TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
攻略法批判
TOEICで一番大事なこと。
リスニング・セクションは聞いて理解する。
リーディング・セクションは読んで理解する。
聞いて理解できれば正解が得られる。
読んで理解できれば正解が得られる。
攻略法なんていらない。

聞いて理解できないのに正解を得ようとするから攻略法が必要。
読んで理解できないのに正解を得ようとするから攻略法が必要。
でも、忘れないでほしい、TOEICが英語の試験であることを。
聞いて理解できなければ正解は得られない。
読んで理解できなければ正解は得られない。
攻略法を使おうと使わなかろうと。

本番前に問題形式に慣れておくこと有利。
そのために練習問題をやるのは有効なテスト対策。
TOEICは問題数が多いので時間が足りない。
だから早く解こうとする努力は不可欠。
でもそのくらいで十分。
攻略法なんていらない。

もっともらしい攻略法が対策本に書かれている。
「会話やトークを聞く前に質問を先に読む。」
「選択肢を見て問題のパターンを把握。」
「本文を読む前に設問を読む。」
いらない、いらない、いらない。
一番大切なことがおろそかになるから。

攻略法を使うことに忙しく、聞いて理解することに集中できない。
攻略法を使うことに忙しく、読んで理解することに集中できない。
それでは取れる問題も落としてしまう。
攻略法なんていらない。

リスニング、聞いて理解することに集中。
リーディング、読んで理解することに集中。
それが一番大切なこと。
それを妨げる攻略法はいらない。

sea20080721.jpg


人気blogランキング
////
Thank you for voting.

読んだら押そう、人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
ホッとしました
心に、がつ~ん、ときました。響きました。
英語をコミュニケーションの手段として使えるようになりたいので、そのチェックとして、「TOEICでちょっと試してみよう」と始めたにもかかわらず、何か有効な攻略法がないか?などとアクセクしていました。
神崎先生、ありがとうございます!
2008/07/22(Tue) 05:47:35 | URL | koopieook #R71i86E.[ 編集]
攻略法に関して
神崎先生のおっしゃるとおりだと思います。


私自身、最近音読を毎日やって、BBCニュースが聞き取りやすくなっていたり、文章を読む
のが少しだけ容易になってきたのを少しずつですが実感しています。

ただ、先読みに関してはまだ反射的に行ってしまう自分がいるため、今後どこかのタイミングで転換を図っていきたいと思います。


追伸

詳細は私のブログに書かせて頂きましたが、6月のTOEIC結果が今日返ってきて、少しスコアが上がりました。オフ会で掲げた当面の目標(900超え)に一歩近づいたと思います。これもウーゴ等良質の参考書に出会うきっかけとなった神崎先生やmasamasaさん、TBRファミリーの皆様がモチベーションを与えてくれたものと思い、それに感謝しつつ、今後も更なる精進を続けたいと思います。

『本気でやろう!』

Tommy
2008/07/22(Tue) 13:28:28 | URL | 新東京都民 #-[ 編集]
私もそう思います
神崎先生こんにちは。お久しぶりです。
暑中お見舞い申し上げます。

巷では攻略テクニックの話題が集中し、本来やるべき対策をないがしろにする傾向にあります。書店でもその類の本がかなり多い気がします。
私は大学受験の頃からテクニックだけで通じるほど英語は甘くないと感じています。TOEICも同じかなと思います。
勿論TOEICスコアも気になるところですが、そればかりにとらわれて本来の英語の勉強の目的を忘れないように、と思います。
英字新聞を読むことやNHKテキストなどで日頃はトレーニングしつつ、TOEICの勉強も欠かさず頑張ります!というか正攻法でしか私は勉強できないような気が…

神崎先生、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2008/07/22(Tue) 16:27:46 | URL | 里やん #mexrsrk2[ 編集]
本当に役に立つ英語力をつけるための勉強を
神崎先生

はじめて書き込みさせていただきます。
少し前まで、TOEIC関連の教材を作っていました。

(毎回受験して、満点も取れましたので自分では、まじめに教材を作ってきたつもりです。)

今回の書き込みに、大変共感を覚えます。
先生はそんなことはおっしゃっていませんが、TOEICの勉強=攻略法と短絡化してしまうのはもったいないと思います。

TOEICは、実際の生活に役立てることのできる「使える」テストだとも思うからです。

受験英語しか学んでいないと、positionが、「仕事;地位」の意味で使われていたり、TOEICを難しく感じてしまう日本人も多いいのではないでしょうか。そういう意味で、受験英語からの橋渡しとしてのTOEICの勉強は必要だと思います。

