TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
「200点アップ術(下)リーディング編」サポートページ



新TOEIC TEST神崎式200点アップ術(下)のサポートページです。音声ファイル等、少しずつアップしていきます。

誤植情報
7/6 p. 224 問題200の解説2行目 「Typeの蘭に」→「Typeの欄に」
6/20 p. 207 問題166の解説の最後に「正解です。」を追加
5/31 p. 154 メールのヘッダー 
To: Tammy Sandlin → To: Effie Gatfield
From: Effie Gatfield → From: Tammy Sandlin
p.205 和訳
宛先:タミー・サンドリン → 宛先:エフィ・ガットフィールド
送信者:エフィ・ガットフィールド → 送信者:タミー・サンドリン
5/29 p. 18 #8の解説の最終行
「主語が複数形なので(B) costが正解です。」→「過去のことを述べているので過去形の(B) costが正解です。」


>>人気ブログランキングはこちら
ご訪問いただき、ありがとうございます。
まだコンテンツが揃っていません。すみません。

別サイトにページを用意しました。



RC Succession / Sweet Soul Music





blogrankingbanner_02.gif


人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/17(Wed) 21:52:27 | | #[ 編集]
神崎式、解説の英文全てに和訳がついていると嬉しいのですが
神崎先生

はじめまして。大野と申します。普通のサラリーマン(SE)で英語は全く使わない職場の英語学習者です。

6月にTOEICを受け、その際「出来なかった・・・」という感触があまりにもありすぎ、7月からこれでは駄目だと思い、先生の”200点アップ術”始めました。

やり始めて思ったのですが、解説の例文にも和訳が全文についていたらなぁ、と思ったので、書き込みました。
たとえば、下巻ですとPART5の
We Will ship your order when full payment is received
などの例文等です。

何故かというと、和文→英作文の訓練も出来るからです。(自分で和訳してそれでやれよ、という意見もあるのは重々承知しておりますが・・・。サポートページに載せて頂けると幸いです)先生の本の内容は100%全て暗記しておきたいという思いがありますので。

ところで自分ですが、昨年の12月から勉強を始め、3月のTOEICで600点で、目標は来年の3月に900点越えを果たすことです(いつかTBR出たいですね)。

日々のトレーニングは、こんな感じです。
・音読→スーパーエルマーVOA 3回
・文法→Forest繰り返す
・英作文→すらすら繰り返す
・TOEIC演習→神崎式4Pずつ
・単語→極単Advanced30Wordずつ
・通勤時→どんどん繰り返し、Core1900繰り返し、1日1分DSレッスン
・その他→ロッキーのサントラで勉強開始前にテンションあげる

今は文法のマスターとTOEIC演習に力を入れ始め、まだまだヒヨッコです。
でも、先生の本と共に目標達成に向け日々精進していきます。

先生のこれからの書籍ならびにTBRにも注目しておりますので、お体を大事になさり我々学習者の憧れでいつまでもいてください。では。
2009/07/05(Sun) 06:36:45 | URL | 大野 洋 #JdtB6i5c[ 編集]
>大野さん
コメント、ありがとうございます。神崎式をお使いいただいているということでうれしいです。

「解説の英文に和訳を」というご提案ですが、残念ながら和訳を付ける予定は当面ございません。
それにはふたつの理由があります。

ひとつは和訳を付けている時間がないからです。
例文をひとつひとつ拾って和訳を付けるのって、結構時間がかかるんですよ。
このサポートページは音声ファイルの提供が主な目的でして、そちらを優先させたいと思います。
和訳よりも音が大事です。

もうひとつは和訳を付けることのメリットを感じないからです。
むしろ和訳を付けることで害があるとすら感じています。
和訳をつけることで学習者の方が和訳に頼ってしまうことを危惧します。
私は英語を英語のまま日本語に頼らず理解するのが英語力養成の鍵だと思っています。
和訳に頼った学習はそれに逆行します。

解説で使っている英文はそれほど難しいものはないと思いますが、いかがでしょうか。
和訳がなくても意味がわかるもの(例えばplease vist our Web siteなど)が大半だと思います。
また、英文を読むとき、きれいな日本語に直す必要はまったくありません。
例えば
We will send your order when full payment is received.
という例文は
「you order をsend する、full paymentが receiveされたときに」くらいの
とらえ方で十分です。order, send, full payment, receiveの意味を知っていれば
例文の意味は取れるはずです。

