TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パート5&6を伸ばす方法
私は毎日新聞社発行の週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」に月2回、TOEICのコラムを書いています。そこでは、モニターの方に私の作った学習プログラムに沿ってトレーニングをしていただき、本当にTOEICのスコアが伸びるのかという実験をしています。紙面に出る4人の方の他に、準会員の方が7人います。そのうちの1人、水野剛さんから以下の質問をいただきました。みなさんも興味のある内容だと思いますので、ここに公開いたします。(6月14日付「毎日ウィークリー」にも掲載されます。)

Q: 
私はパート5&6が異常なくらい弱く、過去のTOEIC TESTの結果や模擬試験の結果を見ても明らかです。『新TOEIC TEST「正解」一直線』の模擬テストではパート5&6の正解率は4割程度でした。これをパート7と同程度の65%まで引き上げることを目指しています。ただ、その勉強法について何をやればいいかがわかりません。パート5&6を克服するにはどのような勉強法が適しているのでしょうか。


A:
TOEICのパート5&6では語い力と文法力が試されます。パート5&6で得点を上げるためにはこの2つを伸ばす学習が必要です。語い力を試す問題は、単語の意味を知っているかどうかで勝負が決まります。例えば次のような問題です。

121. Seating is limited to 50 people, so please resister -------.
  (A) previously
  (B) effectively
  (C) respectively
  (D) promptly

この問題を解くためには文の意味を理解する必要があります。そして選択肢に挙げられている単語の意味を知っている必要があります。どちらも語い力が関係しています。この問題の答えは(D)です。知らない単語は調べておいて下さい。(重要語句:seating, limited, resister, previously, effectively, respectively, promptly)

文法問題は文法の知識が決め手となります。しかしTOEICで使われる文法は基本的なものばかりです。中学校3年間で習う文法をしっかり覚えていれば、TOEICの文法問題の9割はカバーできます。TOEICの文法問題が難しいのは語いの知識が必要だからです。次の問題を見てください。

122. All applications should ------- to Human Resources.
  (A) submit
  (B) be submitting
  (C) be submitted
  (D) have submitted

正解は(C)です。「主語applications と動詞submitの間に受動の関係(applicationsがsubmitされる)があるので、受動態(be動詞+過去分詞)のbe submittedが正解」というのが文法的な説明です。「受動態はbe動詞+過去分詞」という文法的なルールは中学校で習います。しかし、この文を見て「主語applications と動詞submitの間に受動の関係がある」と見抜くためには、applicationsとsubmitの意味を知っている必要があります。applicationsは「申込書、応募書類」、submitは「提出する」というのは語いの知識です。文法の知識があっても語いの知識がなければ解けません。(重要語句:applications, Human Resources, submit)

123. Mr. Johnson is looking for a ------- car.
  (A) depend
  (B) dependent
  (C) dependable
  (D) depending

「空欄の前にa、後ろにcarがある。よって、空欄には名詞carを修飾する語が来る。」というのは文法の知識です。しかし、選択肢のうち、(B), (C), (D)はみな名詞を修飾することが出来ます。答えを選ぶためには意味が重要になります。正解は(C)です。dependableは「信頼できる」という意味なのでcarを修飾するのに適しています。(重要語句:look for, depend, dependent, dependable)

124. Managers meet ------- to discuss departmental issues.
  (A) regular
  (B) regularly
  (C) regularity
  (D) regulations

「空欄に入る語は前の動詞meetにかかる。動詞を修飾するのは副詞。だから(B)が正解。」というのが文法的な説明です。しかし、「空欄に入る語は前の動詞meetにかかる」というのを見きわめるには、文の構造を把握しなければなりません。「動詞を修飾するのは副詞」という文法の知識だけでは解けません。構文を把握する力は英文にたくさん触れることで養われます。(重要語句:discuss, departmental, issues, regular, regularly, regularity, regulations)

パート5&6で文法力は大切です。しかし文法の知識だけあっても得点に結びつきません。文法を語いや構文と連携させることが必要です。パート5&6を克服するための学習法として以下の3つを提案します。
1.中学3年間で習う基本文法事項の総まとめをする
文法の基本事項を抑えることは不可欠です。難しい文法は必要ありません。基礎をしっかり確認しましょう。中学レベルの文法に自信のない方は中学生用の教科書や参考書を利用して復習してください。

2.「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」の例文を全て覚える
この本に載っている例文をしつこいくらいListen & Repeat(聞いて繰り返す練習)や音読筆写(英文を声に出して読みながら紙に書く)をして、覚えてください。TOEICのパート5&6のスコアに直結する語い、コロケーション、構文、文法の知識が蓄積されます。音声ファイルを利用して、Listen & Repeatを繰り返してやれば、英語の音のパターンもマスターできます。そして、英語の感覚が見に付いていきます。

3.Graded Readersを使って多読をする
Graded Readersとは英語学習者用に難易度を調整した読み物です。使用語い数によって「600語レベル」「1000語レベル」というようにレベル分けがされています。Penguin, Oxford, Cambridgeなどの外国の出版社が出しています。また、日本ではIBCパブリッシングが出している洋販ラダーシリーズがあります。「ちょっと易しすぎるかな」と感じるくらいのものが適切なレベルです。そして興味が持てるトピックの本を選び、楽しみながら読むのがポイントです。英語にたくさん触れることで、英語の感覚と構文力が見に付きます。
これらを計画に進めればパート5&6を必ず克服できるはずです。がんばってください。

人気blogランキング
////
今、TOEICブログが熱い!

推薦書
「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」←TOEIC受験者必携!


