TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
ハートで感じる英文法 Lesson 4 & 5
ハートで感じる英文法 Lesson 4 & 5

Lesson 4 は先々週の放送でした。

テーマは倒置。

助動詞が主語の前に来る不安定な形。

「感情の高まり」を表す。

Am I glad to see you!

が放送では使われていた。

TOEIC的な例文はテキストに載っている。

Never have I heard such a boring lecture.

Rarely do we receive any complaints.

Under no circumstances must you allow anyone into the room.

Not only did they steal my passport and credit card,
but the took my cloths, too.

Only when I had been there for a year,
did I begin to feel at home.

Should you need any further assistance,
do not to hesitate to contact us.

先週は Lesson 5 。

テーマは否定。

not は後続の内容を打ち消す。

1. I deliberately didn’t touch it.

2. I didn’t touch it deliberately.

1. は touch it が打ち消されている。

よって「わざと触らなかった」。

2. は deliberately が打ち消されている。

「わざと触ったわけではない」けど「触った」ことになる。

not の位置で意味に大きな差が出る。

3. I really don’t like her.

4. I don’t really like her.

3.は「すごく好きじゃない(嫌い)」、4.は「すごく好きというわけではない」

not が後続を否定する例

Not many schools have such excellent facilities.

Not all the workers went on strike.

That’s not necessarily true.

This is not exactly what I expected.

Lesson 5 は8日水曜日の午前6:50と

午後0:10に再放送があります。

ちなみに英語では午後0:10を12:10 p.m. と表記する。

GTO (Great Teacher Onish) の著書



特に「ネイティブスピーカーの前置詞」はお薦めです。

私も使っています。



昨年夏の放送がDVDになります。

英文法は頭で理解するだけではダメ。

ハートで感じないと使えない。

ネイティブはどう感じているのか

という視点からの英文法レッスン。

画期的な発想。

英文法に対する新しいアプローチ。

今まで詰め込んできた意味のないガラクタを

捨てて、使える英文法を身に付けよう。

2月15日発売。

アマゾンで先行予約できます。

今注文すると22% OFF になりますよ。

「3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVD-BOX」


いつも投票ありがとうございます。 
   ↓
人気blogランキング


20060206233409.jpg



人気blogランキングを見よう

僕や君や彼らのため


ここをクリック→人気blogランキングへ

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
950円のテキストで済ませました
2度目の投稿になります、エッセンッス集中講座で昨年お世話になったものです。その後、1月試験の結果、735点が760点まで行きました。

本題ですが、「ネイティブスピーカーの前置詞」は授業中にご紹介を受け、本屋で立ち読みしましたが、その時は買うまでは行きませんでした。今回遅ればせながら、本ブログを通じて思い出させて頂き、(やはり紹介を受けで購入しほぼ2/3まで終えた)ALL IN ONEの副読本のつもりで、「ハートで感じる英文法」(NHK出版)のテキストを購入し、2週間ほどで読み終えました。久々に英語関連の本でいいものに出会えたと思っています。

実は、番組も録画してあったのですが、どうしても大西先生のあの「浮いた」感じが体質に馴染めず、また番組自体も集中力を削ぐ部分が多くて、ほとんど見ていませんでした。テキストはその点、要点を自分のペースで学べるので助かります。

神崎先生が尊敬されている大西先生は普段からあんな感じの方なのかどうか(同い年の)私としても関心はありますが、そんな事より、ALL IN ONEに代表される正統派の英語学習を縦糸にするなら、その横糸(斜糸?)のような感じで、この「ハートで感じる」方法も大切だなと、ここ最近の英語を使った仕事でも実感しています。

これからも良質なテキストや学習法のご紹介よろしくお願いします。蛇足ながら、「最強トリプル模試」は活用していますし、その新版も購入させていただく予定です。
2006/02/26(Sun) 09:24:11 | URL | 集中講座受講生#2 #-[ 編集]
集中講座受講生#2様

書き込みありがとうございます。

1月の試験で25点アップということで何よりです。

おめでとうございます。

集中講座はお役に立ったでしょうか?

大西先生は個性的な方なので、見る側の好き嫌いがはっきり分かれますね。

「あの先生、ちょっと気持ち悪い」という女性もいます。

私は「浮いた」感じが好きなんですが。

書籍の「ハートで感じる英文法」良かったですか?

実は私はまだ買っていません。

「ネイティブスピーカーの前置詞」は常に参照していますが。

おっしゃるとおりAll in Oneは正統派ですよね。

まじめに勉強するという感じです。

Linkage Clubのサイトはご覧になったことありますか?

私のブログにもリンクが貼ってあります。

「英語・TOEIC・英検の学習法、無料教材のサイト」から行けます。

メルマガも充実していますよ。

私も登録しています。

「トリプル模試」の新テスト版、現在執筆中です。

今週中に書き終わります。

発売は4月になると思います。

そちらもよろしくお願いいたします。

神崎正哉
2006/02/27(Mon) 00:00:03 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
加速度を付けた点数アップのために、、、
丁重なお返事ありがとうございます。次回の3月の「最終回」では加速度を付けて点数アップを狙いたいと思っています。

神崎先生の集中講座の内容は今でも私のPCに入っていますし、その要点はTOEIC受験直前に見る数枚のコピーの一つになって有効に使わせて頂いております。次回も同様です。

大西先生の本ですが、大西流の入門書としてはいい、といった主旨の書評をどこかで読みましたが、全くその通りだと思います。効率的にOverviewができて、私にとっては副読本としてとても良い役割を果たしてくれています。All IN ONEは私の性格に合っているようで主食ですが、「ハートで感じる・・」はおかずと言うよりはスパイスのような感じです。

Linkage clubは何度も見ていますが、メールマガジンはその昔(大過去!)登録したことがあります。でも登録するとスパム的に広告メールがくるので止めてしまいました。

今後ともブログを参照にさせていただきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

2006/02/27(Mon) 08:58:17 | URL | 集中講座受講生#2 #-[ 編集]
集中講座受講生#2様

3月の試験での点数アップ、是非実現してください。

応援しております。

私の講義の内容を今でも見直してくださっているとのことで、非常にうれしく思います。

良い結果につながることを願います。

ALL IN ONEが主食で「ハートで感じる...」はスパイスという捉え方、的を得ています。

ALL IN ONEはTOEICに直結しています。

非常によくできた学習書です。

「ハードで感じる...」の方は学習というよりも感じ方の説明で、必ずしもTOEICには結びつきません。

ただし英語を実際使うとなったとき、心で感じる(体で覚えている)文法が役立つと思います。

TOEICでは意識的に学習した知識が問われるのに対して、英語を使ったコミュニケーションでは無意識の領域で機能する感覚的な英語の運用力が必要になります。

英語学習には本来、両方が必要だと思います。

両方バランスよく取り入れていくと伸びると思います。

3月の試験まであと4週間弱ですね。

最後の追い込み、がんばって下さい。

神崎正哉

2006/03/01(Wed) 00:15:41 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.