「本の内容は100%全て暗記しておきたい」ということですが、和訳を暗記しても英語力は伸びません。
和訳ではなく、英文を暗記するように努めてください。
英文を暗記する練習は効果的です。
例えばパート3の会話やパート4のトークを暗記するくらい声に出す練習をすると
日本語を介さなくても意味をとらえることが出来るようになります。

どうしても英文の意味を確認したいというのでしたら、大野さんの方で
「p. 34 The board members meet every Monday. 役員は毎週月曜日に会う ←これであってますか。」
のような感じで質問していただければ、
「はい、meetはここでは会合を開くという意味です。毎週月曜日に役員会を開くというような意味になります。」
というような感じでお答えいたします。

ご希望に沿えず、すみません。

TBRをお聞きいただいているんですね。ありがとうございます!
いつか機会がありましたら是非ご出演ください。
これからも英語学習がんばってください。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

神崎正哉

2009/07/06(Mon) 14:07:05 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/06(Mon) 20:43:21 | | #[ 編集]
神崎先生、こんにちは。リジーです。お久しぶりです。TOEIC毎回受けてますよ。2月のIP840点から
3月末結果880(L470R410)5月末865(L450R415)に、今日分かった6月末の結果は885点(L445R440)でした。これは伸び悩みというのでしょうか?少しは前進してるといえるのでしょうか?前回は少しですが、自己ベスト更新しました。
「200点アップ術」の上下とも購入して毎日ほんとに少しづつですが、続けてます。今月26日も受験します。いつも試験会場は、関東学院だったのですが、前回から明治学院横浜校です。
先生もご受験される予定ですか?
次回は当日にLRの自己ベストが出るようになんとかがんばってみます!
2009/07/21(Tue) 19:05:43 | URL | リジー #-[ 編集]
>リジーさん

お久しぶりです。コメント、ありがとうございます。
TOEICの自己ベスト更新おめでとうございます!

TOEICスコアの解釈の仕方ですが、ある程度誤差があるのは確かです。
「英語力」という抽象的なものを具体的な数値で表すことに元来無理があるので。
なので、どう解釈するかはご自身次第ですが、
スコアが上がった場合は、「前進している」とポジティブにとらえるのがいいと思います。
もしスコアが下がった場合は、誤差の範囲と解釈して、自分のやる気を上げる方向に持っていくことを
私は勧めています。

200点アップ術上下巻、ご購入いただき、ありがとうございます。
先日、この2冊を使って960点まで上がったという報告をしてくださった方がいます。
リジーさんのような上級者の方でも得るものがあるはずです。
是非スコアアップに役立てていただけたらと思います。

今度の日曜日、私も受けます。会場は横須賀の湘南短期大学です。
お互いがんばりましょうね。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009/07/23(Thu) 12:48:49 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
神崎先生おはようございます!!!
神崎先生の「新TOEIC TEST神崎式200点アップ術(上)」を買って勉強していたのですが、
内容が素晴らしかったので、
R:(下)の方も購入し、昨日届きました!!

会社にTOEIC900以上の人がいてその人に聞いたのですが、
LよりRは上がりにくいというのは本当でしょうか?

私は大学卒業後ずっとTOEICの勉強をせずに受験していたら
5回受けてすべて415~490の間でした。

で、ライバルが655を取ったと聞いてやる気がみなぎり、
今年の2月下旬から勉強を開始しました。
3月のTOEICで555まで上がり、6月でついに610まで行きました。
しかし、Rの勉強オンリーでLは何もしていませんでした。
というのがまずは単語力からと思い、
Rで勉強したすべての内容のすべての知らない語をノートに書いて(発音記号も)覚えまくりました。

ですが、3月でR:275、6月でもR:295までしかいきませんでした。
Lの方は何もしていませんでしたが、3月:280、6月:315でした。
この感じだと当然ですがパーセンタイルランクはRの方が上でした。
Rが上がっている感じは持ったのですが、
5ヶ月勉強してもLを超えられませんでした。

私の勉強方法はまずいですか?
単語帳は持っているのですが、どうもそれでは覚えられないので
問題で出てきたすべての知らない単語を覚える作戦を取っているのですが、
こういうやり方っていかがなものでしょうか?
先生の下巻R編の方もそのままのやり方で考えていますが、
もっと有効な方法がありますでしょうか?

