TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
幻の名著の復刻版


タイトルの「幻の名著」というのは、この「ウルトラ語彙力主義」(愛称:ウーゴ)のことなんですけど、絶版というか在庫がなくなったのに印刷をしない状態がしばらく続いていました。

それでもいい本なんで、「ウーゴがほしい」という方がたくさんいらっしゃって、現在アマゾンのマーケットプレイス(中古市場)では2,499円~9,729円で取引されています。

アマゾンマーケットプレイスのウーゴのページはこちら

各ユニット、初めのページ(見開き右側)に4択の語彙問題があり、その裏のページに語句の説明が例文とともに載っているという2ページ構成で、全88ユニットあります。TOEICのスコアアップにつながる頻出語を可能な限り盛り込んであります。

「ぜひウーゴの復刻版を!」という全国のTOEICファンから寄せられた熱い声を受け、このたび タイトルと版形を変えて復刻する運びとなりました。

新タイトルは「神崎正哉の新TOEIC TESTぜったい英単語」です。



新書版を少し縦長にした版形で、ページ数も減らし持ち運びしやすくなっていますので、通勤通学の際の学習に適しています。ウーゴにあった「攻略法」と「単語カード」のページは削除しました。88ユニットあるメインの部分はほぼそのままですが、ページの都合上、例文を全体で20程度削除しました。その代わり「やっぱりよく出る語彙リスト」として88ユニットで取り上げることのできなかった頻出語454語を巻末に追加しました。

また、新書サイズということで音声CDは付いていませんが、出版社のサイト上から音声を無料でダウンロードできるようになっています(MP3形式)。
http://www.ibcpub.co.jp/toeic/9784794600721.html

さらに私のホームページ、TOEIC Blitz Webからこの本に対応した無料音声レッスン(MP3形式)がダウンロードできます。
http://toeicblog.web.fc2.com/ugo.html

上記サイトからはユニットごとの確認テスト(MS Wordファイル)も無料でダウンロードできます。

新書サイズで音声CDなしの本が1,260円というのは少し高いとお感じになるかもしれません。しかし、無料でダウンロードできる英文読み上げ音声、音声レッスン、確認テストを活用するのであれば、少なくとも12,600円くらいの価値はあります。同じ内容の中古本が2,499円~9,729円で取引されているということを考えてもかなりお買い得なのではないでしょうか。

なおこの本の印税はすべて日本赤十字社の東日本大震災義援金口座に寄付いたします。

この本の著者紹介に「2011年3月現在受験回数71回」とありますが、正しくは70回です。この部分を書いたのは3月の初めで、本が出る3月下旬には71回目のTOEICを受験済みであることを見越して71としたんですが、3月13日(日)の公開試験が中止になったため、受験回数は増えませんでした。



blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
プレミアム?
>この本の著者紹介に「2011年3月現在受験回数71回」
この初版の記述ミスが、後に大きな付加価値を生んでプレミアムがついたりして。何せ理由も、大震災の影響によるTOEIC史上初のテスト中止ですから、日本史、TOEIC史、神崎正哉史に関わってますし。

「ウーゴ」は主に授業中に使っておりますが、TOEIC受験する生徒には毎回「出るボ」を自宅学習用に薦めて購入させておりますので、こっちは絶版になることのないようお願いいたします。
2011/04/04(Mon) 17:05:33 | URL | Screaming Bunny #/WbnL7mg[ 編集]
>Bunnyさん

お久しぶりです!お元気でしょうか。アップしたばかりの記事に早速コメントをいただき、ありがとうございます。
記述ミスをポジティブな視点から捉えてくださり恐縮です。プレミア付くかも知れませんね(笑)
いつもウーゴやデルボを薦めてくださり、感謝します。デルボは絶版にはならないんですが、今、ちょっとしたブームでして、アマゾンではこの2カ月在庫がない状態が続いています。書店では買えるところもあると思いますが。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
2011/04/04(Mon) 17:20:03 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
四月に買いました。持ち運ぶのに良い大きさです~
2011/04/04(Mon) 21:52:10 | URL | おうすけ #A.Hgg/Gw[ 編集]
四月に入り買いました。持ち運ぶのに良い大きさです~
2011/04/04(Mon) 21:52:54 | URL | おうすけ #A.Hgg/Gw[ 編集]
>おおすけさん