職場での会話を学ぶとか、プレゼンの仕方を学ぶとか、社内メールを読めるようになる、書けるようになるなど、TOEICの勉強=攻略法ではなく、TOEICの勉強が社会生活に役立つ、実際に使える英語のための勉強というふうにシフトしていけばいいなと思います。





2008/07/22(Tue) 20:32:37 | URL | Yuta #-[ 編集]
なるほどです
攻略法がたくさんの人のニーズにかなっているとしたら(現実そうですが)、テストの構造そのものが、受験者の英語力を素直に測っていないのが問題ですよね。

リスニングセクション、私、以前過去記事でも書きましたが、パート3、4はサーカスの曲芸みたいなもんだと思います。「視覚聴覚同時駆使能力」を試されている。入社前の適性検査(クレペリン検査とかYG検査)に近い気がする。偉そうに言うならもうちょっといい点とってから言えという方もいらっしゃるかもしれませんが、テストがこんななんだから「だからどうした」という気持ちも心の中に厳然としてあります。

リスニングセクションの後半は、先に問題と選択肢をじーっくり読む時間があっていい。
その代わり、リスニングの音声はもっと生素材で難しいものでいい、そう思います。
しっかり聞いて、分かれば解ける、分からなければ解けない試験にするべきでは、と思います。

リーディングセクションも時間制限なし。あるいは今の倍の時間。その代わり、もっと難しい素材をリーディングテストに使うといい、そう思います。


でもそうなると田舎でやってる私も含めて、トイックで飯食ってる人間はみんな食い扶持を失うことになりますね(皮肉な話ですが)それはそれでいいのかなあ。

受験生に大学受験対策をしていても、神崎さんと同じようなジレンマというか、「英語のようなもの」を教えなければならない「不快感」は、正直あります。

でもお金もらってる限り、お客様のニーズに応えないとプロではない、とも思います。

すみません、何がいいたいのかよく分からなくなってますが、うまく理想と現実の折り合いをつけてやっていくしかないですね。
2008/07/22(Tue) 23:28:36 | URL | Teacherman #-[ 編集]
神崎先生

コメントをはじめて書かせて頂きます。
最近、TBR内でのネットラジオにてコメントなされている先読みに関して、共感しています。
いわゆる、攻略法と言われているものは、TOEICの目的であるコミニュケーション英語能力を測定する意図から逸脱しているように感じています。たとえ攻略法にてTOEICを高得点を取ったとしても本当に英語が運用できるとは思えません。初心に振り返って何の為にTOEICを受験し、何の為に英語学習をしている意義を見つめ直すべきではと思いました。

最後に神崎先生のブログ(ネットラジオでの先読みに関して)について書かせて頂いたのですが、不都合があればお知らせください。
2008/07/23(Wed) 01:49:39 | URL | Ryuukai #-[ 編集]
>koopieookさん

コメント、ありがとうございます。
この記事を気に入っていただけて、うれしいです。
「何か有効な攻略法はないか?」と探すのは、自然なことです。
それで、有効そうに見えるもっともらしい攻略法は私も含め、いろいろな人がいろいろなところで発信しています。
でも、それは本当に有効か最近、疑問が出てきました。
場合によっては、攻略法がマイナスに作用することもあります。
それだったら、一層のこと攻略法なんて気にしないでやるのがいいのではないかと思います。


>Tommyさん

コメント、ありがとうございます。
同意していただけて、うれしいです。
スコアアップ、おめでとうございます。
今度の日曜日の試験ではいよいよ900点を超えられそうですね。
がんばってください。

テスト後のラジオ出演、どうぞよろしくお願いします。


>里やんさん

お久しぶりです。コメント、ありがとうございます。
英語学習に励んでいらっしゃるようで何よりです。
がんばってくださいね。
正攻法でやるのが一番いいと思います。
遠回りのように見えて、実はそれが一番確実な方法かもしれません。
英語力を伸ばすためにも、TOEICの点を上げるのにも。
応援しています。


>Yutaさん

はじめての書き込み、ありがとうございます。
満点をお持ちで、教材を作っていらっしゃるということは私の同業者の方ですね。
コメントをいただけて、恐縮です。

TOEICの勉強を英語力をつけるための勉強にシフトいけばいいなというご意見、私もまったく同感です。
たとえば、TOEICの模擬問題を使って、Listen & Repeatの練習をする、音読をする、そこに出てきた単語やフレーズを覚える、ビジネスレター等のの文章スタイルを真似るなどの練習をすれば、実際に使える英語が身に付いていくでしょう。
しかしTOEIC対策の学習書では私が書いたものも含め、受験テクニックを伝授するのがメインになっています。
何かもっとらしい攻略法を提示すると、学習者は「ああ、なるほど」と感じますが、でもその攻略法って本当はあまり役に立たない、また場合によっては害のあるものだとしたら問題だなあと感じています。

