TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
青谷先生のTOEFL・英語学習説明会
京都大学の青谷先生が3月12日(金)18:15-19:45、品川で「TOEFL・英語学習説明会」を行います。無料です。詳しくは「続きを読む」からどうぞ。

以下、告知の抜粋です。

【TOEFL iBT満点】【TOEIC満点】【TOEFL CBT満点】【英語検定1級】の京大教員による

*** TOEFL・英語学習説明会:Speakingの攻略(於 京大東京オフィス:公開・無料)***


京都大学国際交流センター准教授の青谷正妥(あおたにまさやす)です。

2010年3月12日に品川(京大東京オフィス)で行う、TOEFLと英語学習の無料説明会の御案内です。


TOEFL・英語学習説明会:Speakingの攻略(京大東京オフィス:品川)←無料。詳細は一番下

Speakingの訓練・対策を中心に、TOEFL iBTと英語学習一般の説明会(東京)をします。無料です。

Princeton大学、アリゾナ州立大学等、多くのアメリカの大学では、TOEFLのSpeakinセクションで30点満点中26点以上が望ましいとして居ますが、実は帰国子女と留学生以外の京大生で、こう言う点が取れる人は、一人も居ません。当然、他大学とて同様でしょう。

もっと危機感を持ち、形(なり)振り構わず、それこそ形相が変わるぐらいの勢いで研鑽を積まなければ...

TOEIC・TOEFL iBTともに満点の英語力・学習経験、
http://aoitani.net/TOEFL_iBT.html

5つの大学院に在学し、11の四年制大学と4つの短期大学で教えたアメリカ生活20年の経験、
http://aoitani.net/aotani/Personal_Profile.html

現在在学して居る、テンプル大学教育学部博士課程(第二言語習得:数学に続き二つ目の博士号)での学習と研究の成果、

それらをフルに活用し、京大での『英語勉強力I,II』と言う講義と著書『英語勉強力』(DHC:印税0%の本です。http://www.dhc.co.jp/d_pub/english/book2a.html#19)に基いて、運用力を付ける為の英語学習の総体を講じます。

効果的・効率的な自学自習、その為の予備知識・フレームワーク・個別戦略の提供、それが当説明会の目的です。


説明会URL:http://aoitani.net/TOEFL_09.mhtml

参加登録フォーム:http://aoitani.net/Registration_TOEFL_09.html

序に、

日米教育委員会のサイトでの案内:http://www.fulbright.jp/study/event/other.html
東京大学のサイトでの案内:http://ut-iris.org:80/news/17022010_1.html


【時】 2010年3月12日(金) 18時15分から19時45分(16時30分~18時のセッションは満員。)
【所】 〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟27階 京都大学東京オフィス(JR品川駅東口筋向かい)
【講師】 青谷正妥(あおたにまさやす):プロフィール http://aoitani.net/aotani/Personal_Profile.html

▼内容の概略:
1) 英語力の有るべき姿
2) 大人の英語学習
3) 運用力の総合的養成
4) 運用力養成のフレームワーク
5) TOEFL iBTの概要
6) 日本人のスコア・京大生のスコア
7) Speaking対策

▼Speaking対策の詳細:
1) TOEFLスピーキングの概要
2) そもそもスピーキングとは?
3) 基礎の基礎
4) スピーキングを困難にする物
5) スピーキングが出来てこその読・書・聴
6) 何故日本人は出来ないのか?
7) どうしたら出来るのか
8) 間違った認識・正しい認識
9) 間違った遣り方・正しい遣り方
10) 流暢さ養成のフレームワーク
11) 訓練法のフレームワーク
12) 多角的・段階的アプローチ
13) 総合的・統合的アプローチ
14) 精と多
15) 質と量
16) 訓練の概要
17) 訓練の実際
18) 訓練の詳細
19) 日本人の英語の誤り
20) いつになったら出来るのか


兎に角、本物の英語の話を本気でします。『本気には本気で応える』(長渕剛)で御願いします。


部屋の確保等の関係上、希望される方には、下のフォームからの登録を御願いして居ます。

登録フォーム:http://aoitani.net/Registration_TOEFL_09.html


以上、宜しく御願い致します。


青谷正妥(あおたにまさやす)

追記:学習の全体像に付いては僕のHP
http://aoitani.net/aotani-KKyoto.html
の一番下の「英語学習のフレームワーク」と書かれた所をclickして下さい。但し、初めての人や僕の授業を取って居ない人には、分り辛いかと思われます。

追追記:雑談の域に入りますが、青谷正妥(あおたにまさやす)はこう言う活動を老後の生甲斐に繋げたいと思っています。勿論ボランティア活動で、何時まで経っても無料のままです。



blogrankingbanner_02.gif


人気ブログランキング





なんか小さいな、この本。



コメント
この記事へのコメント
神崎さん ご無沙汰しています!

