TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
パート5練習問題その7


いつも応援ありがとうございます。
今日は何位になっているでしょうか。

更新が滞ってすみません。それにもかかわらず投票してくださった方々に感謝します。それでは問題いきましょう。今日は自動詞と他動詞についてです。自動詞と他動詞の違いって、あまり神経質になる必要はないんですが、まあ語彙力養成の一環として捉えていただけたらと思います。







7-a. Our firm’s manufacturing plant is on the outskirts of the city, so please ------- to the map for guidance.
(A) check
(B) look
(C) refer
(D) consult

7-b. Mrs. Carter has been asked to carefully ------- the supplies list in order to avoid further discrepancies with inventory orders.
(A) check
(B) look
(C) refer
(D) consult










7-a. 正解(C)
訳 当社の製造工場は、市の郊外にあるので、お越しの際はこの地図をご参照ください。
解説 refer toで「参照する」という意味になり、文脈に合致する。(A) check「確認する」と(D) consult「(人に)相談する、(本・地図などから)情報を得る」は意味の上では文脈に合うが、他動詞なのでうしろに直接、目的語が来る。check the map / consult the mapであれば、正しい形となる。(B) lookはうしろにtoを伴ったlook toでは「関心を向ける、期待を寄せる」という意味なので、文意に合わない。look at「見る」であれば、文脈に合う。

7-b. 正解(A)
訳 これ以上、注文書との食い違いを避けるため、カーター氏は供給リストを入念に確認するように言われた。
解説 空欄のうしろにthe supplies listという目的語があるので、他動詞が求められている。選択肢中、他動詞は(A) check「確認する」と(D) consult「(人に)相談する、(本・地図などから)情報を得る」であるが、意味の上から(A)が適切。ここでは、the supplies listに目を通して注文書と合っているか確認する作業が求められている。それはcheckの意味と合致する。consultは表面的な情報を思考処理するという一歩踏み込んだ行為なので、単なるリストと注文書の照合作業を表すには不適切である。(A) lookと(C) referは自動詞なので、直後に目的語を取れない。うしろに前置詞を伴ったlook atやrefer toであれば、文法的に正しい形で、文脈にも合う。

自動詞(intransitive verbs)と他動詞(transitive verbs)

1. 自動詞と他動詞の違い
うしろに目的語が必要ない動詞が自動詞で、うしろに目的語が必要な動詞が他動詞です。

自動詞 Thanks to the economic boom, sales have been sharply rising.
好況のおかげで、売上げが急激に伸びている。
他動詞 All those in favour, please raise your hands. 賛成の方は、皆手を上げてください。
解説 rise「上がる」は自動詞なのでうしろに目的語を取らない。raise「上げる」は他動詞なので目的語が必要。ここではyour handsがそれに当たる。

自動詞 Please lie down and take a nap if you are tired.
もしお疲れでしたら、横になってひと眠りしてください。
他動詞 Please lay the books down on the table over there.
本は向こうのテーブルの上に置いてください。
解説 lie「横たわる」は自動詞なので目的語を取らない。lay「横たえる」は他動詞なので目的語が必要。ここではthe booksがそれに当たる。

2. 自動詞にも他動詞にもなる動詞
多くの動詞は、用法によって自動詞にも他動詞にもなります。

increase 「増える、増やす」
Electric bill rates have increased. 電気料金が上がった。(自動詞→目的語なし)
The government increased electricity rates.
政府は電気料金を上げた。(他動詞→目的語electricity rates)

open 「開く、開ける」
A new Italian restaurant opened yesterday.
新しいイタリアン・レストランが昨日開店した。(自動詞→目的語なし)
Mr. Alfred opened a new Italian restaurant yesterday.
アルフレッド氏は、新しいイタリアン・レストランを昨日開店させた。(他動詞→目的語a new Italian restaurant)

transfer 「異動する、異動させる」
Mr. Joyce will transfer to the marketing department.
ジョイス氏は、営業部に異動する。(自動詞→目的語なし)
The manger has decided to transfer Mr. Joyce to the marketing department.
部長はジョイス氏を営業部に異動させることに決めた。(他動詞→目的語Mr. Joyce)

3. 自動詞と混同されやすい他動詞
以下、自動詞と混同されやすい他動詞をあげます。日本語の意味を考えると動詞のうしろに前置詞を持ってきたくなるところですが、他動詞なので直後に目的語が必要です。

answer「答える」
The panellists answered many questions. パネリストたちは多くの質問に答えた。
(X)answered to many questionsは間違い。前置詞toは不要。ただしanswerが名詞で使われる場合は、うしろに前置詞toを伴う。
Mr. Jones couldn’t give me an answer to my questions.
ジョーンズ氏は、私の質問に答えることが出来なかった。
また、同じ「答える」という意味の動詞replyは自動詞でうしろに前置詞toを伴う。
The panellists replied to many questions. パネリストたちは多くの質問に答えた。