コメント、ありがとうございます。
ぜったい英単語、ご購入いただいき感謝します。いつもいつもありがとうございます。
薄くて軽く、持ち運びに便利ですよね。
通勤中に使っていただけたらうれしいです。

今後ともどうぞよろしく。

2011/04/04(Mon) 22:38:24 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
久しぶりにアツくなりました。
神崎先生、こんばんは。

今回のこの記事、久しぶりにアツくなりました。
花田先生の、先月の記事以来です。

僕は自分が実際に使用してみて、心の底から納得できる本しか決して人には勧めません。
人間関係、付き合いだけで人に何かを勧めることは絶対にできない人間だからです。

今回出版された、この『神崎正哉の新TOEIC TESTぜったい英単語』の内容は『ウルトラ語彙力主義』(通称ウーゴ)とのこと。
『ウーゴ』には以前大変お世話になりました(2008年の6月29日に町田のあおい書店で購入したようです)。

そのときの記事に、僕はこう記していました。

“自分の信頼できる先生の問題集・参考書を使うことが最も学習効果がある”

というのが、僕の持論です。
神崎先生の本はそれこそ色々と使わせていただいてきましたが、ハズれたことがありません。
全てが僕のTOEICの目標スコア達成に貢献してくださっています。
また、神崎先生が自ら作成された、サポート用音声ファイルも用意されています。
まだウーゴをお持ちでない方も全然問題ありません、大丈夫です。
TOEIC超初心者の方から、900点突破を狙う方まで、掛け値なしに推薦できる最高のTOEIC単語集です。


あの日以来、人生が全く思いもかけない方向に向かってしまった、今なお辛い思いをしている人たちへの支援を、この本を使うことによって行えるということ。

神崎先生の英断、心から尊敬します、そして感謝しています。

この本を使って学習し、自らの未来を切り開く。
同時に微力ながらも、今なお困っている被災地の人たちへの支援もできる機会を与えてくださる神崎先生。

ウーゴは持っていますが、この本、絶対に買います。

思い入れのある本で勉強すると、きっと知識もよりいっそう定着すると思います。

みんながこの本を使って勉強し、
みんなが前向きに生きていけると良いですね。

神崎先生、本当にありがとうございます、これからもずっと応援しています。
TOEICの学習者として、僕たちに何かができる機会を与えてくださったことに、
心から感謝しています。
2011/04/05(Tue) 00:41:06 | URL | HUMMER #LezR7JSY[ 編集]
>HUMMERさん

熱のこもった熱いコメントありがとうございます!
そうそう、HUMMERさんもウーゴ使ってくださっていましたよね。ご自身のブログの方にも素晴らしい記事を書いてくださり、本当に助かります。

この本は売れ高払いとなっていますが、とりあえず6月にアドバンスとして24万円(マイナス税)入ってくるので震災復興義援金に回します。

ところでHUMMERさんのブログのコメント欄に私の名前の書き込みがありますが、あれを書いたのは私ではありません。まあ、なんか私が書きそうな内容なので害はないんですが、なりすましです。ipアドレスチェックしてみてください。私はつい先ほど2011/04/05(火) 23:47:21 にコメントしました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2011/04/05(Tue) 23:50:10 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
神埼先生、はじめまして♪
ぜったい英単語、使いやすくていいです!
私は昔の速読・最頻出英単語1000 から コーパス、そしてこちらにたどりつきました。
コーパスがちょっと難しいので(><)ちょうどいい感じです。