「新TOEIC TEST 出まくり英文法」←パート5&6で頻出の文法事項を学びながら語い力を伸ばせる優れもの


読む力を付けるために必要なこと、それは読むことです。
ポイントは3つ:
易しいものを読む、楽しんで読む、たくさん読む。





テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
内田恭子ではないウッチーです(笑)。

今日たまたま、先生のウルトラ語彙力主義の
の中の覚えたい例文をA4のルーズリーフ
に書き起こして音読してたんですが
すごくリズミカルなんですね。
これは狙って書かれているんですか?
また例文が多くてすごく勉強になります。

木村達哉先生の書かれた
「センター試験英語合格の法則」(アルク)
という教材もも受験問題集っぽくなく(笑)
例文がたくさん入ってます。

この編集姿勢を学ばせてもらい
授業プリントの作成の参考にできたらと思っています。
2008/06/02(Mon) 20:10:11 | URL | ウッチー #-[ 編集]
ウッチーさん

コメント、ありがとうございます。
内田恭子といえば、私の元同僚で内田恭子とシカゴで同じ中学に通っていたという人がいます。彼女は今、NHKのラジオジャパンで英語のニュースを読んでいます。

ウルトラ語彙力主義の例文、音読していらっしゃるということでうれしいです。リズミカルですか。書くときはTOEICで出てきそうな(または実際に出た)例文にすることを意識しました。その結果、リズミカルになったようです。ポジティブなご感想、ありがとうございます。

授業用のプリントに「ウルトラ語彙力主義」中の例文使っていいですよ。確認テストのワードファイルがダウンロードできるようになっているので、それを加工すれば作りやすいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。
2008/06/03(Tue) 14:23:04 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
勉強法がよく分かりました!
神崎先生、こんにちは。そしてお久しぶりです。
Part5,6対策が全く分からず、あれこれ本に手を出しては失敗してばかりでした。
やっぱり基礎が大事ですね。ここのパートで時間無駄に使い、読解で時間切れだったのです。
無駄に「良く出る…」の類の本を読んでも解説が理解できないはずです。

TOEICは秋受験になりますが、他の資格試験の勉強の合間に基礎固めしたいと思います。
今日の記事はまさに私が聴きたかったことです。
2008/06/04(Wed) 16:57:10 | URL | 里やん #mexrsrk2[ 編集]
里やんさん

コメントありがとうございます。
私の記事がお役に立てれば何よりです。
次のTOEIC、がんばってください。
2008/06/07(Sat) 02:13:16 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
デルボとウーゴ
こんばんは。
先日、アエラの記事にコメントをした、9月570点のものです。
よく考えたら、570点はデルボをやる前でした。
知っている単語が多かったですが、それでも知らない単語もあり、耳ですぐに判断できない単語を強化して、だいぶ読みやすくなりました。

それで質問なのですが、私、ウーゴも持っています。
でも入試もかかえて、時間がなかったので、デルボにしたんです。
でも、ウーゴもすこしかじったので、いい本なのはよくわかります。
なぜなら、これでパート1の細かい表現を判断できるようになりました。

それで、ウーゴもやるべきかなと思うんです、たまに。
パート5はめちゃめちゃ苦手です。
だから単語特急も千本ノックも読み進めています。

というのが、入試センター満点換算のために今月のTOEICで780点を取らなければなりません。
しかしながら、苦手なパート5,6,7はなかなか点数はあがりません。取れても安定しないので、Googleで検索をしていたらこの記事にたどり着きました。
そこで質問です。
今からウーゴはどうでしょう。
やったほうがいいでしょうか。

デルボは8割はわかるようになりましたが、まだ怖くて手放せません。
消化不良にならないかが不安です。

長くなりました。
忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。

PS.ちなみに模試は神崎先生のBOXシリーズ、トリプル模試、をやっています^^
今は4周したリスニングBOXの苦手な箇所を一つ一つ音読しています。
2011/11/08(Tue) 18:23:29 | URL | ちぃ #B7q/.fmY[ 編集]
>ちぃさん

ご質問、ありがとうございます。
デルボとウーゴを使ってくださり感謝いたします。
さて、ウーゴをやったほうがいいかという質問ですが、ぜひやってください。せっかく買ったのに使わないのはもったいないです。デルボも並行して続ければ、お互い補完しあい良い効果があると思います。

あと模試ですが、BOXシリーズとトリプル模試を使っていただいき大変ありがたいです。しかしやはり公式問題集の方が質がいいので、公式問題集Vol. 3またはVol. 4のどちらかはぜひともやってください(もし余裕があれば両方)。音読の練習等も公式問題集でやる方がより高い効果が望めます。
目標の780点が達成できることをお祈りいたします。がんばってくださいね。
2011/11/08(Tue) 21:36:10 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
ウーゴ!たのしい!
こんにちは。
試験一週間前に模試きらいになりながらも、ウーゴがたまらなく好きすぎて、強制的にでもやらなければならない模試を殆ど放置しています。。
はい、今から模試します。

ところで、神崎先生のプロフィールからテンプル大学のリンクに飛んだのですが、とても興味深い大学ですね。
私は現在24歳の社会人で、秋田の国際教養大学を知ってから、国際ビジネス関連の仕事につく力をつけたいと受験勉強をしているのですが、テンプル大学も似たような雰囲気があって、いろいろ見ているところです。

はやく夢の大学生になれるようにがんばります\(^o^)/
2011/11/20(Sun) 17:58:55 | URL | ちぃ #DdiHOXp.[ 編集]
>ちぃさん

レスありがとうございます。
お返事が遅くなりまして、失礼しました。
ウーゴが好きということを聞けてうれしい限りです。
大学進学を目指して受験勉強をされているんですね。
ぜひ頑張ってください。夢がかなうことを願っています。
テンプル大学はアメリカの大学ですので日本の大学とは大分違うと思います。ただ学費がかなり高いのでお気を付けください。
2011/11/26(Sat) 21:55:32 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。