
音読のすすめ

「英語ができるようになりたい」と思っている人

音読をしましょう。

英語を声に出して読む。

それが英語力を付ける秘訣です。

音読にはやさしめの英文。

意味が100%理解できるものを使う。

例えば中学校の英語の教科書。

音声付ならなお良い。

音声をまず聞いて、それから真似して声に出す。

同じ文を何度も何度も。

繰り返し、繰り返し。

100回も読めば暗記しようとしなくても覚えてしまう。

そして英語の音が骨身にしみ込む。

英語の文のパターンが骨身にしみ込む。

構文の直感力が付く。

理屈ではなく、体で覚える。

そうやって覚えた英語は忘れない。

必要なときにぽっと出てくる。

「同時通訳の神様」として知られる国弘正雄氏も

音読で英語を身に付けたそうです。

私は学生時代、NHKラジオの「英会話」を聞いていました。

その当時、番組を担当していたのは大杉正明先生で

彼自身も学生時代、NHKラジオの「英会話」を聞いていたそうです。

「番組をテープに録音して、

聞いて聞えたとおりに声に出して繰り返す練習をした。」

と言っていたので、私もそれを真似しました。

24歳でロンドンに行ったときに日常生活に必要な会話ができたのは

「聞いて声に出す」練習をしたおかげです。

皆さんも試してみてください。






いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング







テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「ボクは英語を習うと決めた、yeah」 英語を勉強しなおそうと思ったキッカケは、2,3年前に一人で行った東京都庁。上の展望台でたそがれていたら、明らかに高校生ぐらいの子が英語でスラスラと一緒に来ている友人に説明をしている。「年下なのに、東京は英語がスラ...
2005/12/22(木) 15:23:41 | ココでこうして、キミをマツン。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.