approach「近づく、話を持ちかける」
Several companies have approached Dr. Stanley, who developed a new fiber-optic communications system.
いくつかの会社が、新しい光ファイバー通信システムを開発したスタンレー博士に話を持ちかけている。
(X) approached to Dr. Stanleyは間違い。前置詞toは不要。

attend 「出席する」
Everyone on the third floor attended the meeting.
3階で働く者全員がミーティングに出席した。
(X) attended at/to the meetingは間違い。atやtoなどの前置詞は不要。ただし「出席している」という意味の形容詞presentのうしろには前置詞が続く。
Everyone on the third floor was present at the meeting.
3階で働く者全員がミーティングに出席した。
attend toは句動詞で「処理する、対応する」という意味になる。
Mr. Cook left the meeting early because he had some urgent business to attend to.
クック氏は、緊急に処理しなければならないことがあったので、ミーティングを途中で抜け出した。

consider「考慮する、考える」
Consider the matter carefully before you decide.
結論を出す前に、その問題についてよく考えて下さい。
(X) consider about the matterは間違い。前置詞aboutは不要。ただし同じく「考える」を意味する動詞thinkは自動詞でうしろに前置詞aboutが続く。
Think about the matter carefully before you decide.
結論を出す前に、その問題についてよく考えて下さい。

discuss「議論する」
Members of the board discussed the issue at length.
取締役は、その問題について長時間に渡り、議論した。
(X) discuss about the issueは間違い。前置詞aboutは不要。ただし意味の近い動詞talk「話し合う」は自動詞で、うしろに前置詞aboutが続く。
Members of the board talked about the issue at length.
取締役は、その問題について長時間に渡り、話し合った。

enter「入る」
Please turn off your mobile phone before you enter this room.
この部屋に入る前に、携帯電話の電源をお切りください。
(X) enter into the roomは間違い。前置詞intoは不要。自動詞goのうしろに前置詞intoを続けると、enterとほぼ同じ意味になる。
Please turn off your mobile phone before you go into this room.
この部屋に入る前に、携帯電話の電源をお切りください。
句動詞enter intoは「(契約などを)結ぶ、(話し合いなどを)始める」という意味を表す。物理的な空間に「入る」という意味では使えない。
The two banks have entered into merger negotiations.
その2行は合併交渉に入った。

explain「説明する」
The personnel manager explained the company regulations to me.
人事部長は私に会社の就業規則について説明してくれた。
(X) explained about the company regulationsは間違い。前置詞aboutは不要。

reach「達する」
The boat reached the shore. そのボートは岸に着いた。
(X) reached at/to the shoreは間違い。atやtoなどの前置詞は不要。ただし、似た意味の動詞arriveは自動詞なのでatを伴う。
The boat arrived at the shore. そのボートは岸に着いた。

resemble「似ている」
Our line of products resembles that of AMP Corp.
当社の製造品目はAMP社のものと似ている。
(X) resembles to AMP Corp.は間違い。前置詞toは不要。ただし「似ている」という意味の形容詞similarはうしろに前置詞toが続く。
Our line of products is similar to that of AMP Corp.
当社の製造品目はAMP社のものと似ている。

4. 他動詞と混同されやすい自動詞
以下、自動詞として、うしろに前置詞を伴って用いられる場合が多いものをあげます。他動詞と混同され、前置詞を落とす間違いを犯しやすいので、注意が必要です。

agree about/on/to/with「同意する」
Jules and Lynn agree about how to raise their children.
ジュルスとリンはどのように子供たちを育てるかということに関して同意している。
The management and the union can’t agree on the issue of worker’s compensation.
経営側と組合側は労働者の賃金に関して合意することが出来ない。
The client agreed to the deal. 顧客はその契約に合意した。
Children often don’t agree with their parents. 子供は親と意見が対立することがよくある。

apologize about/for/to「謝罪する」
We apologize about the inconvenience. ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
We must apologize for the delay. その遅れについてお詫びしなければなりません。
Ray sincerely apologized to his friend. レイは彼の友人に心から謝った。

complain about/of/to「苦情を言う」
A number of office workers complain about stiff neck and shoulders.
多くの事務員は首と肩のこりについて苦痛を訴えている。
Some people complain of poor ventilation in the building.
何人かの人はその建物内の換気の悪さに不満を漏らしている。
Voters are complaining to their representatives about a declining standard of living.
有権者は生活水準の低下に関して代議士に不平を述べている。

hope for「望む」
Both parties are hoping for a resolution to the conflict.
両者共にその紛争の解決策を望んでいる。

上の動詞も直後にthat節を目的語として取ることができます。
The two countries agreed that they will resume peace talks next month.
その2国は来月、和平交渉を再開することに合意した。

Some participants complained that the room was too crowded.
参加者の何人かは部屋が込み過ぎていると苦情を呈した。

Both parties are hoping that the conflict will be solved within a month.
両者は1ヶ月以内にその論争が、解消されることを望んでいる。


