TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
「読解特急」訂正の訂正および誤植リスト更新


http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=10822から無料で音声ファイルがダウンロードできます(MP3形式)。

1駅1題 新TOEIC TEST読解特急の誤植をたくさんの方にご指摘いただき、ありがとうございます。みなさん、細かいところまで注意深く目を通してくださり、感謝いたします。プレゼント本をお贈りする改良キャンペーンは継続中です。お気付きの点等、ございましたら、ご連絡ください。

英文の訂正箇所について、共著者のDaniel Warrinerに確認したところ、一箇所「いや、そこは変えなくていい。」という返答を受けましたので、訂正箇所の訂正を行います。また、英文に関していただいたご質問にもお答えします。最後に誤植リストの最新版を掲載します。訂正の訂正に加え、新たに追加した項目もあります。それでは、「続きを読む」からどうぞ。


英文の訂正の訂正

p. 102, lines 9-10
Form: Known for its high-quality portraits and portfolio that includes several Boston mayors and other high-profile Bostonians,
To: Known for its high-quality portraits and portfolio that include several Boston mayors and other high-profile Bostonians,

理由
Here, “that” refers to “its high-quality portraits and portfolio”, which is plural, so the verb should be “include” instead of “includes”.
thatがits high-quality portraits and portfolioを受けるのであれば、複数形なのでincludeに三人称単数現在のsは付かない。

Danの回答
Error: No
This one is okay. I’d say the shop is known for A and B. A being “high-quality portraits” and B being “portfolio that includes several Boston mayors and other…”
thatはportfolioを受けるから単数。




英文に関するご質問

質問1.
p. 79, #29
(C) Come in early the following morning
inを加え
(C) Come in early in the following morning
とした方が良いのでは?

Danの回答
I think this is a matter of two prepositions not sounding good in the same sentence and “the following” taking over the need for “in”. We wouldn’t use “in” before “the following” in this case when “in” is obvious to the reader/listener.

質問2.
p. 84, lines 4-5
the main problem lies not with the product, but with its packing.
のlie withの用法について
lie in が普通の用法では?
the main problem lies not in the product, but in its packing.

Danの回答
Both usages are acceptable.
Google: Compare “the problem lies with” (17,100,000) with “the problem lies in” (6,850,000):

http://www.google.com/search?q=%22+the+problem+lies+with&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:en-US:official&client=firefox-a

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aen-US%3Aofficial&hs=QMV&q=%22+the+problem+lies+in&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

質問3.
p. 42, lines 2-5
Living in a foreign country can be quite challenging so having a well of information to draw from is important for your success and comfort overseas.
のchallengingとsoの間にカンマ(,)が必要なのでは?
Living in a foreign country can be quite challenging, so having a well of information to draw from is important for your success and comfort overseas.

Danの回答
It’s okay. Some people prefer a comma in such a case before “so”. I use it sometimes before “so” for ease of reading or to give the reader a break in long sentences. In fact, without a comma here, the two ideas are more closely linked, thus facilitating ease of understanding. I believe “and” or “as” instead of “so” in this type of structure would lead to the same debate/choice here. Though I wouldn’t get into “and” or “as” in your response to the reader.

質問4.
p. 42, line 4
having a well of information to draw from
とありますが
having a wealth of information to draw from
との違いは?a wealth of informationは良く見ますが、a well of informationは初めてです。

私がDanに送ったコメント
I know both “a well of information” and “a wealth of information” are commonly used, but on Google “have a wealth of information to draw from” is much more common than “have a well of information to draw from.” However, I think the metaphorical use of “well” here goes well with the idea of draw, as in “draw water from a well.”

Danの返答
You’re right. “Draw water from a well” is the starting point for this expression. “Wealth of information” is commonly used, but when “draw” comes into play, both are acceptable. I’d say, unless more readers comment on the usage, we keep it as it is. It’s your choice on this one, though. Part of me thinks that we should go with whatever is more common, and another part thinks that because the usage is valid and relatively commonly used, readers should have the chance to be exposed to it.

