TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
よしばな先生へ
以前、コメントを残してくださり、ありがとうございました。このブログをまだご覧いただけているのであれば、うれしいです。
さて、ひとつお伺いしたいことがあります。「よしばな先生の【1日1題】TOEIC!」は現在アクセスができない状態になっていますが、これは一時的な処置でしょうか。それともブログ自体を恒久的に閉鎖なされたのでしょうか。
先週の日曜日、私の主催するネットラジオの放送の中、リスナーの方からよしばな先生のブログに関する書き込みがあり、私がそれに対して口頭でコメントをしました。番組の流れ上、私の発言が揶揄するトーンになっていたことは否めません。大変失礼いたしました。謹んでお詫び申し上げます。私のネットラジオの放送直後から、「よしばな先生の【1日1題】TOEIC!」にアクセスできなくなったので、放送内容が直接的または間接的に関係しているのではないかと感じ、とても気になっています。
「よしばな先生の【1日1題】TOEIC!」はTOEICで役に立つ文法と語彙を楽しく学べる素晴らしいブログで、TOEICを目指している学習者の間に多くのファンがいました。私自身もいつも勉強させていただいておりました。なくなってしまうのはとても残念です。また、ネットを通して無料で利用できる素晴らしいコンテンツが消えてしまうことは、英語学習者にとって大きな損失です。
「よしばな先生の【1日1題】TOEIC!」のファンとして、また同じTOEICブロガーとして、先生のブログの復活を切に願います。

神崎正哉

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
神崎先生 こんばんは。
先日のするどいコメントありがとうございます。

さて、「よしばな先生の【1日1題】TOEIC!」は私も大変勉強させていただいていたブログです。僭越ながら、コメントもさせていただいたり、よしばな先生からコメント返信いただいたり、文法説明のユニークさと分かりやすさに注目しておりました。

推測でしかないのですが、「公式問題集」の問題をそのまま掲載していたことが、閉鎖の原因なのかなと思っていました。

しかし、もしそうだとしたら、別の素材を通して、「よしばな先生風」の解説復活を切に望んでいます。

2008/07/02(Wed) 23:57:53 | URL | koopieook #R71i86E.[ 編集]
よしばな先生へ
私もよしばな先生のブログが閉鎖されてしまったのは、とても残念です。とってもすばらしいブログでした。かなり力を入れられたブログでした。解説部分は、書籍化してもおかしくないくらいでした。元ネタが公式問題集でなくても、すばらしさは変わらないのでよしばな先生のブログ是非復活してほしいです。
よしばな先生見ていらっしゃるでしょうか?書籍化してもおかしくないブログですと、よしばな先生のブログにコメントしたのは私ですよ。私のコメントをブログランキングの表示部分に使ってくれましたよね。
多くのファンがいるし、復活してほしいです。
2008/07/03(Thu) 01:03:32 | URL | ほ太郎 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/04(Fri) 17:50:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/04(Fri) 17:56:59 | | #[ 編集]
>koopieookさん

コメント、ありがとうございます。ラジオも聞いてくださり、うれしいです。
よしばな先生の文法説明、よかったですよね。私も好きでした。
復活してくれるとうれしいんですが。

>ほ太郎さん

「書籍化してもおかしくない」というコメント、ほ太郎さんのものでしたか。それは、それは。
やはり、公式問題集を使っていたのが問題になったんでしょうかねえ。私の絶版本に収録されている問題とか、よしばな先生に使ってもらってもいいんですが。

>よしばな先生、もしこのコメントを読んでいらっしゃったら、書き込みお願いします。

2008/07/05(Sat) 01:05:20 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
よしばな先生への揶揄の最初のキッカケになったのは、masamasa Perignonの時ですよね(録音ファイル4時間3分30秒あたりから)?
私も神崎先生が酔った勢いで珍しく毒舌になっているのが楽しくて、その時、囃したてるようなコメントを書きました。よしばな先生に対して大変申し訳なく思います。
著作権に関してですが、閲覧無料のブログで出典を明記して市販参考書を引用することがイケナイのだとすると、参考書の問題を引用して、掲示板に書き、他の人に質問するのはどうなるのでしょうか?
こういうのまで駄目だとするとネット上のコミュニケーションや学習はずいぶん窮屈になります。
他人が作成した問題を、自分の出版物で黙って使用するのは悪質なplagiarismですが、無料のブログや掲示板での引用は程度問題で考えるべきではないでしょうか?
よしばな先生のブログもTBR掲示板の引用質問も大目に見られるべきだと私は思います。
少なくともよしばな先生は駄目でTBRの質問者は良い、という理由は見つかりません。

よしばな先生が以前と同じ形であれ、別の形であれ、英語の教育者としてご活躍されることを願ってやみません。

2008/07/05(Sat) 01:16:55 | URL | ENJInear #-[ 編集]
>ENJInearさん

コメント、ありがとうございます。
まあ、あれはあれでそういう流れだったので、どうぞお気になさらずに。

著作権に関してですが、ブログや掲示板は営利目的ではないので、おおらかでいいと私は思います。

よしばな先生に復活していただけることを願います。
2008/07/05(Sat) 01:29:29 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/05(Sat) 06:43:15 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/07(Mon) 23:00:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.