TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「ウルトラ語彙力主義」音声レッスン Unit 1-10
音声ファイルのダウンロード方法
Windowsの場合は右クリックで「対象をファイルに保存」、Macの場合は、「Control +クリック」(または長押し)して、「リンク先のファイルをダウンロード」または「リンクをディスクにダウンロード」を選択してください。 ただクリックするだけではダウンロードできません(エラーメッセージが出ます)。


Unit 1

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo01.mp3

Unit 1の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_1.doc

Unit 2

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo02.mp3

Unit 2の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_2.doc

Unit 3

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo03.mp3

Unit 3の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_3.doc

Unit 4

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo04.mp3

Unit 4の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_4.doc

Unit 5

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo05.mp3

Unit 5の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_5.doc

Unit 6

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo06.mp3

Unit 6の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_6.doc

Unit 7

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo07.mp3

Unit 7の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_7.doc

Unit 8

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo08.mp3

Unit 8の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_8.doc

Unit 9

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo09.mp3

Unit 9の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_9.doc

Unit 10

http://toeicblog.web.fc2.com/ugo10.mp3

Unit 10の確認テストはこちらhttp://toeicblog.web.fc2.com/unit_10.doc

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
make a quick phone call の和訳
前略、ウーゴをかなり細かく学習させていただいています。私にとっての新発見がたくさんあり、神崎先生に感謝しています。そのひとつですが、Unit59で、神崎先生が、「make a quick phone callなので、ちょっとした軽い短い電話というような意味になります」と話しておられます。私はquickは「機敏な、迅速な」と覚えていたので、make a quick phone callも、「すぐに・迅速に・急いで電話をする(すぐに電話をして長く話すかもしれない)」という意味だと思っていました。ネット辞書のケンブリッジとロングマンを調べると、「happening or done with great speed, or lasting only a short time」と書いてあって、納得しました。しかし、英和辞書のジーニアスには、「短時間の、瞬時になされる」という記述があることはありますが、ちょっと触れてあるだけで用例が載っておらず、slowの反意語としての「速い」意味を重視しています。アルクのWEB英辞郎も、迅速な、速い、短気な、という意味です。これまで私は、Could I have a quick word?の意味も、「すぐにお話したいことがあるのですが」と理解していました。「少しだけお話できますか?」という意味が正しいのだと、今は理解しました。でも、I had a quick meal.は「大急ぎで食事をした」=「短い時間の食事をとった」と同じ意味になるのですよね。大急ぎで食事をとって長い時間食べてるわけがないですから・・・・・でも電話は、すぐ電話して、結果長話になることはよくあるので、quickを「迅速な」と訳すか「短時間の」と訳すかでは意味が違ってきます。おそらく「すぐに電話をする」は、make a immediate phone callなのだろうと思います。
2009/02/28(Sat) 05:03:25 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

ウーゴを丁寧にお使いいただき、ありがとうございます。
quickの使い方、面白いですね。

I have a quick question. なんて言い方もします。
「すぐに答えられる簡単な質問=質問自体が短い」というような意味です。

「彼にすぐに電話をした」だと
I phoned him immediately. くらいな感じでしょうか。

ちなみに make a quick decision. = make a decision quickly になります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009/03/02(Mon) 21:53:29 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
wantの過去形の意味
神崎先生のこのサイトにいつも元気づけられています。ありがとうございます。かねてからずっと疑問に思いつつ、なんとなくそのままにしている初歩的な質問があるのです。お教えいただければとてもうれしいです。I wanted to be a doctor.と言った場合、"I"は現在医者ではなく、「医者になりたかったがなれなかった」意味である、という説明を受けた記憶があります。現在医者である人が、使う表現ではないということでした。wanted to do は、現在実現されていない過去の願望を言う時の表現なのでしょうか。"I wanted to be a doctor. I studied hard and I'm a doctor now."という表現はまちがっているのでしょうか。
2009/05/06(Wed) 04:43:31 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。ご質問の I wanted to be a doctor. ですが、その人が実際、医者になれたかどうかは、文脈によります。

I wanted to be a doctor, but ...

とのようになっていれば、「なりたかったんだけど(何か問題等があり)なれなかった」という流れになることが多いでしょう。

I wanted to be a doctor, so ...

