TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
TOEICリーディング・セクションはスピードが勝負
TOEICリーディング・セクションはスピードが勝負

TOEICのリーディング・セクションには、問題が100問あります。
その100問を解くのに与えられる時間は、75分です。
急いで解かないと制限時間内に終わりません。
よって、スピードが重要です。

時間が十分にあれば正解を得られたであろう問題を、時間がないばかりに手がつけられず、答えをマークせずに提出するのはもったいない。
得点を伸ばすためには、とにかく最後まで終わらせることを目標にしてください。

時間内に終わらせるには、時間配分をうまく調整することです。
リスニング・セクションではテープの音声に従って解き進めれば良いので、時間を気にする必要はありませんが、リーディング・セクションは自分で時間の管理をしなくてはなりません。

理想的な時間配分は以下のとおりです。

Part V → 1問あたり30秒(40問あるので計20分)
Part VI → 1問あたり30秒(20問あるので計10分)
Part VII → 1問あたり1分(40問あるので計40分)


このペースで解くと70分で全100問を解き終えることができます。
5分余るので、その時間は見直しにあてるというのが理想です。
なかなか試験終了5分前に終わらせるのは、難しいのですが、それを目標にして急いで解く努力をしてください。

まあ、終わらなかったら、終わらなかったです。
仕方ありません。
終わらない場合も、とにかくどれか答えをマークしておきましょう。
運がよければ、当たります。

練習問題をやるときは上記の時間配分を意識してください。
「1問30秒はこのくらいのスピードか」というように時間の感覚が付いていきます。
1問1問、時計を見るのは時間がもったいないので、10問おきにチェックするのが良いでしょう。
練習問題をたくさん解くと、スピードも付いてきます。
お薦め問題集
初・中級学習者(~700点):「TOEIC TEST 初心者のための模擬問題集」(高橋書店)
上級学習者(700点~):「TOEIC Official Test-Preparation Guide」(Thomson Peterson’s)

TOEICの問題には考えて分かる問題と知っているかどうかで勝負が決まってしまう問題があります。
知らなければ解けない問題は時間をかけるだけ無駄です。
そのタイプの問題でつまずいたときは、その問題に固執せずにどれか適当に答えをマークして素早く次の問題に移りましょう。
時間内に終わらせるためには、解けない問題をいさぎよくあきらめることも必要です。

今日のまとめ:リーディング・セクションはスピードで決まる

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.