TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
Any Questions?
追記:
今日もラジオをお聞きいただき、また書き込みをしていただきありがとうございました。
書き込みをいただける番組をリスナーの方々と一緒に作っているという感じがしてうれしいです。
来週(13日)は休みます。次回の放送は20日(土)の予定です。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

本日(9月6日)放送分の音声ファイルをアップしました。
TBR Archive

TOEIC Blitz Radio presents
Any Questions?
Saturday, September 6th, 10a.m. – 12 noon
Topic: English as an academic subject vs. English as a practical tool
Reference:
Richards, J. C. (2003). Thirty years of TEFL/TESL: A personal reflection
http://www.professorjackrichards.com/pdfs/30-years-of-TEFL.pdf

Please send your comments and questions to Any Question? 9/6.

放送用URL:
http://203.131.199.132:8180/TBR.m3u
     ↑
放送時間にアクセスすると聞けます。   


The song of the week:

The Beatles / We Can Work It Out



Lyrics

From Wikipedea
http://en.wikipedia.org/wiki/We_Can_Work_It_Out

McCartney wrote the words and music to the verses and bridges, with lyrics that "might have been personal" and thus a reference to his relationship with Jane Asher.[3] McCartney then took the song to Lennon: "I took it to John to finish it off and we wrote the middle together."[3] According to Lennon, he "did the middle eight."[4]

With its intimations of mortality, Lennon's contribution to the twelve-bar bridge contrasts typically with what Lennon saw as McCartney's cajoling optimism.[1] As Lennon told Playboy in 1980, "You've got Paul writing, 'We can work it out / We can work it out'—real optimistic, y'know, and me, impatient: 'Life is very short, and there's no time / For fussing and fighting, my friend.'"[4] Based on those comments, some critics overemphasized McCartney's optimism, neglecting the toughness in passages written by McCartney,[1] such as "Do I have to keep on talking until I can't go on?". Lennon's middle shifts focus from McCartney's concrete reality to a philosophical perspective in B minor, illustrating this with a waltz-time section suggested by George Harrison that leads back to the verse,[3] possibly meant to suggest tiresome struggle.[1] Ian MacDonald said, "[Lennon's] passages are so suited to his Salvation Army harmonium that it's hard to imagine them not being composed on it. The swell-pedal crescendos he adds to the verses are, on the other hand, textural washes added in the studio, the first of their kind on a Beatles record and signposts to the enriched sound-palette of Revolver."[1] Oasis guitarist Noel Gallagher described the song as "The Song That Defines The Beatles"



blogrankingbanner_02.gif
////
Thank you for voting.

読んだら押そう、人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
参考の文章を興味深く読ませていただきました。このようなものをもっと読んでみたいと思いましたが、どのようにしたら見つけることができますか。また他に
言語習得に関するお勧めの本や、インターネット上の文章がありましたら教えてください。
2008/09/07(Sun) 11:34:07 | URL | iori #rtgpmLzg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/08(Mon) 00:10:17 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/08(Mon) 00:25:47 | | #[ 編集]
ioriさん

リンク先の論文、興味を持っていただけてうれしいです。
この手の文献を探す際のキーワードはSecond Language Acqusition またはApplied Linguisticsです。
ただ、数が多すぎるのでどれがいいか判断するのが難しいです。
面白いのもや役に立つものもありますが、訳のわからないものもたくさんあります。
お薦めの本ですが、この分野の全体像を把握したいのであれば
How languages are learned (Lightbrown & Spada) Oxford University Press
がいいでしょう。とてもわかりやすく説明されて、かつ重要なポイントが網羅されています。読みやすい英語で書かれていて、ページ数も少ないので入門書として最適です。
具体的なメソッドについて詳しく知りたいのであれば
Approaches and Methods in Language Teaching: A Description and Analysis
(RIchards & Rodgers) Cambridge University Press
がお薦めです。
各メソッドの理論的背景も含めて説明されています。
あと、私が個人的に好きなのはPaul Nationという人です。
http://www.multilingual-matters.net/illt/001/0002/illt0010002.pdf
このリンクのThe Four Standsというアプローチが私の感覚に合います。

SLAって面白い分野ですよ。



2008/09/08(Mon) 10:17:41 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
一番大切なのは、モチベーション
神崎先生

いつも楽しくラジオ拝聴しております。
白うさぎです。
9月6日放送でも、大変興味深いお話をして頂き、有難うございました。
とくに、最後にお話された英語の勉強方法については大変感動しました。

「学習のやり方は、いろんなやり方がある。
どれが正しい方法であるとかいうことはない。
一番大切なのは、モチベーションである。
自分で信じることができる方法でやれば、英語力はつく。」

今、Kerry Pattersonらの著書Crucial Confrontations(※)を読んでいるのですが、
この書著の中でも、まさに先生の話されていた内容がありましたので、ご紹介します。


・・・When people are involved in coming up with a potential solution, they’re more likely to be motivated to implement it, and that’s important. Consider the following formula:

Effectiveness = accuracy × commitment

Most problems have multiple solutions. The effectiveness of a solution depends on the accuracy of the chosen tactic. That’s obvious. It’s equally important that the person implementing the tactic believe in it. That’ where commitment comes into play.

-----------------------------------------------------------------------------------
A solution that is tactically inferior, but has the full commitment of those who implement it,
may be more effective than one that is tactically superior but is resisted by those who have to
make it work.
-----------------------------------------------------------------------------------

Kerry Patterson, Joseph Grenny, Ron McMillan and Al Switzler ‘Crucial Confrontations: Tools for Resolving Broken Promises, Violated Expectations, and Bad Behavior’
(McGraw-Hill, 2004/8/27) , p.155

※この本は、職場(上司と部下)や家族(夫婦や親子)で、できれば避けておきたいような
緊迫した話し合いを実現する方法について書かれています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/0071446524?ie=UTF8&tag=sa%5Faudiobook-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0071446524
2008/09/08(Mon) 18:57:33 | URL | 白うさぎ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/08(Mon) 19:05:01 | | #[ 編集]
>白うさぎさん

コメント、ありがとうございます!
ラジオを楽しんでいただけてうれしいです。

貴重なquote、ありがとうございます。
ここで言うcommitmentは「やる気」でしょうか。
やる気がないとだめですよね、何ごとも。
逆にやる気があれば、ちょっと変なやり方でも何とかなります。

When people are involved in coming up with a potential solution, they’re more likely to be motivated to implement it, and that’s important.
に関してですが、ある英語のproverbを思い出しました(元は中国?)。

Tell me and I'll forget.
Teach me and I'll remember.
Involve me and I'll learn.

生徒をinvolveさせるのが教育の鍵です。
Crucial Confrontationsもこの線ですよね。





2008/09/09(Tue) 00:51:59 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/09(Tue) 22:46:40 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/30(Tue) 13:09:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.