と続けば、なれた可能性も出てきます。「医者になりたかったので、これこれこういうことをやって、最終的になれた」という展開も十分可能です。例えば

I always wanted to be a doctor since I was a child, so I studied hard and went to a medical school. I was qualified in 1998 and I've been working as a doctor since then.

というのもありです。なので、I wanted to be a doctorは、必ずしも「医者になりたかったがなれなかった」という意味ではありません。
以下、ネットで見つけたI wanted to be a ...で実際になれた例を挙げます。


(From http://abpi-careers.org.uk/career-profiles/occupational-health)
Q: What qualifications and experience did you have when you entered the industry?

A: I wanted to be a nurse so I took A-levels that allowed me to pursue nursing. I trained as a registered general nurse at the Royal Free Hospital in London. All occupational health advisors have nursing qualifications and in addition have an occupational health qualification. The pharmaceutical company that I work for sponsored me through my qualification.

(From http://www.uel.ac.uk/education/about/casestudies.htm)
Daniel Whiley (25), of Stratford, successfully completed his Postgraduate Certificate in Primary Education in 2007 and was awarded the Jonathan Swann Prize for Primary Teaching. Daniel said, “I always knew that I wanted to be a teacher, so it feels fantastic to have finally made it."

2009/05/06(Wed) 09:27:16 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
wanted to doの件、ありがとうございました
神崎先生、お教えくださりありがとうございます。私も、"I wanted to be a doctor."だけでは、現在の"I"が医者であるか否かは断定できないと思いますし、思っていました。この疑問は、8年前に4週間だけカナダに語学留学した時に生じたものです。私は熟年で学生さんと同じクラス(Upper Intermediateレベル)で学習し、それ自体はとても楽しかったのですが、時制の授業で、"Tom wanted to be a doctor."という文章について、オランダ系カナダ人の教師から"Is he a doctor now?"という質問がありました。私は「どちらも有り得る」と答えましたが、他の韓国人の学生さん達が"He isn't a doctor now."と答えたので、私が、なぜそう断定できるのか、と質問したところ、「このレベルでそんな基本的な質問をするの?」といった雰囲気で、それ以上突っ込めませんでした。教師も、当然知っているべきだ、という反応でした。(その教師は、数年にわたって韓国で英語を教えた経験がある方でした。)私は、その授業のレベルが高すぎて自分には難しいと感じたわけではありません。むしろ私より話せない生徒も多くいました。しかし、基本的な単語の使い方や文法について、あらためて認識しなおすことや発見することが多く、この"wanted to do"も、そのひとつでしたが、私はずっと???がありました。もしかしたら、8年前にカナダに行った時の私の英語力が足りなかったので、その時の教師の質問の意味を正しく理解することができず、誤解したままだったのかもしれません。その後ずっともやもやしつつ、「両方有り得る」判断で来たのですが、今回、神崎先生にご回答いただきまして、すっきりしました。ありがとうございました。
2009/05/07(Thu) 02:47:48 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

お返事、ありがとうございます。そうでしたか、英語の授業でそういう議論があったんですね。

Tom wanted to be a doctor.

この文だけ見ると、確かに「でもならなかった/なれなかった」という雰囲気を醸し出していますね。おそらく使用頻度的にも「でもならなかった/なれなかった」のほうが「だからがんばった/~をした、そして(それに)なれた」より高いと思います。

ただ、仰るとおり、、"I wanted to be a doctor."だけでは、現在の"I"が医者であるか否かは断定できません。この文だけ見るとニュアンス的になれなかった感じを受けますが、文脈によってはなれた場合にも使えます。

ちなみに
I could have become a doctor.
だと、「なろうと思えばなれたけど、ならなかった」という意味になります。

似た表現にwas/were going to があります。
「やろうとしていたんだけど、やらなかった」という意味で、後ろにbutが続くことが多いです。例えば

He was going to take the TOEIC, but he changed his mind.

