TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
TOEIC Part III Short Conversations 会話問題
TOEIC Part III Short Conversations 会話問題

Part III は会話問題。

短い会話を聞く。

話者は2人。

話者1と話者2。

話者1が何か言う。

話者2がそれに答える。

話者1がまた喋る。

というパターン。

1.5往復の会話。

その会話についての質問がある。

答えは4つの選択肢から選ぶ。

質問と選択肢は問題用紙に印刷されている。

英語で書かれている。

それを読まなくてはならない。

だからリーデングの力も大事。

難しいパート。

このあたりから疲れが出てくる。

集中力が切れてくる。

踏ん張りどころ。

コツは会話を聞く前に質問を読むこと。

何が問われるか分かった状態で会話を聞く。

そうしないと会話のどの部分が質問の対象になるか分からない。

よって、会話全体を覚えておかなければならない。

それは大変。

何が問われるか分かった状態で聞けば

答えとなる情報に集中できる。

そこだけ覚える。

そこに焦点を絞って聞く。

また、質問を先に読むことで

これから聞く会話の内容をある程度予想できる。

例えば

Why did the woman miss the training session?

という質問から

「 training session が話題にのぼるぞ。」

「職場での会話だろう。」

「話者は男性と女性だろう。」

「女性は training session に行けなかったんだな。」

「彼女はその理由を説明するぞ。」

というようなことが頭に浮かぶ。

会話を聞く前に心の準備ができる。

そうすると会話を理解しやすくなる。

選択肢は無理して読まなくても良い。

短いものなら読んでもいいが、長めのものは時間が足りない。

あわてて読むと勘違いする。

混乱する。

実際の試験での注意:

深追いしない。

聞き取れなくて答えを選べないとき、その問題はあきらめる。

そして気持ちを切り替え、次の問題に集中する。

分からない問題に固執してしまうと、選びかねているうちに

次の会話が始まってしまう。

それに集中できず、また聞き逃す。

また答えを選べない。

「どうしよう。困った。」

パニック。

また聞き逃す。

また選べない。

悪循環に陥る。

あきらめも肝心。

完ぺき主義はよくない。

多少、できない問題があってもしょうがない。

軽い気持ちで挑もう。

今日のまとめ:会話を聞く前に質問を読む




いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング






テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
ああ、経験ありますわ~~
正哉さん、お久しぶりですe-320
深追いしない、って大事ですよね。
ついつい一つの問題に固執するあまりドツボに嵌る、これってよくあるパターンなんですよねぇ・・・
ネイティブの友人が一瞬聞き逃して「あれ?」と思っているうちにあれよあれよという間に2、3問落としてしまったと言っていました。
時には諦めも肝心、そう思いますe-287
2005/12/10(Sat) 20:34:20 | URL | ゆみ #mig06/e.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.