TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
日経ビジネスAssocie
610x.jpg

「日経ビジネスアソシエの今週号(3月16日号)の英語学習特集記事で『正解一直線』がお薦めのTOEIC学習書として紹介されている」というご報告をいただき、早速書店へ。

52~53ページに晴山陽一先生の「英語ベストセラーの歴史に学ぶ 点数化のジレンマを超えよう」という記事があります。1940年代からの英語関連書籍の変遷をまとめてあります。その記事の最後に、「正解一直線」の紹介がありました。




「新TOEIC TEST『正解』一直線」
神崎正哉、Daniel Warriner 著/IBCパブリッシング/1995円
TOEICをテクニックだけで突破するのは、もったいない。復習を重視する本書は、実践にも役立つ方法論を提示している。



すごくいいこと言ってくださる。感激しました。晴山先生、ありがとうございます!

晴山先生のサイト
作家・英語教育研究家 晴山陽一オフィシャルサイト

それで、日経ビジネスアソシエの今週号(3月16日号)の特集は「やり直し英語勉強術」


こんな方法があったのか!
やり直し「英語」勉強術

 社会人になってから英語の勉強をしたことがある人は全体の92%。しかし、そのうちの6割近くの人が成果に満足していない――。

 アソシエ編集部が読者を対象に実施した英語学習の調査では、多くのビジネスパーソンが能力アップに取り組んでいるものの、期待した結果が得られずに挫折している様子が浮き彫りになりました。最新号の巻頭特集は、そんな皆さんを勇気づける目からウロコの英語勉強法です。

 義務教育で習うのだから、誰しも英語の知識はもともとゼロではない。土台はあるのに、そこから先の勉強でつまずいてしまう大きな原因は、「目的と手段のミスマッチ」にあります。ビジネスの現場で最も必要とされるのは英語を「読むスキル」なのに、力を入れて勉強するのが「話すスキル」だったりする。こうしたミスマッチを解消し、自分に本当にあった学習法を見つければ、視界は必ず開けます。

 特集では、「学校で習った英語」を生かし、より実践的なスキルを身につけられるように、最新のメソッドやツールを分かりやすく紹介しています。読者に挑戦してもらった「“英語で日記”9日間レッスン」「TOEIC即効スコアアップ塾」をはじめ、刺激的なコンテンツが盛りだくさん。ページをめくれば、勉強意欲に火がつくこと請け合いです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20100301/213219/より抜粋



ご興味のある方、どうそ。
ロバートヒルキ先生や中村澄子先生も登場します。

それから、石原真弓さんの英語日記を書くコツの説明が面白かった。最近、Twitterで知り合いました。石原真弓さんのTwitterはこちら→http://twitter.com/mayumi_ishihara


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング




アマゾンでは在庫切れの状態が続いています。
書店でお求めください。
おそらくこの週末で売り切れます。


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
Twitterでみてすぐ注文しました
日経ビジネスアソシエはアマゾンで注文して今日発送メールが来てたので明日届きます。
2010/03/07(Sun) 19:29:10 | URL | 三羽四郎二郎 #-[ 編集]
三羽師匠
コメント、ありがとうございます。
Twitter、優れものですね。英語学習にも使えます。
2010/03/07(Sun) 23:32:59 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日経ビジネスアソシエ2010年3月16日号は”やり直し「英語」勉強術"でした。 レアジョブのお知らせ欄に"3/2 日経ビジネスアソシエ 2010年3月16日号にレアジョブが掲載されました"と記載が...
2010/03/29(月) 02:59:11 | TOEIC730
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.