のような感じです。


2009/05/07(Thu) 12:37:19 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
助動詞+現在完了
神崎先生、ありがとうございます。神崎先生の奥深いコメントを拝見しまして私は再び混乱し、8年前の文法テキスト"AZAR Understanding and Using English Grammar" Third Edition をあちこちひっくり返しました。
結果、「<法助動詞(と辞書に書いてあります)+have+過去分詞>は、その内容ではなかった事実を示唆する場合もある」ことを理解しました。
「"Should have" gives "hindsight advice." "Could have" offers "hindsight possibilities."」と書いてあり、次のような例文が載っていました。
I failed my math class. という文に対して、
1. You should have talked to your teacher and gotten some help from her during the term. = It was important for you to talk to the teacher, but you didn't do it. You made a mistake.
2. You could have talked to your teacher. Or you could have asked Ann to help you with your math. = You had the chance to do this or that. It was possible for this or that to happen. You missed some good opportunities. 
3. "is/are supposed to do" は、expectationを表すのに使うが、"was/were supposed to do"はunfulfilled expectationを表す。たとえば、Class was supposed to begin at 10:00, but it didn't begin until 10:15.
4. "would have done" はunfulfilled wishに用いられ、たとえばI would have liked a cookie, but there were non in the house.
5. "was/were going to do" はunfulfilled intentionを表し、例文としてI was going to paint my room, but I didn't have time.
この、be going to doの過去形がunfulfilled intentionを表すことは私は知りませんでした。加えて、AZARによると、3~5は、実現されなかったことを表す場合のみに用いる、と解釈できるテーブルになっています。
これらを知りますと、状態が継続する意味を持つ動詞、たとえばwant, suppose, likeのような動詞の過去形 + (未来を表す)to doを含む文章は、もしかしたら、「そうではない結果」の意味合いが強いのかもしれない、と思い始めています。(あまり思い込まないようにしますけど)。
なんかすごくたくさん勉強した感じです。
2009/05/09(Sat) 04:14:26 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

調べてくださった情報を共有してくださり、ありがとうございます。とても勉強になります。

I wanted to be a ...について、今日もいろいろ考えていたんですが、実際、I wanted to be a ...を使う場面って、自分がなれなかったのも・ならなかったものの話をする場面が多いのではないでしょうか。

Q: Why did you become a doctor?
A: Because I wanted to be.

だと、面白くないというか、話が膨らまないですよね。


Q: Why did you become a doctor?
A: Well, I wanted to be a professional footballer when I was a child but I broke my leg and ...

のほうが、話として面白いというか、聞くほうに「へえ、そうなんだ、知らなかった」という驚きを与えます。

I wanted to be a doctor, so I became one, and now I'm a doctor.

だと、何も有益な新しい情報を与えていません。医者になりたかった人が医者になって、当たり前というか、聞いてるほうは「そうだろうね、あんた医者だもんね、それで、何?」という感じになります。

I really wanted be a doctorとかI always wanted be a doctorとか、何か特別な感情や思い入れを表す場合はいいんですが、それ以外のときは自分が今就いている職業に、過去になりたかったという話はあまりしないと思います。この辺は日本語でも同じではないでしょうか。
「私、お医者さんになりたかったんですよ」というのは、今、医師として働いている人より、医師ではない人(なれなかった・ならなかった人)が言うことのほうが圧倒的に多いと思います。


2009/05/09(Sat) 20:13:19 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
アクセスできません
ウーゴの音声ファイルをダウンロードしようとしたのですが、
「あなたには、このファイルにアクセスする権限がありません。」
と表示されてどの音声ファイルもダウンロードできませんでした
設定変更などをしていただけないでしょうか?
2009/06/01(Mon) 02:05:39 | URL | yy #-[ 編集]
>yyさん

ウーゴをお使いいただき、ありがとうございます。
音声ファイルのダウンロードですが、そのままクリックするとエラーメッセージが出てしまいます。以下の方法を試してみてください。
Windowsの場合は右クリックで「対象をファイルに保存」、Macの場合は、「Control +クリック」(または長押し)して、「リンク先のファイルをダウンロード」または「リンクをディスクにダウンロード」を選択してください。