ところで・・・あまり本筋とは関係ない質問なんですが、男性と女性、どちらがイギリス人の方なんでしょうか? あまりに発音が違うので、すっごく気になっています。。。
2011/04/09(Sat) 10:54:52 | URL | ペンちゃん #-[ 編集]
初めまして
神埼先生初めまして。
現在留学を考えていて、日常会話での頻出単語(まずは1000語)を確実にしたいと思っています。
が、市販の単語集はTOEICや受験用の物が多く(どれが動詞や形容詞なのか分からなかったり、日常会話で頻出な単語か分からなかったりで)、以前先生が紹介されていたような、The General Service List(http://jbauman.com/gsl.html)のような語から確実にしたいのですが、デルボや今回の本を始める前にもう少し基本的な事が載っている物を使った方が良いのでしょうか?(どちらも書店に無く、内容を確認出来なかったもので…)
先生の著書の前に使った方が良いものや語彙を増やす為のやり方などは有りましたらお聞きしたいです。

ちなみに英語の目標としては日常会話レベル(ネイティブとの政治についての討論等は目標ではない)ですが、受験したい会社がTOEIC600点は必要なのでTOEIC受験は視野に入れています。
しかし英語は苦手で、中学文法を一からやり直している段階ですし語彙力にも不安がある状態です。
2011/04/09(Sat) 23:21:33 | URL | yumi #Xnq8k9Uo[ 編集]
>ペンちゃんさん

私の書籍をいつもご利用いただき、ありがとうございます。「ぜったい英単語」、使いやすいということでうれしいです。

ナレーターですが、男性の方がイギリス人です。そして女性の方は厳密に言うと、カナダ人なんですけど、アメリカ英語と同じ「北米アクセント」なのでわかりやすいように「アメリカ」扱いにしてあります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

>yumiさん

コメントありがとうございます。ご質問にお答えします。
中学文法を復習なさっているといことなので、文法と一緒に英文中の単語を覚えるようにすると基本語をマスターするのに役立ちます。基礎の基礎、例えばGeneral Service Listの最初の300語、は単語集を使うのではなく、中学校の英語の教科書で覚えるのがいいでしょう。

それから「デルボ」と「ぜったい英単語」では、前者の方が語彙レベルが易しいのでこちらをお薦めします。990の見出し語のうち561はGeneral Service List中の語を取り上げました。また例文もやさしめな単語で作ってあります。例えばproductの例文は:

I'd like to show you some of our products.

です。この10語はすべてGeneral Service Listの単語です。

デルボは今、売り切れ中ですが、4月8日に新たに2100部が刷り上がったはずですので、近日中にアマゾンや書店などで入手可能になるはずです(でもまたすぐ売り切れると思いますので、ご購入はお早めに。予約をしておいた方がいいかもしれません)。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
2011/04/10(Sun) 09:22:49 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
ウーゴとは・・
こんにちは。

ウーゴって初めて聞きましたが、どんな形式がうけているのでしょうか・・

少し気になります。
2011/04/11(Mon) 08:45:42 | URL | 英語教材ランキングBEST20 #K9UPeZzQ[ 編集]
>英語教材ランキングBEST20さん

こんにちは。コメントありがとうございます。ウーゴ、今までご存じありませんでしたか。それはそれは。

使いやすさがうけているのではないでしょうか。あとは実際のTOEICに即した収録語句の選定でしょうか。実際手にとって見ていただければわかると思います。
2011/04/11(Mon) 22:51:58 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
名著の復刻に感謝
はじめまして
ウーゴのネットでの評判がとても良く、気になっていました。何とか入手しようと探していたのですが、もちろんどこにもありません。古本屋で偶然、運命的な出会いでもないかとな。と思っていました。
先日、息子と本屋をぶらっとしていたら、「ぜったい英単語」が目に入りました。ふと手にすると、神崎さんの本。即効購入しちゃいました!!ある意味 運命的な出会いでした
これから本気でTOEIC勉強しようと考えてますので、今後もよろしくお願いします。
Twitterもフォローしてます。
2011/04/14(Thu) 23:29:07 | URL | hijirina #EP0D9XWY[ 編集]
>hijirinaさん

「ぜったい英単語」をご購入くださり、ありがとうございます。TOEIC学習に活用していただけたらうれしいです。Twitterもフォローしてくださっているということで恐縮です。あまり意味のあるつぶやきはありませんが気長にお付き合いいただけたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


2011/04/21(Thu) 13:57:47 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.