TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
Talk vs. Say
5/31のAny Questions? で取り上げた The Specials の Do Nothing という曲の歌詞に、

I'm just living in a life without meaning
I walk and walk, do nothing
I'm just living in a life without feeling
I talk and talk, say nothing

というのがありました。このI talk and talk, say nothing 中のtalk と say の違いについて、Naiさんから以下の質問をいただきました。

TBRの最後に合唱した歌の歌詞に関連して質問があります。
talkとsayの違いについて、過去に以下の書き込みを見つけました。
リンク先はこちら
使い分けついてはmiyon 222さんの回答で良いでしょうか?
今でも英語での会話の際、時々使い分けに迷うことがあるので、教えて頂ければ助かります。



上記リンク先のmiyon 222さんの回答中の「sayはただ何か言葉を発すること、または自分の意見などを言うのがsayです。」は正しい説明です。I talk and talk, say nothing 中のsayは後者、「自分の意見などを言う」の意味で使われています。

追記:ビジネス英語雑記帳の日向清人先生から次のような補足説明をいただきました。

Pocket Oxford Dictionary からは、say は、utter, remark, という限度でconverseという意味のtalkと重なるけれども、convey information という領域では重ならないということを読み取れます。ですからPODが例文として挙げている "spoke, but said little" は、「話はしてくれたけれど、肝心の所には触れなかった(=実のある情報はくれなかった)にはニュアンスがあり、このことから、say は、「自分の意見などを言う」に加えて、相手にとって information としての価値のあることを言う、つまりプラスアルファがあると考えてもいいのではないでしょうか。


日向先生、ありがとうございます。

また、上記のページ中、tomoxetineさん がとてもよい例文を出しています。

"He talks a lot, but he doesn't really say anything."
彼はよくしゃべるが、中身のあること、聞く価値のあるようなことは言わない、というニュアンスです。



Do Nothing の歌詞中もこれと全く同じ使い分けです。その他にもtalkとsayにはたくさんの用法があります。代表的な用法を英英辞典等で確認することをお薦めします。以下、Longman Dictionary of Contemporary English(←この辞書、超お薦め!)からの抜粋です。

WORD CHOICE: say, tell, give, ask
You use say when you are mentioning someone's exact words.
'Hello,' she said.
Someone said, 'Let's go!'
Say can be followed by 'that'.
He said that he was tired.
In speech people often leave out 'that'.
They said there had been a mistake.
Say can be followed by 'something', 'anything', 'nothing', or 'so'.
Did you say something?
Nobody dared to say anything.
You have to come – Dad said so.
It can also be followed by 'goodbye' or 'hello'.
I'll just go and say hello to David.
Apart from these uses, say is not normally followed by an object. For example, it cannot be followed by 'a story', 'a lie', 'some information', or 'an answer'.
You tell a story, a joke, a lie, or the truth.
They told a funny story about their trip.
You give information, an order, an instruction, or an answer.
He gave no reply.
!! You do not say a question. You ask a question.
Can I ask a question?
You can say something to someone.
Has he said something to you?
When talking about giving information, it is more usual to say that you tell someone something.
Clare told us something interesting (NOT said us something...).
Can anyone tell me what time it is? (NOT say to me what...)
You can tell someone about something.
Did you tell Lucy about the party? (NOT say to Lucy about...)
You can say to do something, but it is more usual to tell someone to do something.
The teacher told us to open our books (NOT said us/said to us to...).

WORD CHOICE: speak, talk
When one person is saying things, you can use talk or speak, but talk is more usual and speak slightly literary.
She talked about her job.
He spoke longingly of his home country.
Don't interrupt me when I'm talking/speaking.
If people are having a conversation, always use talk.
We talked about our relationship.
They talked for hours.
If you say that two people are not speaking, you mean they are not willing to talk to each other.
They've had a row and they're not speaking.
Someone who can talk has learned to use language.
She could talk before she was two.
If you can speak, you are able to say something on a particular occasion.
I was too scared to speak.
!! When you mention what language someone uses, always use speak.
She speaks(=knows how to use) French and Spanish.
We spoke in German at first, then English.
!! When you ask for someone on the telephone, use speak.
Can I speak to Clare?
!! You can speak words. Do not use talk.
I spoke the words as clearly as I could.
!! You can talk sense or talk nonsense . Do not use speak.
I think she talks a lot of sense.




人気blogランキング
////
Thank you for voting.

編集後記:
最近、常野さんにBLOCKQUOTEの使い方を教えてもらいました。だから使いたくて、しょうがない。

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
神崎先生
私の質問を取り上げて頂き、有難うございました。

抜粋の説明も具体的に違いに触れているので更に理解が深まりました。

早速、英会話やmail等で「違い」を使い分けてみたいと思います。

それと、英英辞典ってやはり良いですね。
次に書店に行った際にチェックしてみます。
2008/06/01(Sun) 11:04:04 | URL | Nai #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/01(Sun) 16:55:27 | | #[ 編集]
こんにちは!
神崎先生、リンクを貼らせて頂きました。

今後ともよろしくお願いします。
2008/06/01(Sun) 17:29:10 | URL | 土佐犬 #HkRIpaaw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/01(Sun) 21:31:58 | | #[ 編集]
Naiさん

こちらこそ、いい質問をしてくださり、ありがとうございました。記事のネタになりました。今後ともよろしくお願いします。

土佐犬さん

リンク、ありがとうございます。これからも英語学習、がんばってください。では、また。

2008/06/01(Sun) 22:12:07 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
convey information という意味のsay
こんにちは、Naiさんの引用先の「sayはただ何か言葉を発すること、または自分の意見などを言うのがsayです」という点ですが、Pocket Oxford Dictionary からは、say は、utter, remark, という限度でconverseという意味のtalkと重なるけれども、convey information という領域では重ならないということを読み取れます。ですからPODが例文として挙げている "spoke, but said little" は、「話はしてくれたけれど、肝心の所には触れなかった(=実のある情報はくれなかった)にはニュアンスがあり、このことから、say は、「自分の意見などを言う」に加えて、相手にとって information としての価値のあることを言う、つまりプラスアルファがあると考えてもいいのではないでしょうか。

日向先生

貴重なご考察、ありがとうございます!補足記事にさせていただきます。上の質問はI talk and talk, say nothing. という歌詞の解釈に端を発していますが、sayを「価値のあることを言う」と捉えるとしっくりします。

sayとtalkの違いを考えていて思ったんですが、sayはピンポイント(その対象は例えばある特定の情報だったり、特定の言葉だったりします)、talkはもっとなんというか焦点が絞れない、まったりした感じがします。sayが他動詞、talkが自動詞であることにも関係があるかもしれません。日本語の「言う」と「話す」にも同じような関係があります。

神崎正哉
2008/06/02(Mon) 16:42:16 | URL | 日向清人 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.