TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
英語の音をマスターする
TOEICは他の英語の検定試験に比べ、リスニングの比重が高いので、スコアを伸ばすためにはリスニング力を付けなければなりません。

リスニングの鍵となる英語の音の特徴に関して、次の3つのポイントをまとめました。

1.英語は強弱の差が大きい

2.英語は音がつながる

3.英語はほとんど聞こえなくなる音がある

理論編とトレーニング編の2部構成になっています。

それぞれ、テキストと音声ファイルを用意しました。

音声ファイルは理論編が約24分、トレーニング編が約52分です。



理論編

テキスト: http://toeicblog.web.fc2.com/sound.doc


音声レッスン: http://toeicblog.web.fc2.com/sound.mp3

音声を聞くにはiTunesなどのMP3に対応したプレーヤー(ソフトウエア)が必要です。

iTunes フリーダウンロードページ

音声レッスンのリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」(音声ファイルが保存されます)、またはリンクをコピーしてブラウザのアドレスボックスに貼り付けてアクセス(音声ファイルは保存されません)してください。


トレーニング編

テキスト: http://toeicblog.web.fc2.com/sound_training.doc


音声レッスン: http://toeicblog.web.fc2.com/sound_training.mp3


この音声レッスンを活用して、英語の音のパターンをマスターしてください。


富士



人気blogランキング
////
人気ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです。


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
このトレーニングもテキストも本当に役にたちそうです。
これからも期待してます!
2008/04/11(Fri) 00:48:17 | URL | バードメン #-[ 編集]
バードメンさん

うれしいコメント、ありがとうございます!

このような音声付レッスン、これからも増やしていきます。

引き続き、ご支援よろしくお願いします。

神崎正哉


2008/04/12(Sat) 13:09:45 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/21(Sat) 17:47:20 | | #[ 編集]
Re: 速聴について
> ここ最近、先生のサイトを見だしました。
>
> 「正解」一直線も買いました。すごく分かりやすいです。200点上がりそうです(^ ^)
>
>
> 早速ですが先生に質問があります。
>
> リスニング練習関連で、実際のスピードの1.5倍、2倍の速度で聞くCDを書店で目にしました。ですがそれは購入せず、試しに今まで買った参考書のリスニング文章をスピード再生して聞いています。
>
> 確かに、1.5倍の速度で聞いたあと実際に模試などをやってみるとゆっくりに感じるのですが、これはリスニング練習として効果的だと言えるのでしょうか?
>
> ちなみに、私のTOEICスコアは830前後です。リスニングは440辺りです。
>
>
> あと、場所が分からずここで質問したのですが、ここで宜しかったでしょうか?もし他のコーナーが好ましければそれも教えていただければ幸いです。

>treasure-all-meetings さん

コメント、ありがとうございます。正解一直線を使ってくださっているんですね。感謝いたします。わかりやすいと言っていただけて、とてもうれしいです。スコアも200点くらい伸びますよ。と言っても、もう既に830点前後ということなので200点アップはないですね。

質問の場所はここで結構ですが、「管理者だけに表示を許可する」にはチェックなしで送信していただけると他の方も見ることができるので有益です。

さて、ご質問の1.5倍速に関してですが、私自身は試したことがないのでなんとも言えません。
ご自身で普通のスピードのものがゆっくり感じられるのであれば、効果があったのではないでしょうか。
負荷をかけたトレーニングになっているということだと思います。
効果を実感できるのであれば続けるのがいいと思います。がんばってくださいね。

2009/02/22(Sun) 20:32:29 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.