ちなみにPart5は中村先生の千本ノックをやりまくったら6月は文法部分が93%まで行きました。
Part7に関係するところは40%とか60%とかそれくらいですね。
なんせ、最後まで問題を解けたことがない。
いつも185~190問目くらいになると残り時間数分となって塗り絵になります。

文法に時間がかかり過ぎているのは承知なのですが、
Part7は難易度の高い問題に正解できる自信がなく、
Part5,6を確実にとって7は簡単な問題のみを解く様にしています。

目標は11月で670超え、3月でできれば730超えなのですが、
何か行き詰まり感を覚えます。

Lは先生の上巻で370くらいまでいけそうな気がしますが、
Rの方が全然自信がありません。
すごくがんばっても330くらいが限界な気がしています。
というのがこの5ヶ月間Rばかりやってこれなので。。。。

私のRの勉強方法にアドバイスがあればコメント頂けませんでしょうか?
2009/08/03(Mon) 05:43:55 | URL | プチメタボ #TY.N/4k.[ 編集]
>プチメタボさん

長いコメント、ありがとうございます!

神崎200点アップ術、上下巻ともご購入いただき、感謝します。

>LよりRは上がりにくいというのは本当でしょうか?

平均点はLの方が高いです。しかし個人差もありますので、Rの方が高い人もいます。
スコアの伸ばしやすさですが、これもまた個人差があります。
一般的に言って、パート5・6は短期間で伸ばしやすいパートだと思います。
問題のパターンがある程度決まっているので、それに慣れることでスコアが伸びます。
リスニングは、聞き取れるようにならないと上がらないので、伸ばすのに時間がかかります。

>私の勉強方法はまずいですか?

「まずは単語から」というアプローチは正しい方法だと思います。
ただ、単語の覚え方ですが、「英語→日本語」「日本語→英語」の置き換えをしているだけでは
足りません。TOEICの頻出語句を例文ごと音と一緒に丸覚えするように効果があります。
そのためには「ウルトラ語彙力主義」や「出る順で学ぶボキャブラリー990」の音声ファイルを使い、
Listen & Repeatの練習をたくさんやることをお薦めします。

>単語帳は持っているのですが、どうもそれでは覚えられないので
>問題で出てきたすべての知らない単語を覚える作戦を取っているのですが、
>こういうやり方っていかがなものでしょうか?

ある程度、TOEICの頻出語句をマスターしたらその方法がいいと思います。
TOEICの頻出語句は、中学で習う1000語プラスTOEIC的な1000語の計2000語です。
そのぐらいの語彙力がないと、「問題に出てきたすべての知らない単語」がかなりの量になると
思いますが、如何でしょうか。

>文法に時間がかかり過ぎているのは承知なのですが、
>Part7は難易度の高い問題に正解できる自信がなく、
>Part5,6を確実にとって7は簡単な問題のみを解く様にしています。

試験を受ける際は、そのやり方でいいと思います。
ただスコアアップを狙うのであれば、日頃からリーディング力を伸ばす練習をして
パート7の問題も解けるようになる必要があります。
TOEICのパート7の練習と平行して、多読と速読の練習を行うと良いでしょう。
簡単に言うと、たくさん読む練習と速く読む練習です。
多読と速度については、次のキーワードで検索してください。教材等が見つかるはずです。
多読 extensive reading, graded readers 速読 speed reading, timed reading

このような練習をして、パート7でスコアを伸ばすことが730点突破の鍵になると思います。
がんばってくださいね。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009/08/04(Tue) 18:56:54 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
単語学習に関して・・・

何回も質問してすいません。
単語学習に関してなんですが、
私は、日本語を解さずに英語のまま理解するために、和訳を赤シートで隠し、英文を音読して、単語と英文の吸収を試みているのですが、これでは不適切でしょうか?
今までの一語一訳的な学習法(受験英語)に
慣れてしまっているので、文章音読は即効性がないというか、なんというか・・・