質問5.
(B) A newly opened storeは間違いの選択肢ですが、火事でしばらく休業していた写真店が改装して新たにオープンした場合、newly openedと言えるのでは?故に(B) A newly opened storeも正答になるのでは?

回答
もし、新装オープン「している」のであれば、newly openedと言える。しかし、この写真店はまだ新装オープンしていない(… it will be reopening its door on June 19. オープンするのはこれから先)ので、A newly opened storeとは言えない。

質問6.
p. 194, line 8-11
Freddy’s owner and chef Freddy McCabe boasts using only the freshest products
のboast usingですが、辞書にはない表現です。後ろにofまたはaboutを付けて
Freddy’s owner and chef Freddy McCabe boasts (of / about) using only the freshest products
にする、またはthat節を続けて
Freddy’s owner and chef Freddy McCabe boasts that he only uses the freshest products
にする方が良く使う形では?

“Boast –ing” is the usage that is not listed in dictionaries.
1. boast of/about something: to talk with too much pride about something that you have or can do
2. boast something: to have something that is impressive
e.g. The hotel boasts two swimming pools and a golf course.
Do you use “boast –ing” to mean the first sense?

Danの回答
Error: No
I’d say there is no error here. But I wonder if this usage is somewhat colloquial. Nevertheless, it’s used fairly commonly without “of” or “about” under definition 1 above. Both “boast of” and “boast about” are acceptable, though I’d go with “boasts of using” in our case if we change it, as it sounds slightly humbler or softer. Perhaps we should change the sentence if readers can’t find it in their dictionaries.

I found “boasts” preceding verbs in the following Google searches (many of the sites listed are reputable, but not a large number of hits):

“Boasts using” (33,000)
http://www.google.co.jp/search?hl=en&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aen-US%3Aofficial&num=100&q=%22+boasts+using&btnG=Search&aq=f&oq=

“Boasts having” (84,000)
http://www.google.co.jp/search?hl=en&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aen-US%3Aofficial&num=100&q=%22+boasts+having&btnG=Search&aq=f&oq=

“Boasts taking” (624)
http://www.google.co.jp/search?hl=en&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aen-US%3Aofficial&num=100&q=%22+boasts+taking&btnG=Search&aq=f&oq=

このポイントは新たに誤植リストに追加します。


誤植リスト最新版(2009年11月7日現在)

114ページ、第2段落5行目
In particularly → In particular

p.p. 72-77の人名
Marv (マーブ) とMark (マーク) が混在→ Marv (マーブ)に統一

p. 98の37の解説
The company annual banquet → The annual company banquet

p.p. 26-29の訳中の人名 
ルイス・ジェラルド → ルイ・ジェラール

表紙下の英文
1行目:TOEIC is registered trademark → TOEIC is a registered trade mark (aを入れる)
2行目:endorsed of approved → endorsed or approved (of を or に変える)

p. 70 一番下
グリーン・リーフ・アグリカルチャー・サプライ → グリーン・リーフ・アグリカルチャル・サプライズ

253ページ Danのプロフィール
ナイアガラ、フォールズ生まれ。→ナイアガラフォールズ生まれ。
裏表紙折り返し Danのプロフィール
ナイアガラ。フォールズ生まれ。→ナイアガラフォールズ生まれ。

p. 235 会議スケジュール 一番上の段 内容
マラリヤと蚊:科学的調査の難題に挑む
→マラリヤと蚊:科学的調査で課題に取り組む
同 2段目 内容
北インドの部族地帯でのマラリヤの症例の治療のための民間療法家に対する研修の可能性
→インド北部未開地域において伝統療法師にマラリヤ治療法の研修を行うことの可能性

p. 77 Q26 (B)
tiresome「疲れる」→tiresome「うんざりさせる」

音声ファイルとテキストの食い違い(テキストが正しい)
p. 84 の第2段落2行目のthe next round of coffee makers is が音声では、
the next round of coffee makers are

p. 220 文末のメールアドレス
helps@barnaby → phelps@barnaby

音声ファイルとテキストの食い違い(テキストが正しい)
p. 79の30(C) The report must ~ が、音声では、The report should ~

p. 109の43(C) Sales executives が、音声では、Sales supervisors

p. 148のe-mail中のDate: February 18 が 、音声では、February 4 

p. 211の2行目 Is this possible? が、音声では、Is that possible?