青谷先生のセミナー、申し込みました。まだ満員じゃないといいのですが。。いつもいつも貴重な情報をありがとうございます。
おかげさまで「カフェオレ・ライタ-」ハマってますv-20

2010/03/10(Wed) 12:50:52 | URL | Aya #V0Zz7F9Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/11(Thu) 06:09:56 | | #[ 編集]
>Ayaさん

コメント、ありがとうございます。お役に立てて何よりです。席、空いているといいですね。私は4時30分からのセッションに参加します。

「カフェオレ・ライター」、面白いですよね!良さが分かっていただけてうれしいです。
それでは、また。

2010/03/11(Thu) 19:30:31 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
Puhoo2009は、2次セッション参加します。
神崎先生
大変ご無沙汰しています。
本日青谷先生の2次セッションに参加します。
特急シリーズのお陰で1月公開テスト自己ベスト(875,L470,R405)更新しました。
やっとReadingが400超えることができました。
これからもよろしくお願いします。
2010/03/12(Fri) 12:52:23 | URL | 神崎先生、大変ご無沙汰しています。 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/12(Fri) 15:49:51 | | #[ 編集]
TOEICテスト新・最強トリプル模試3について
神崎先生の書かれたこの本は、第137回3月23日にメジャーフォームで出題された問題でパート3・4の「キーワードのトリック」抜きで解けるように養成するすごい本でしたね。あの時、この本があれば990点も夢でなかったかもしれませんね。
2009年の3月にメジャーフォームで出題された問題は「Tactics for TOEIC」があれば、パート7以外はパーフェクトに出来るはずでしたが、問題に欠陥があったようですね。
2010/03/13(Sat) 16:26:43 | URL | たかし #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/13(Sat) 19:15:44 | | #[ 編集]
神崎先生、コメントを削除するとか無回答とか卑怯な真似はよしてください。
「TOEICテスト新・最強トリプル模試」はもう無効だと思います。
2009年3月の試験は「リスニングBOX」「リーディングBOX」で定石を打っても解けないはずです。消去法を使ったのですか。神崎先生で990点とは信じられません。
2010/03/13(Sat) 20:19:48 | URL | たかし #-[ 編集]
2009年3月のTOEIC公開テストのパート7の前半は「(旧)TOEICテストスーパー模試600問」を読み込んで解答しましたが、0%の解答率でした。後半部分は、読んで見たら全部誤作問題でした。
神崎先生は、パート7を「7つのルール」で深読みして解かれたのですね。それは、本当の正解ではないと思います。
2010/03/13(Sat) 21:15:07 | URL | たかし #-[ 編集]
>たかしさん

連続でのコメントご投稿、ありがとうございます。
2009年3月の公開テストは受験後、大分月日が経っておりますので、その内容に関しましては、忘却のかなたに消えてしまっています。ですから、たかしさんのコメントに対しまして、なんとお返事してよいか図りかねているというのが正直なところです。
さらにご指摘いただきましたある特定のTOEIC学習書の有効性の有無に関しましても、私の想像の範囲を超越した非常にハイレベルなお話で、私は付いていけないというか、たかしさんのおっしゃりたいことがどうもはっきりしないというか、率直に申し上げまして、ご返答に窮しております。
私が思いますに、学習書から学ぶ内容は個々の学習者によって差異が生じるのが常です。例えばたかしさんと同じ本を使って、たかしさんがお気付きになった攻略法的なポイントやトリックに気が付かない方もいらっしゃるでしょう。また逆にたかしさんがお感じにならなかったポイントを拾う読者の方もいらっしゃるかもしれません。ですから「この本があれば990点も夢でなかった」や「『TOEICテスト新・最強トリプル模試』はもう無効だ」といった類のご認識は、たかしさんご自身にとっては真理かもしれませんが、万人にとって真理であるとは必ずしも言い切ることはできないのではないでしょうか。
2010/03/13(Sat) 23:23:08 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
>Puhoo2009さん

昨日はセミナー会場でお会いすることができてよかったです。青谷先生のセミナー、ご参加いただきありがとうございます。お楽しみいただけたことを願います。

TOEICの自己ベスト記録更新、おめでとうございます!!!特急シリーズがスコアアップに貢献できていたのであれば、著者としてこんなにうれしいことはありません。

うれしいお知らせをありがとうございました。スコアアップを励みにこれからも英語学習がんばってください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2010/03/13(Sat) 23:28:30 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
神崎先生。
たかし氏のパート3・4のキーワードのトリックですが、「神崎式(上)」の「音のトリック」を曲解したものではないでしょうか。そのような問題はあまりでませんね。
また、2009年3月のメジャーフォームは、テクニックを使って解き、出来ませんでした。たしか、消去法などの技術(テクニック)を用いず解くのが一般的でしたね。
2010/03/14(Sun) 01:57:04 | URL | Mk #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/14(Sun) 04:45:05 | | #[ 編集]
>Mkさん

コメント、ありがとうございます。
「神崎式(上)」では「音のトリック」はパート1の説明では出てくるのですが、パート3・4ではそのようなトリックを特に強調して取り上げてはいません。
消去法に関してですが、場合によっては有効です。例えば、パート5で正解が分からないとき「(A)と(C)は絶対に違う。(B)か(D)のどちらかだろう」と完全に違うものを正解の候補から外して考えるのも消去法の一種です。このような事項はどの回のTOEICでも言えることで、ある特定の回の特定のフォームに限って当てはまったり当てはまらなかったりするものではないと思います。
上でコメントくださったたかしさんもそうですが、「2009年3月のメジャーフォーム」というように個々の回・フォームの傾向を覚えていらっしゃるのは素晴らしいです。私にはMkさんが感じ取っているフォーム特有の傾向のようなものは見えていません。ですから、ご指摘の点に付きましては賛同も否定もできません。すみません。


2010/03/14(Sun) 09:45:23 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/25(Thu) 14:14:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.