2009/08/05(Wed) 18:28:06 | URL | princessmia #-[ 編集]
>princessmiaさん

ご質問、ありがとうございます。
「和訳を赤シートで隠し、英文を音読して、単語と英文の吸収を試みている」ということですが、これは「日本語を解さずに英語のまま理解する」ことを目指してやっているんですよね。それでしたら、大丈夫です。日本語に頼らずに英語を英語のまま理解しようという姿勢というか心構えが大事です。

文章音読の効果に疑問があるようでしたら、無理してやる必要はありません。私は自分でやって効果があったので、人にも勧めていますが、人それぞれ合う学習法は異なるので、万人に効果があるかどうかはわかりません。
それに、「これをやって本当に効果があるのだろうか」と疑いながらやると効果は出ません。自分が納得できる方法でやるのがいいと思います。
がんばってくださいね。



2009/08/08(Sat) 10:45:03 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
ううん、どうしたものか、難しいですね。
音読は言語学習の基本であり、必要不可ですよね。
色々語学学習に関する書籍を読んで、分析整理すると、音読は誰もが推奨する方法なので、間違ってはいないと思っているのです。
同時通訳の神様、國弘正雅さんも只管音読で
英語の覇者になったわけですし。
文章音読の効果に疑問があるわけではないんですよ。言葉足らずですいません。

2009/08/08(Sat) 21:41:31 | URL | princessmia #-[ 編集]
>princessmiaさん

レス、ありがとうございます。
私も國弘正雅さんの「國弘流英語の話し方」を読んで、音読の効用を再認識しました。
あれ読むと「音読って良さそうだ」と感じませんか。
良さそうだと思ったらやってみてください。
同じ文章を何百回も繰り返して音読して、英語を体に染み込ませると、効果が実感できると思います。
英語学習には同じことを何回も繰り返すという地味な努力が不可欠です。
がんばってくださいね。

2009/08/08(Sat) 22:52:01 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
只管筆者も行ったほうがいいのでしょうか?
ひたすら写していく、というのは初学者には効果あると思いますが、中級者(中高大学生のの現役)にも効果あるでしょうか?
2009/08/09(Sun) 07:09:24 | URL | princessmia #-[ 編集]
>princessmiaさん

ご質問、ありがとうございます。
只管筆写に関してですが、私自身やったことがないので、効果のほどは定かではありません。
ただし、私の友人が音読筆写(音読をしつつ、手で紙に書く)をやったら単語や文章が良く覚えられたと言っていました。
なのである程度の効果はあると思います。
ただし、声に出す練習の方が重要です。
まずは、音読をしっかりやる、そして余裕があったら書き写す練習もするというのでいいと思います。
2009/08/09(Sun) 15:22:54 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
900点の壁
こんにちは。880点台で伸び悩んでるリジーです。この春からのTOEICはすべて受験したのですが、 3月 880(L470、R410)、 
6月 885(L445、R440)、 
7月 880(L450、R430)
というスコアが続いてます。
まさに900点の壁の前に立っているところです。
L Rの自己ベストを両方出しさえすれば、900点まで届くところまでは来てます。
(これも神崎先生のアドバイスのおかげだと感謝してます。)
しかし、今は壁の前で焦っている自分がいます。壁を打破する良いアドバイスを是非ヨロシクお願いします。
ちなみに先生の著書は殆どすべて持ってます。先日ララポート横浜の本屋で「速読7つのルール」が大きく宣伝してあったので、これも購入しました。
2009/08/26(Wed) 14:57:51 | URL | リジー #-[ 編集]
>リジーさん

コメント、ありがとうございます。
「7つのルール」をご購入いただき、感謝したします。
ララポート横浜で宣伝してありましたか。それはうれしいことです。

さて、900点の壁がなかなか超えられないと言うことですが、リスニングとリーディングのそれぞれのベストを合計すると910点になっているので、実力的には900点を超えているのではないでしょうか。
あとは運がよければ、リスニングとリーディングのベストスコアが同時に出て、900点を超えられるはずです。