TOEICも使い方次第でYutaさんの仰るとおり、実際に役に立つ英語を学ぶ学習素材になります。私もそちらの方向にシフトするような流れを作れたらなあと思い、今回の記事を書きました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


>Teachermanさん

いつも有意義なコメント、ありがとうございます。
「パート3、4はサーカスの曲芸みたいなもの」ってうまい表現ですね。
で、私もその曲芸を伝授することがスコアアップにつながる思っていました。
本の中でも曲芸の仕方(=攻略法)を説明しています。
でも、最近「実は曲芸は必要ないのでは」と感じています。
「音声が流れる、聞く、問題を読む、選択肢を選ぶ」というシンプルなやり方でいいのではと。
曲芸を教えてところで、英語力がなければ得点に結びつきません。
むしろ、曲芸に意識の中心がいって、一番大事な「英語を聞く」という部分がおろそかになっている受験者が多いのではと感じます。
曲芸をしなくても、英語力があれば点は取れます。
TOEICは私が依然思っていたより、良いテストなのでは(受験者の英語力を適切に測るという意味で)と感じるようになりました。

私たち英語教師は英語を教えるのが仕事です。
私たちは生徒の英語力を伸ばすことに主眼を置くべきです。
実は私たちが思っているより、TOEICはまともなテストで、英語力が伸びれば得点も上がるのでは。
「攻略法」はわれわれTOEIC業界の人間が作り出した幻想なのでは。
最近、そう感じています。

「TOEICの攻略法」は必要ありませんが、「TOEICを目指した英語力を伸ばすトレーニング」は必要なのでトレーニングを指揮するコーチは必要なのでは。だから、食い扶持は大丈夫ですよ(笑)。


>Ryuukaiさん

コメント、ありがとうございます。
私の記事に共感していただけて、うれしいです。
「何の為にTOEICを受験し、何の為に英語学習をしている」
これはまさに、私が読者みなさんに自問していただきたいことです。

私のラジオの話をブログの記事にしていただき、ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


2008/07/23(Wed) 11:52:34 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
神崎先生、お久しぶりです。
TOEICの勉強とはだいぶ離れてしまいましたが、先生のブログは楽しく読ませていただいております。恐縮ですがTOEICをビジネスとなさっている立場の先生が、攻略法についての批判を書くというのは、先生らしい誠実さを感じ好感を持ちました。私は攻略というものまで到達せずに、TOEICの勉強そのもののから離れてしまったので、なんともいえないところですが、ビジネス英語を学ぶ上でTOEIC学習は有意義なものとなりましたよ。点数があることで、転職が有利に働いたということもありますが、スコア以上に、「英語をもっと学びたい」と思えるようになったと言うのが今後の自分に影響を与えていくのではないかと思います。
2008/07/23(Wed) 12:14:52 | URL | anego #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/23(Wed) 15:10:24 | | #[ 編集]
神崎先生
神崎先生は、多くの方に影響を与えるお立場なのですから、ここは、慎重に行きませんか?

攻略法よりも、英語力が大事というのは、
勿論私も賛成なのですが、
世間で言われていることに反論するのは、
根拠が必要かと。

Part3,4の先読みが有効なのか、
Part5で、選択肢を見て判断する方法が有効なのか、
Part7は、本当に時間があればすべて解けるのか、
そして、それらは、どのスコアの人に、
どのくらい有効なのか、それとも無効なのか、
実験して、統計を取ってみませんか。
私も、協力しますし、
TBRファミリーでも、協力できる人がいるかもしれません。
2008/07/23(Wed) 17:29:07 | URL | TOEICER101 #-[ 編集]
こんばんは
 神崎先生、すばらしい単語集を作っていただいて、本当にありがとうございます。「ウルトラ語彙力主義」が昨日やっとアマゾンから届きました。
 はっきりいって最高です。何が最高かと言いますと、やはりサポートページの存在です。サポートページが一冊の本から得られる効果を何倍にも高めていると思います。これほど楽しくて力が付きそうな単語集は初めてです(最後まで続けられること間違いなしです)
 これからも素晴らしい教材を作り続けてください(^^)

