TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
A Walking Tour of Yanaka
UdoB.jpg
Udo Bartsch

Let's explore beautiful Yanaka together, in English!

英語のガイド付きウォーキングツアーを江戸の風情を残す寺町、谷中で行います。谷中は上野と本郷の間にあります。

ウィキペディアの「谷中」のページはこちら

みなさん、英語を使えるようになりたいと思って、日々英語学習に励んでいらっしゃると思いますが、英語を使えるようになるためには、英語を使うことが必要です。そうは言っても、英語を使う環境にいない人は、あまり英語を使う機会ってないですよね。そんな人にお薦めの英語によるウォーキングツアーがあります。約1時間半、英語による観光案内を聞き、英語で質問をしたら、英語で答えてくれます。いつも本で英語を勉強している方、英語を実際に使ういい機会ですよ。

ウォーキングツアー詳細

日にち:9月26日(土)、27日(日)、10月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、12日(祝)、17日(土)、18日(日)

時間:午後3時から約1時間半(集合場所で午後2時から音楽の演奏があります。早めに行くとそれも見られます。)

参加費:1,000円(集まったお金はすべてインチャチャンボの友達というチャリティーに寄付されます。)

集合場所:台東区谷中1丁目7-24 ねんねこや脇 玉林寺敷地内 日暮里駅南口より徒歩20分程度 千代田線根津駅より徒歩5分

集合場所のGoogleマップはこちら(根津駅からと日暮里駅からの行き方)

art-Link 上野-谷中2009というイベントの一環として行われます。

art-Link 上野-谷中2009公式サイトはこちら

ガイド:Udo Bartsch (私の友人、英語講師の経験豊富、南アフリカで観光ガイドをやっていた、ツアーガイドの公式資格あり、面白い、ハンサム、背が高い、笑顔が素敵)

参加特典:「スティーブ、今夜スシバーにご案内しましょう」(Daniel Warriner / 神崎正哉 著 実務教育出版 定価1200円)を先着50名様にプレゼント



A message from Udo

My name is Udo Bartsch.

Originally from South Africa, I moved from Cape Town to Japan in April this year, my second time here. I had lived in Japan once before for several years, working as an English teacher.
Things that I like in random order are: Children, traveling, Yanaka and Nezu, Tokyo, hiking and climbing, flowers, my wife, bird-watching, Africa, English teaching, building and woodwork, animals, nato, uni and most Japanese food.

Jobs I have done: Tour guiding in Africa, English teaching, building.

Age: Not so young anymore.

Udo_Fumi.jpg
Udo and his wife, Fumi, in Kyoto

About Intyatyambo:

In South Africa in early 2007, I got involved with an NPO called Intyatyambo Community Project. It is a child-care centre in an impoverished area, Khayelitsha, near Cape Town.
I volunteered to serve on the committee and am now actively engaged in efforts to raise funds so that we can build a new centre for the children. In my capacity as a builder, I also intend to help with the construction of the centre.

Two years later, in Tokyo, some friends and I started an NGO called Intyatyambo no Tomodachi (InT). Our aim is to organize interesting and entertaining events in Tokyo in order to raise funds for the kids in Khayelitsha.

610x.jpg

Friends of Intyatyambo Home

インチャチャンボの友達について(日本語)

About Intyatyambo (English)

About Yanaka

On my second visit to Japan, I luckily landed in Yanaka, Tokyo, near Nezu station. I immediately fell in love with the area. I am enthralled with the narrow streets, the galleries, art shops, interesting cafes and restaurants, old buildings, numerous temples and shrines and most especially, the friendly people. I regularly take walks through the extensive network of paths in Yanaka cemetery.


About “Intyatymbo Love-Link” and our walking tours for students of English.

From the 26th September to the 18th October, we will be participating in the
13th “art-Link, Ueno - Yanaka 2009” event. All profits will be donated to Intyatyambo. Included in this event we will conduct walking tours in English, aimed at students who want to practice their English, and at the same time, explore an interesting part of Tokyo.
Included: famous graves of Yanaka cemetery, temples and shrines, interesting stories about the area, a quaint shopping street, and more.
We would like to keep the group size under 8 people, so please let us know if you are interested.

I am looking forward to seeing you here.

Contact: info@intkids.jp
You can also contact me directly in English or Japanese at: udobart@gmail.com

Let's explore beautiful Yanaka together, in English!




以上、Udoからのメッセージでした。私も何回か参加したいと思います(多分、初日と10月中旬)。どうぞよろしくお願いします。


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
神崎先生、
谷中界隈ウオーキングに惹かれました。最近腰痛が出てきている私には歩くことのほうが少しだけ英語学習より大事なので参加したいと思っております。東京でも知らない場所を歩くのもいいですね。Udoさんにはメールをお出ししましたが、回答っていただけるのですよね?できれば第一回に参加したいと思っています。
先生とまたお目にかかれるのをたのしみにしていますね。それでは。
2009/09/20(Sun) 06:25:31 | URL | あかつき ちか #-[ 編集]
今日Udoさんからメールいただきました。
お騒がせしました。
それにしてもメールの冒頭に忙しくてすぐに返事できなくてごめんなさいとありました。
公式問題集vol.3のパート4のある場面では司会者が、講演者が遅れるので変更があるという内容のものがありますが、司会者からはお詫びのことばがひとつもありません。
こうした感覚って人によってちがうのでしょうか。
公式問題集から文化的な違いがよくわかります。「サザエさんの謎」という本があるように、「公式問題集から見られる異文化」みたいな本があるといいですよね。

では土曜日の晴天を祈りつつ。

2009/09/20(Sun) 18:33:41 | URL | あかつき ちか #-[ 編集]
>あかつきちかさん

コメント、ありがとうございます。
ウォーキングに参加してくださるということでうれしいです。
Udoもいろいろ忙しいようで、返事が遅れたようですね。
返事が送れたことに対して誤るかどうかはもちろん人によります。
文化的な違いというよりも、個人個人の感覚の違いではないでしょうか。

それでは土曜日にお会いできることを楽しみにしています。よろしくどうぞ。


2009/09/21(Mon) 22:45:20 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.