学習法に関しては、これまで通り、TOEIC対策を続けるでもいいんですが、もう少し英語の実力的に
1ランクアップを目指すのであれば、TOEICから離れた学習をしてみるものひとつの手です。
たとえば、洋画やドラマを見る、英語の新聞、雑誌、本を読むなどです。
そうやって生の英語にたくさん触れて、リスニング力とリーディング力を鍛えれば、英語力が950点レベルに
伸び、余裕で900点突破が出来ると思います。
がんばってくださいね。応援しています。
2009/08/28(Fri) 23:03:41 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
幅広い学習
神崎先生、お返事ありがとうございます。
900点まであと一歩のところで停滞して、メゲそうになってましたが、先生のコメントでまたやる気になりました。
そうですね。900点の壁を乗り越えるためには、幅広い学習も必要ですね。
先生の著書を復習しながら、それプラス映画や英字新聞にも挑戦してみようと思います。
英国映画やアメリカドラマが大好きで週に何本もみてるのですが、実は日本語字幕にバリバリ頼っていました。これを、英字字幕や、字幕無しにしたらこれも多聴学習に繋がりますね。JTWや先生お勧めのGraded Readersなど本腰入れて取り組んでみます。
はやく先生に良い報告ができるように努力してみます。いつもながら、有益なコメントありがとうございました。
2009/08/30(Sun) 15:01:57 | URL | リジー #-[ 編集]
>リジーさん

レス、ありがとうございます。
やる気になったということで、私もうれしいです。
リジーさんくらいのレベルになると、いかにたくさん英語に触れたかによって英語力の伸びが決まると思います。
英語にたくさん触れるように心がけてくださいね。
良い報告が聞けることを楽しみにしています。がんばってください。

2009/08/30(Sun) 23:33:20 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
公式問題集4
神崎先生、こんにちは。
先日から幅広い英語学習を心がけて取り組んでます。
ところで、TOEICの公式問題集4が発売になりましたが、すぐ購入してリスニング長文PART3.4のコピーイングを始めたほうがいいのでしょうか?PART5文法などの新しい問題の傾向が載っているのでしょうか?もし先生がご存知でしたら教えてください。
2009/09/02(Wed) 09:54:13 | URL | リジー #-[ 編集]
>リジーさん

コメント、ありがとうございます。
公式問題集4はまだ見ていないんですが、おそらく内容はいいと思います。ETSが作っているので、他の市販の問題集の追随を許さないでしょう。
「すぐ購入してコピーイングを始めた方がいいか」というご質問ですが、ご自身次第です。公式問題集2&3のコピーイングをしてみて、如何でしたか。「まだ、練習が足りない」とお感じでしたら、公式問題集2&3を使った練習をやってください。「もう、十分だ。新しい素材でやりたい。」とお感じでしたら、公式問題集4を使うのもいいでしょう。また、「もうTOEICの会話は飽きた」というのであれば、TOEICに関係ない音声素材を使うのもいいと思います。それはそれで英語力を伸ばす効果があります。

パート5の文法に関してですが、まあ、そんなに大きな傾向の変化はないと思います。あくまでも推測ですが。

がんばってください。

2009/09/02(Wed) 11:01:15 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
P.29 例題108 についての質問
神崎先生、こんばんは。
早速ですが、質問があります。

P.29 例題108
Ms. Douglas accepted the award ------ the company.

と問題があり、正解が on behalf of とありますが、他の選択肢である according to は何故ダメなのでしょうか?

文末にaccording toを置く用法もあるようなので、不正解の理由は文法面ではなく、意味が通らないのでしょうか?

よろしくお願いします。
2009/10/26(Mon) 23:47:54 | URL | uminamie #-[ 編集]
>uminamieさん

ご質問、ありがとうございます。ご明察の通り、「不正解の理由は文法面ではなく意味」です。
Ms. Douglas, the president of Mobile Link Inc., accepted the award according to the company.
では意味的にちょっと不自然な感じがします。
まあ、言えないことはないんですが。
ダグラスさんが賞を受け取ったということを会社が発表して、それを聞いて書いているのであれば。
でもそういう状況はあまりないと思います。
ダグラスさんが賞を受け取ったということは、ソースを明示する必要性がある事項ではないので
「according to the company」の部分が不必要というか。

それに較べて
Ms. Douglas, the president of Mobile Link Inc., accepted the award on behalf of the company.
は、良くありがちな状況で、文自体自然です。
社長がその会社を代表して受賞式に参加することはよくあることなので。

>ねらーの方

以下の質問にお答えします。向こうにコピペしていただけますか。

346 名前: 名無しさん@英語勉強中 [sage] 投稿日: 2009/10/26(月) 23:29:49
神崎さんは英語の基礎はどのように学んだんだろう。正確に文を読むには構文の
理解が必要だろうし。

イギリス時代に文が正確に読めるようになったのか、渡英するまえに構文の勉強を
したのかどうなのだろう?