p. 227の表の読み上げで、ROOM ~、DESCRIPTION ~、TIME ~、SPEAKER ~と
規則正しく読んでいるが、2箇所、Savaan MalhotraとKenichi Sakai 前ので
「SPEAKER」が抜けている。

p. 228の39(D) William Herbert が、音声では、Herbert Feldman

p. 168の第3段落3行目
ルイジアナー → ルイジアナ

p. 76 第2段落5~6行目
「家族や友人に加え上司と部下の間の関係において」
→「上司と部下の関係に加え、家族や友人の関係において」

音声ファイルとテキストの食い違い
p. 31 #4
(B) She is living in an apartment in Exeter.
が音声ファイルでは、
(B) She is living in an apartment in Sydney.

p. 94、6行目
危険物資→危険物 

p. 64の冒頭
従業員各位 (To all employeesに対応する訳が抜けている)

p. 194 第1段落の終わり
Maine flare → Maine flair

p. 221 訳の最後
バーナビー・コンサルティング株式会社(「株式会社」を追加)

p. 24 9行目
original renaissance style → original Renaissance style

p. 204
シーフードメニューを持ち海をイメージ → シーフードメニューを持ち、海をイメージ

p. 38 #8の解説
「本文で魅力的な機能として挙げられていないものを選ぶ。(A) Designは9行目のappearance、(B) Focusing functionは10行目のautofocus function、(D) Photo qualityは11行目のPicture qualityが対応している。(C) Durabilityに対応する記述はない。」

「本文で魅力的な機能として挙げられていないものを選ぶ。(A) Designは9行目のappearance、(B) Focusing functionは10行目のautofocus function、(D) Photo qualityは11行目のPicture qualityが対応しており、7~14行目で購入者がそれぞれの機能に満足していることが述べられている。(C) Durabilityは14行目のbattery lifeが対応しているが、利用者の反応はaverage ratingなのでattractive featureではない。」

p. 102、第2段落の下から2行目
Visit its Web site bostonphoto@click.com → Visit its Web site at www.bostonphoto.click.com
(お詫び:誤植リスト上でVisit our Web siteになっていましたが、Visit its Web siteが正しい形です。本に載っているitsのままでお願いします。)


p. 240、第2段落1-4行目
We have both been annually paying $250 for nearly four years and have regularly donated money to the museum and have never been charged for the annual ball.

We have both been annually paying $250 for nearly four years, have regularly donated money to the museum, and have never been charged for the annual ball.

p. 95 問36訳
(B)危険な廃棄処理の専門家がいる
→(B)危険な廃棄物を処理する専門家がいる

p. 107 問40訳
(A) 既存のビジネス
→(A) 既存の事業

p. 250 和訳 宛先の名前
ドクター・マーチン・J・ドルザー様
→マーチン・J・ドルザー博士

同書き出し部分
ドクター・ドルザー様並びに
→ドルザー博士並びに

p. 101、問39
(C) 会社は食事には社外の助けを雇う。
→(C) 会社は外部の業者に食事の準備を頼む。

p. 177、問23の解説掛け合い最終部分
「いつ誰がどこで何を」という全体の流れがしっかり把握できていれば3問とも解ける問題です。
→「いつ誰がどこで何をなぜ」という全体の流れがしっかり把握できていれば4問とも解ける問題です。

p. 100 、11行目
なるべく早く二人に連絡 → なるべく早くテッドかリサに連絡 

p. 100、7行目
テッド・ フェローズ → テッド・フェローズ(「・」の後ろの半角スペース削除)
リサ・ ワコウスキー → リサ・ワコウスキー(「・」の後ろ半角スペース削除)