どうぞよろしくお願いします。
2009/06/02(Tue) 16:21:27 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
used to do & use to do
The venerable teacher, Mr. Kanzaki, please release me from this puzzle.
I'm confused about past tense again.
"I used to smoke." means "I smoked in the past but I don't smoke now." We Japanese learn this usage of "used to do" in junior high school, and never learn to say "use to do".
Also the meanings of "use" as a verb are within in the range of utilize sth, work some parts of body, consume sth and treat sth/sb.
But one teacher said that "use to do" has the equal meaning of "used to do". It was the first time for me to hear this. It happened when I took a live lesson on the Internet.
I've been taking an on-line conversation group lesson because the most effective way for me to study English is speaking, and the company sets quite reasonable fee with teachers whose first language is English.
I sent the following message to the teacher.
[ I would like you to search the usage of "use to do" and "used to do". It's the first time I heard someone say that the meaning of "I use to smoke." equal "I used to smoke." I would rather say I have never heard "I use to smoke." as a corrrect sentence. I consulted two online dictionaries. One is Cambridge Advanced Learner's Dictionary and the other is Longman Advanced American Dictionary. I couldn't find the usage of "use to do sth" in them except when it follows "did" or "didn't". ]
Probably I will not able to get the reply from the teacher because of the lesson system. Students can't choose the teacher on group lesson. Students come to take various types of teachers lesson because around 8 students for 1 teacher are apportioned automatically. There are many teachers living in South Africa whose ancesters are from England or Irish.
加えて、私の電子辞書「ジーニアス英和辞典第3版」で"use"を引くと、自動詞の第2義として"→USED TO"と載っています。これは"use"が"used to"と同義として用いられるということなのでしょうか?
お教えいただければとてもうれしいです。
2009/11/22(Sun) 04:47:34 | URL | komachi #-[ 編集]
Dear komachi,

So, you are confused with the difference between "used to" and "use to"? I think this is something to do with the difference between spoken and written English. Let's look at written English first.

As far as written English is concern, you are absolutely right. "I used to smoke." means "I smoked in the past but I don't smoke now." and "I use to smoke" is WRONG.

However, in spken English, "I used to smoke" sounds like "I use to smoke" because native speakers don't pronounce "d" in "used". It's like, "I usto smoke."
If you said "I usTTo smoke", pronouncing "d" in "used", that would be very unnatural. When you hear, "I use to smoke" in spoken English, it means "I used to smoke" in written English. I guess that's what your teacher wanted to say.

>私の電子辞書「ジーニアス英和辞典第3版」で"use"を引くと、自動詞の第2義として"→USED TO"と載っています。これは"use"が"used to"と同義として用いられるということなのでしょうか?

これはused toは自動詞の用法という意味です。useは通常後ろに目的語が来るので他動詞ですが、used toはそれと違った用法で、これが自動詞か他動詞かと言ったら、自動詞
に分類されるという程度に捉えておいてください。
2009/11/24(Tue) 18:25:05 | URL | Masaya #jo06q36w[ 編集]
神崎先生、ご回答くださりありがとうございました。もし「ジーニアス英和辞典第3版」の"use"の項目に"→USED TO"というのが載っていなければ、「いいかげんなインストラクターに当ってしまった45分だった」で済ませたのですが、もしかしたら地方で昔使われていたのかもしれないとも思い、質問させていただきました。また、口語ではなく、PC画面に反映されるテキストによって、教師が"I use to smoke"と書いたので、私はどうしても疑問がつのりレッスン中に、「"d"を落としているのではないでしょうか」と質問したのですが、"used to"でも"use to"でも("d"があってもなくても)どちらも間違いではないとその教師が主張するので(他の生徒もそれを聞いています)、私は混乱したのでした。
毎回のライブレッスン後、形式的なコメントが教師から来るのですが、今回は以下のような文面がありました。
You asked very good questions. Hello there Komachi I would like to apologise on the lesson that we had. You were most definitely right. It is in fact "used to" and not "use to." I realised that after the lesson was finished and I would like to thank you for bringing that to my attention.・・・
このネット英会話は、「ネイティブで(何らかの)大卒」だけが教師条件らしく当たり外れはありますが、皆様大体において誠実なレッスンをなさいます。今回のように重大なミスを指摘されてもすぐに認識できず、レッスン終了後にようやく気付くような方は初めてでした。
それだけ教師のレベルが低い、あるいはネイティブがその程度にしか文法を気にかけていない、ということだと思います。
神崎先生、お騒がせして申し訳ありません。
ありがとうございました。
あの~、お騒がせついでと言ってはとても失礼なのは百も承知ですが、"use"の用法で、"use sth to do"は正しい使い方なのでしょうか?
Cambridege、アルクの英辞郎on the WEB、longman on lineには"use sth to do"と"use sth for doing"と両方載っていますが「ジーニアス英和辞典第3版」には載っていません。"use sth for doing"は載っています。
"Bob uses the van for picking up groceries." と "Bob uses the van to pick up groceries."は同じ意味でどちらも使えるのでしょうか?
ジーニアスの第3版が出た頃は"use sth for doing"だけの使い方だったが、現在は"use sth to do"もあり、ということなのでしょうか?それとも英和辞書と英英辞書の違いでしょうか?
お教えいただければとてもうれしいです。
2009/11/25(Wed) 04:40:18 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