>>346
「構文の勉強」ってどういう意味?文のパターンの捉え方?それとも「~構文」という名前が付いてるやつ?
学習歴を簡単に説明すると、中学で習う英語は、大体理解していた。
「英語は苦手」と言っても中学時代の英語の成績は10段階評価で7くらいだった。
大学受験の英語はほとんどやっていない。共通一次(今のセンター試験)の英語の
練習問題はやったけど、本番では200点中140点くらいの出来だった。
高校時代、受験参考書に載っているようなクジラ構文やらなんやらはやっていない。
大学時代はNHKの英会話をやってた。会話を暗記してたんで、そこに出てきた文のパターンは
覚えた。
あとは、イギリスで英語学校に通っているとき、文法はかなりやった。
3年目にケンブリッジ英検のCPEのコースを取っているとき、倒置構文とか分詞構文とかも習った。
でもそのころはもう、かなり英語の感覚が出来ていたからねえ。CPEって国連英検特A級より上。
「文が正確に読める」っていうのはイギリスに行ってからだね。初めの頃は読んでも意味が取れなかった。
でも読む練習をするうちに、あと語彙力が増えるにしたがって、だんだん読めるようになった。

2009/10/27(Tue) 16:38:43 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
業務連絡
>>357
コピペ、ありがとうございます!
2009/10/27(Tue) 22:28:18 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
文構造が分からない
神崎先生こんばんは。プチメタボです。
早速本題でP.73の下から5行目なのですが、
A union between the two airlines could help the resulting carrier boost revenue and cut costs.
の文構造が分かりません。

直訳するとどうなりますか?また文法は一体どうなっているのでしょう?
「2つの航空会社の合併が結果として収益の増大を生み出す運び屋??・・・」
その後はhelp (to) cut costsですか?
2009/11/01(Sun) 19:05:46 | URL | プチメタボ #TY.N/4k.[ 編集]
>プチメタボさん

ご質問ありがとうございます。
この英文、構造が複雑ですね。細かく見ていきましょう。

A union between the two airlines (主語)/ could help (動詞)/ the resulting carrier (目的語)/ boost revenue and cut costs. (help to boost revenue and cut constsの意)

A union between the two airlinesが
could help 助ける可能性がある/助けることが出来るかも知れない/助けになるかも知れない
(何を助けるの?)the resulting carrier を → the resulting carrierは合併の「結果として誕生する」(= resulting)航空会社(=carrier)
(何することを助けるの?)boost revenue and cut costs 収益を伸ばしコストを削減することを

要するに、合併によって(新しく生まれる会社は)収益が上がりコストを削減することが出来るということです。

こんなところでよろしいでしょうか。
また何かありましたらお気軽に書き込みしてください。

それでは、また。

2009/11/01(Sun) 19:54:45 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
ありがとうございます
神崎先生早速のご回答ありがとうございます。
carrierは航空会社のことだったんですね!
それで文構造がよくわかりました。
これ結構難しいですね。
本番では難しいのをいちいち考えている暇はありませんが、
ちょっとでも分かるようにがんばります。
この度はありがとうございました。
またよろしくお願い申し上げます。
2009/11/03(Tue) 17:25:22 | URL | プチメタボ #TY.N/4k.[ 編集]
>プチメタボさん

お返事、ありがとうございます。
神崎式を使った学習、がんばってください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2009/11/04(Wed) 00:18:21 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
質問です。
本書ののっけから「?」マーク点灯しています。低レベルですがお願いします。

P15 プレテスト11.
「would like」 のあとに「名詞」+「過去分詞」が続いている部分がしっくりしません。
「like」のあとに「to have」が省略されていると考えるべきか、または「information」を単に過去分詞が後ろから形容しているとすべきでしょうか?