以上です。

最近、本の仕事が切羽詰っておりまして、ブログを更新する時間がなかなか取れません。すみません。向こう10日間くらいはあまり更新できないと思いますが、あしからず。3月になったら、多分余裕ができます。ネットラジオも再開したいと思います。以下の日程で放送を予定しています。
3月15日(日) Hyper Pyper PLT March 2009 三鷹のPTL英会話からの放送 ゲスト多数 
3月21日(土) TBR久々の三浦からの放送 テーマ:TOEIC本について スペシャルゲスト:ENJInearさん
3月29日(日) Nishinomiya Deep Throat 2009 テーマ:喉の使い方について 西宮の天満さんのところから放送 ゲストあり 参加者募集中

3月28日(土)に大阪でオフ会をやります。12時、新世界集合、串かつ+お好み焼き、日没解散

Q&Aにいただいている質問、お返事が遅れてすみません。「パート3&4の問題の先読み」、「IPテストと公開テストの点数について」、それとあと何件かいただいていますね。時間が出来次第、お答えします。

そうそうQ&Aといえば、4月から毎日WeeklyでTOEICのQ&Aコーナーをやることになりました。以下、毎日Weeklyからのお知らせです。

-----------------------

「TOEICの質問、大募集!」

 「毎日ウィークリー」では4月からの新連載で、TOEICテストに関する質問に
神崎先生が答えてくれます。

「TOEICテストのここを知りたい!」と思う方は
住所、氏名、年齢、職業を明記の上、

〒100-8051 毎日ウィークリー編集部、

もしくは、E-mail: weekly@mbx.mainichi.co.jp

の「TOEIC質問」係までご応募下さい。

-----------------------

まあ、このブログのコメント欄に質問を残していただいてもいいんですけどね。ほら、毎日Weeklyを定期購読してない人は、せっかく私が答えても、それを読めないので。毎日Weeklyって駅の売店とかでは売っていません。毎日新聞の販売所に申し込む必要があります。

そうそう、毎日Weeklyで思い出したんですが、昨年、TOEIC誌上特訓という企画で、読者の方4人にモニターになってもらい、私がトレーニングメニューを用意して、半年でどれだけ伸びるか試すというのをやったんですが、85~225点の伸びがありました。時間ができたら記事にしたいと思います。

あと、「正解一直線」の音声ファイル、頻出単語例文200とリスニング55本ノックの音声ファイルも作ります。あと、本体の音声ファイルも改訂版に合わせて作り直します。あと、YouTubeの動画レッスンもやりたいです。あと、スカイプを使ったリスナー参加型ネットラジオ番組もやりたいです。あと、「正解一直線」を教材にしたネットラジオの番組を定期的にやりたいです。まだまだやりたいことはたくさんありますが、時間がありません。すみません。

あと、3月20~22日、私の住んでいる神奈川県三浦市で「ロックの学園」というイベントがあります。
ロックの学園
「マグロ!大根!ロックンロール!」ってなんだよ、そのキャッチコピー(笑)このセンスが好きです。で、会場となる旧県立三崎高校なんですが、私の住んでいる所から徒歩3分のところなんですよね。いやあ、これはちょっと行かないわけにはいかないかなって感じです。3月になったら時間ができるかなあ。




blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング



テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
これです!
先生、お久しぶりです。
自動詞、他動詞、、これなんです。いつも気になっているのですが、取り組めていない課題の一つです。
そのせいで今、基本に立ち返っているところです。
こういう、きめの細かい追求が甘い自分なので、ずしりと重く受け止め、ウーゴと共に復習したいです。

さて、Oftenと言う語は、オフトゥンと読むアメリカ人が多いですが、SWテストや英検で使っても構わないのでしょうか?
昔、だめと言われた記憶があるのですが、、。
2009/02/08(Sun) 02:28:01 | URL | みかん #czwcMj9s[ 編集]
>みかんさん

お久しぶりです。コメント、ありがとうございます!
自動詞/他動詞の記事、気に入っていただけてうれしいです。
動詞の多くは使い方によって、自動詞にも他動詞にもなります。
なので、用法によって柔軟に対応するようにしてください。

oftenですが「オーフン」でも「オフトゥン」でも大丈夫です。
イギリスでも両方使われています。辞書にも両方の発音記号が載っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


2009/02/09(Mon) 22:57:11 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
ありがとうございました
お返事ありがとうございました。
先生のブログからいつも元気をいただいています。
いろいろな方のブログを見ると3月のテストに向けてがんばっていらっしゃるようですね。
私もがんばるために、予定どおりの勉強ができたら、先生のブログに投票することにします。ブログはないので、これを励みにすることにします。
2009/02/10(Tue) 11:03:37 | URL | みかん #czwcMj9s[ 編集]
>みかんさん

うれしいコメント、ありがとうございます。
3月のテストを目標に是非がんばってください。
それからブログランキングへの投票もどうぞよろしく(笑)
いい結果が出ることを願っています。

2009/02/11(Wed) 16:26:19 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/20(Mon) 12:20:38 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.