 ありがとうございました!
2008/07/23(Wed) 21:10:29 | URL | しゅうさん #-[ 編集]
TOEICの素材を使って
神崎先生、コメントありがとうございます。
僕は最近、ヒロ前田さんの音声セミナーの影響もあり、「アウトプット」を重視した勉強に切り替えています。ブログでも以前記事にしました。
Part1~7全てです。
選択肢があるものは先に見ないで、自分の力で解答しています。もちろん、設問はR,L共に先読みしません。Part1,2は写真を見て放送を聞く前に自分で言う、Part2は選択肢が放送される前に自分で話す、です。
神崎先生が記事で仰っていたように、リスニングは状況が思い浮かぶ感じですし、リーディングでも英文そのもに集中できました。
ただ、3回チャレンジ法の2回目でこれをやっているので、初見の問題で時間制限のある中ではできないかもしれません。そう感じるかどうかは、試した後またご報告します。
2008/07/24(Thu) 05:46:42 | URL | koopieook #R71i86E.[ 編集]
>anegoさん

お久しぶりです。コメント、ありがとうございます!
anegoさんレベルの方はもうTOEICの勉強は必要ないと思います。
「ビジネス英語を学ぶ上でTOEIC学習は有意義なものとなりましたよ。」というのは、確かにあると思います。
逆の見方をすると、ビジネス英語を学ぶことがTOEICでプラスになります。たとえば、日向清人先生の「即戦力がつくビジネス英会話」(DHC)をやるとTOEICスコアが伸びると思います。TOEICの攻略本をやるより効果があります。

>TOEICER 101さん

貴重なご提案、ありがとうございます。
「先読みが有効か」「選択肢を見て判断するのが有効か」「パート7は時間があれば解けるのか」というのを試す実験、興味があります。
どういう形でやるかご相談させてください。
どうぞよろしくお願いします。

> しゅうさん
「ウルトラ語彙力主義」をご購入いただき、ありがとうございます。この本に入っている例文をそのまま覚えれると本番で役に立ちますよ。サポートページの音声ファイルもぜひ活用してください。Listen & Repeatがたくさんできるようになっています。
がんばってください。応援しています。

>koopieook さん
コメント、ありがとうございます。「アウトプット」を重視した勉強、いいですね、ぜひ続けてください。
リスニングで状況を思い浮かべるのは有効なやり方です。話の流れを追いやすくなりますし、内容が覚えやすくもなります。
実際の試験や練習問題を解いて試した結果を知らせていただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。
2008/07/24(Thu) 12:27:27 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
賛成に一票
日向先生のブログで知って読ませていただきました。日ごろから、いわゆる「TOEIC戦士」の方々の盛り上がり方に違和感を覚えている者です。

以前、TOEFL対策学校の模擬授業を受けたのを思い出しました。数分で解いた問題に対して、こう考えれば20秒で解けますよ、というものです。それは、問題を数分で解けた人には攻略法(テクニック)として有効でしたが、数分(あるいはもっと)かけても解けなかった人にはそのテクニックは無効でした。問題が解けないのにテクニックのみを理解することはできなかったからです。

今後のますますのご活躍を期待しています。
2008/07/24(Thu) 17:26:13 | URL | maki #-[ 編集]
私は神崎先生のファンで
TBRを聞いていますが、
「TBRファミリー」「TOEIC戦士」
という言葉の意味がいまいち
分かりません。また、英字新聞や
小説を読んだりするのが好きなので
むしろ私は「TOEIC戦士」ではない
と思います。

TBRはtoeicがメインですが、
英語力向上もテーマにしています。

2008/07/24(Thu) 22:08:52 | URL | iori #-[ 編集]
神崎先生へ
神崎先生、こんばんは!先日、お酒の席で僕は「てんまメソッドを僕のレベルで使いこなすのは厳しい」というお話をさせていただきました。その後、自分なりに「てんまメソッド」に取り組み、攻略法一切無しで取り組む練習をしました。てんま先生にも、アドバイスをいただきました。僕は完全に攻略法からTOEIC学習に入ってきた人間です。でも、スコアの上昇とともに、自然と攻略法の必要性が無くなってきたのも事実です。僕のListening学習にブレイク・スルーを起こすしてくれた、「K/Hシステム」を僕に教えてくださったのは、上でコメントしていらっしゃるmakiさんです(大西先生の講演会でご一緒させていただいたこともあるのですが、本当に凄い方です)。

正直、今回のTOEIC、初めて受験するのをやめたくなりました。何だか、自分の取り組み方に迷いがあるまま受験することに、気が進まなくなってきたので。そして、すぐ上にいらっしゃる、ioriさんに、色々とご相談したといいますか、アドバイスをいただくことによって、今はもう、ちゃんと受験しにいくつもりでいます。