p. 235、表の見出し
・ウィーン・マラリア会議 → ウィーン・マラリア会議(初めの「・」を取る)

p. 234、第2段落1行目
ウィ ーン→ウィーン(「ィ」の後ろの半角スペース削除)

p. 120 一番上 8月1日(現在、左寄せ)→右寄せに
p. 178 一番上 10月31日(月)(現在、左寄せ)→右寄せに

p. 194, line 8-11
Freddy’s owner and chef Freddy McCabe boasts using only the freshest products
→ Freddy’s owner and chef Freddy McCabe boasts of using only the freshest products

p. 253, #48
(D) サポートの悪さに同じく落胆している祖父がいる。
→ (D) 酷い対応に対して同様に落胆している祖父がいる。

p. 219, 下から3行目およびp. 220の宛先と書き出しの名前
ネイヤー → ナヤール (インド名Nayarの読み方はナヤール)

p. 185, #26, 解説掛け合い、4行目、神崎のセリフ
こういうことになるだとう
→こういうことになるだろう(「と」を「ろ」に変える)



blogrankingbanner_02.gif


人気ブログランキング




テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
誤植でしょうか?
p.130 文頭 T HAS BEEN THIRTY YEARS
とありますが、T HASは誤植でしょうか?
2009/11/12(Thu) 13:46:52 | URL | fa #-[ 編集]
faさん

コメント、ありがとうございます。
p. 130ですが、Tの左にある3行にまたがる縦棒がIで、TとセットでITになっています。
わかりにくくてすみません。
新聞や雑誌の書き出しでこのようになっていることがよくあります。
2009/11/12(Thu) 14:19:36 | URL | 神崎正哉 #tWkNa4o.[ 編集]
お恥ずかしいです
すみません!!

そうだったんですね。
お恥ずかしいです....。

またひとつ勉強になりました。
今月のToeicに初めて受験します。
今からドキドキですが、まだ間に合うと信じて日々勉強しています。

お騒がせして申し訳ありませんでした。
2009/11/13(Fri) 13:47:40 | URL | fa #-[ 編集]
>faさん

お返事、ありがとうございます。
TOEICは今回が初めての受験ですか。
かんばってくださいね。ご健闘をお祈りします。
それでは、また。

2009/11/13(Fri) 17:59:23 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
たぶん誤植ですよね
読解特急、とてもお世話になっております。

e-mail形式の文書で、件名がすべて
「Re:~」ではじまっていますが、
正しくは「Subject:~」ではないでしょうか。
(対象ページ:30,54,78,84,96,108,148,210,224)
2009/12/13(Sun) 09:38:01 | URL | ともや #-[ 編集]
>ともやさん

読解特急をご利用いただき、ありがとうございます。
Re:はSubject:と同じく「件名」の意味で用いられます。なので誤植ではありません。
ただし、実際のTOEICではメールではSubject:が使われるのが常であるという指摘を受けました。Re:だと「返信」と混同される可能性があるからだと思われます。
実際のTOEICでもmemorandumなどでは「件名」の意味でRe:が使われます。ご参考までに。

また何かお気付きの点がございましたら、ご連絡ください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009/12/15(Tue) 13:12:33 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
ありがとうございました
神崎先生、

ご教授ありがとうございました。
Re:が通常「件名」の意味で使われているとのこと、初めて知りました。
てっきり、メールソフトで勝手についてくる「返信」のことかと思い込んでしまいました。
勉強不足で申し訳ありませんでした。
2009/12/16(Wed) 08:22:51 | URL | ともや #-[ 編集]
>ともやさん

お返事、ありがとうございます。
確かに、Re:は「返信」と紛らわしいですね。
そのため、メールでは「件名」の意味で、Re: ではなく、Subject: を使うことが多いのでしょう。
これから出す出版物ではこの点も考慮していきたいと思います。貴重なご示唆、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2009/12/17(Thu) 10:24:14 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.