P20 1.名詞の3
「CEOからのコメントはもらえなかった」というのは
聞き手がコメントを入手できなかったことをいう場合と、
CEOからコメントをすげなく無視され暗に批判している場合と、
あるいはCEOにコメントするスケジュール上の時間的余裕がなかった場合の、
いずれにも"available"からは意味が取れそうに思うのですがどうなのでしょうか。
2009/12/03(Thu) 02:17:11 | URL | A-25 #-[ 編集]
>A-25さん

神崎式下巻をご利用いただき、ありがとうございます。

>P15 プレテスト11.
>「would like」 のあとに「名詞」+「過去分詞」が続いている部分がしっくりしません。
>「like」のあとに「to have」が省略されていると考えるべきか、
>または「information」を単に過去分詞が後ろから形容しているとすべきでしょうか?

確かにここの部分、分析しようとすると複雑ですね。
would like = want と捉えてください。If you want information

後ろのsent to youはIf you want infromation to be sent to you のto beが省略された形と捉えてください。
want / would like <目的語> to be done でto be の部分が省略されることはよくあります。

>P20 1.名詞の3
>「CEOからのコメントはもらえなかった」というのは
>聞き手がコメントを入手できなかったことをいう場合と、
>CEOからコメントをすげなく無視され暗に批判している場合と、
>あるいはCEOにコメントするスケジュール上の時間的余裕がなかった場合の、
>いずれにも"available"からは意味が取れそうに思うのですがどうなのでしょうか。

The CEO was not available for comment. ですが
ジャーナリストが渦中のCEOからコメントを得ようとしている場面を思い浮かべてください。
電話をしたり、直接オフィスに押しかけたりして、「すみません、CEOのジョーンズさんにコメントをいただきたいのですが」というリクエストに対して、秘書から「彼は今、ここにいません/会議中です/話せません/本日は出社しておりません」というような返答を受け(断る理由の真偽はどうであれ)、コメントがもらえない場合、The CEO was not available for comment. とレポートします。

2009/12/04(Fri) 01:07:22 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
まるでそこは迷路でした
神崎先生には早速回答して頂いたにもかかわらず何の返信もせず大変失礼致しました。

would likeをwant に置き換えてみると何の違和感も感じなくなりました。
当時何故あれほど妙にひっかかったのか、それにはどうも原因があったようです。

七月横浜のセミナーで先生には初めてお会いしました。
そこで先生はバランス良く勉強する事を、
金井さやか先生からは楽しい目的を持ちそれを叶える手段として英語を上達させる術を習いました。

以来楽しみ(心賭け)ながら緊張感を持って勉強してきたのですが、
年内最後の公開テストの後に、計画性ないまま"200点アップ"をやりだして以来
英文のあちこちが気にかかるようになり、
神崎先生に例の質問した後は、もうどうどう巡りの考えしか出来なくなっていました。

今、CDを使って模試をやりはじめたらフウーッと目が覚めた気がしています。
「あぁ~テストわからないけど面白い? ウソ~?」
思えば今まで良かれと、文法と"出るボ"の繰り返しばかりに縛りつけてました。

虚無とマンネリに陥るなんて全然バランスよくなかったです。
返信できないことがずっと心苦しかったです。

※下記はwould likeに関する抜粋です。

[ジーニアス英和第4版]
・I would like the book returned soon. すぐにその本を返していただきたい

[LONGMAN英和]
would like (to have) something done  <...>を<...>してもらいたい
・I'd like the report finished by tomorrow. 報告書は明日までに仕上げてもらいたい

これからは分析に悩む分を多読に時間を費やしていくつもりです。
以上、お世話になりました
2009/12/08(Tue) 03:42:16 | URL | A-25 #-[ 編集]
>A-25さん

お返事、ありがとうございます。
7月の横浜のセミナーに参加してくださっていたんですね。その節はありがとうございました。

もやもやした疑問が晴れ、すっきりしたようで何よりです。また何かありましたら、ご遠慮なくどうぞ。

would like <名詞><過去分詞>の例文の抜粋、ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。



2009/12/09(Wed) 17:40:01 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.