日曜日のTOEIC、「てんまメソッド」オンリーで受験してきます。攻略法、使いません。先読みしません。Readingパートも全部読みます。もしかしたら音声についていけずに、ボロボロになるかもしれません。Readingが最後まで終わらないかもしれません。でも、そうならないように、短い期間でしたが(10日間)うだうだ言いながらも、結構真剣に取り組んできました。ダメだったら、今の自分の英語力がそれまでだった、ということで納得します。僕は神崎先生よりも先に、前田先生やJay先生に出会いましたので、お二方の方法論が正しいということを自分なりに証明できたつもりでいます。次は神崎先生のおっしゃることを実践して、それが正しいことを身をもって証明したいです。正直、結構高いハードルかもしれませんが、やれるだけやってきます。

>>リスニング、聞いて理解することに集中。
リーディング、読んで理解することに集中。
それが一番大切なこと。

これを実践してきます。結果もちゃんと出せるように、真剣勝負で臨みます。
2008/07/24(Thu) 23:40:09 | URL | HUMMER #-[ 編集]
>makiさん

うれしいコメントをありがとうございます!
また、TOEFL対策学校の模擬授業のお話、とても興味深い内容です。英語力がなければ、攻略法を学んだところで役に立たないということですね。TOEICの場合もその点はまったく同じです。貴重な事例をご紹介いただき、どうもありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


>ioriさん

「TBRファミリー」「TOEIC戦士」はmasamasaさんが付けて下った名称です。まあ、一種のお遊びなので、もしお気に召さなければ、軽く流していただければと思います。

TOEICに向けた英語学習を真剣にやる、まさに戦うがごとく。英語学習は自分との戦いです。真剣に戦う者=戦士という感じでしょうか。「英語学習、本気でやるぞ。」という意気込みが込められています。

TBRはTOEICメインのように見せかけて、実は英語力向上を目指す番組です(笑)。いつも有意義な質問を出してくださり、ありがとうございます。


>HUMMERさん

私が推している「てんまメソッド」を実践してくださるんですね。それはそれは、ありがとうございます。良い結果が出ることを願います。

makiさんとお知り合いなんですね。偶然ですね。makiさんは通訳をなされている方でしょうか。ブログを拝見しましたが、通訳のトレーニングをやっているような印象を受けました。ioriさんともご連絡を取っていらっしゃるんですね。

では、日曜日のTOEIC、お互いがんばりましょう。ラジオのご出演もよろしくお願いします。



2008/07/25(Fri) 20:36:54 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/25(Fri) 23:40:53 | | #[ 編集]
そのようにご説明いただけると
「toeic戦士」になりたくなってしま
いました。私は単純です。(笑)
神崎先生の説明がうまいのかも。
2008/07/26(Sat) 05:14:51 | URL | iori #-[ 編集]
初めまして
TOEICを受けたのはかなり前のことになります。900点を超えたので素直に喜ぶ一方、「これは慣れで点数をあげることができそうなタイプの試験だな」と感じました(もちろん根拠はありませんが)。そう思うと再度試験を受ける気は起きなくなりました。その後高まった世間のTOEIC熱にも眉をひそめていました。

最近は、天邪鬼な見方をするようになっています。あの手この手でスコアをあげようとすることで英語への熱意が薄れないなら、それはそれで結構。「攻略法」で得た下駄履きスコアで就職や社内で有利になるなら、これまた結構ではないですか。

TOEICである程度のスコアを取っても「一番大事なこと」をおろそかにしている限り、「現場」の英語には到底太刀打ちできない。そうした目を覚ますような体験をするまでは、あるいはそうした機会がない人には、TOEICは「攻略法」を使うことに何の疑問を感じない、ある種の資格試験であってもおかしくない。そんな風に考えています。

もちろん、私があるべき姿と思っているのは以上書いたこととは逆であることは言うまでもありません。

また、教える側に、TOEICのスコアアップが自己目的化した「攻略法」の伝授を売りにしている人がいるのなら、これはちょっと悲しいことですね。
2008/07/26(Sat) 10:08:23 | URL | 子守男 #SHLDkvn6[ 編集]
>ioriさん

ありがとうございます。
「英語学習戦士」でもいいのでは(笑)。


>子守男さん

コメント、ありがとうございます。
仰る通り、一般のTOEIC受験者は「目を覚ますような体験」がない限り、なかなか使える英語を身に付ける方向には行きませんよね。
世間のTOEIC熱に眉をひそめたくなるお気持ち、私も良くわかります。TOEICで正解を摂ることが英語学習の主眼となり、コミュニケーションのための英語がおろそかになるのであれば、憂うべき事態です。誤った方向に向かう流れを止めることができればと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
2008/07/28(Mon) 15:43:04 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.