お返事、ありがとうございます。
疑問点は解決したようでよかったです。
「英語教師を信用するな」とよく言われています(笑)
それから辞書や文法書もあまり当てになりません。物にもよりますが。

さて、ご質問の"use sth to do"ですが、この用法もありです。ジーニアスの第3版には載っていないということですが、必ずしもひとつの辞書にすべての用法が載っているわけではありません。
Oxford Advanced Learner's Dictionaryには以下の例文が載っています。
Police used tear gas to disperse the crowds.

それから英英辞典と英和辞典で違いがある場合、英英辞典を信じた方がいいと思います。

それでは、また何かありましたらご遠慮なくどうぞ。



2009/11/25(Wed) 23:10:17 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
神崎先生、お教えいただきありがとうございます。これからは安心して"use sth to do"をいっぱい使うと思います。きっと"use sth for doing"を使わなくなって忘れてしまうかもしれません。
あと・・・"recommend"もよくわからないのですが。"recommend that sb do sth"が全世界的に正しくて"recommend sb to do"はイギリス英語だけでしょうか? 
また"recommend doing sth"と"recommend sth to sb"が正しいのであれば"recommend doing sth to sb"も使えることになると思うのですけど。例えば
"I recommended that he see the doctor."
="I recommended his seeing the doctor."
="I recommended seeing the doctor to him."
イギリス英語のみ"I recommended him to see the doctor."を使える。
なんとなく釈然としないのですがこのよう覚えて間違いないでしょうか?
ロングマンでは"recommend sb for sth" もありみたいなので、そうすると "I recommended him for seeing the doctor."も正しい使い方ですか? お教えいただければとてもうれしいです。よろしくお願いします。
2009/11/26(Thu) 02:53:07 | URL | komachi #-[ 編集]
>komachiさん

お返事、ありがとうございます。
use sth to doとuse sth for doing は意味はほぼ同じですが、微妙にニュアンスの違いがありますのでお気をつけください。
use sth to do = used sth in order to do sth
use sth for doing = use sth for the purpose of doing sth

さて、recommendに関するご質問にお答えします。
私が使うのであれば、
I recommended (that) he see a doctor. (アメリカ、イギリスともに使う、どちらかというとアメリカ的)
I recommended him to see a doctor. (イギリス的)
I recommended (that) he should see a doctor. (イギリス的)
でしょうか。

I recommended his seeing the doctor.
I recommended seeing the doctor to him.
このふたつは文法的には正しいかもしれませんが、英語として不自然な感じがします。
ふたつ目のものはto himがなければ自然です。
または、
I recommended this book to him.
というような文でしたら、いいんですけど。

I recommended him for seeing the doctor.
も変な英語です。
I recommended him for the position.
のような使い方はありますが。


2009/11/27(Fri) 15:08:36 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
神崎先生、ご教授ありがとうございます。
・・・難しいです。
"use sth in order to do"と"use sth for the purpose of doing sth"のまんまで覚えた方が楽みたいですけど、たぶん私は使い分けられるレベルには達しないであろうと・・・。これから"use"を使う時一瞬頭をよぎるとは思いますけど。
また"recommend"は、おそらく目上の人かビジネスの相手に使うのであろうな、と思いました。単に友人や家族に「医者に行った方がいいよ」と言った、のなら、"I told him to see a doctor."と言うのだろうと思います。
ほんとにありがとうございました。
2009/11/29(Sun) 02:32:10 | URL | Komachi #-[ 編集]
>Komachi さん

お返事、ありがとうございます。
use sth for doing sth / to do sth はそれほど使用頻度が高いわけでもないですし、あまり堅苦しく考えなくても大丈夫ですよ。

recommendは確かにフォーマルな表現です。カジュアルな場面では、仰るとおり、"I told him to see a doctor."でいいと思います。
2009/12/04(Fri) 00:32:15 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.