TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
Terry's TOEIC Talk January 29th
明日1月29日(日)は第168回TOEIC公開テストですね。私は千葉県の幕張メッセで受けます。受験する皆さん、お互い頑張りましょう。

試験後はいつものようにTerry’s TOEIC Talkがあります。

Terry's TOEIC Talk January 2012

Date: January 29th
Time: 6 p.m.-9 p.m.
Host: Terry
Guest: HUMMER、Tom、甘太郎
Skype guests: あ~る、みかん星人

放送用URL:
http://std1.ladio.net:8080/TBR.m3u
     ↑
放送時間にアクセスすると聞けます。

BBS:
質問受付用スレッド http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9131/1327736781/
   ↑
1月29日(日)のTOEIC公開試験に関する質問がありましたら、何なりとどうぞ。



Terry’s TOEIC Talk (TTT)参加者の皆様へのお願い

TOEICの講評番組、お疲れ様です。Terryさんに番組のホストを引き継いでいただいてからもう1年3カ月になりますね。いつも楽しく拝聴しております。さて、ご存じのように今回のTOEICから受験票に記載されている禁止事項のひとつとして「試験問題の再現」が加わりました。具体的には「方法の如何を問わず再現(英語での再現に限らない)された試験問題の全部もしくは一部またはそれらの概要を、インターネット・テレビ・ラジオ・メール・文書・講義その他の手段を用いて不特定多数または多数の者が閲覧・視聴可能な状態にすること」だそうです。こちらから頼んで番組を引き継いでもらっている立場で申し上げるのもなんですが、TTTの放送にあたり、新たに明記されるようになった上記禁止事項に抵触しないよう十分お気を付けください。

試験問題の再現禁止が明記されるようになった背景には、再現された問題がリサイクルされた場合、その問題を見たことがある受験者が有利になり、試験の公平性が保てなくなってしまうという試験を運営している側にとっては非常に深刻な問題があると思います。常識的に考えて約4割の問題をリサイクルしているTOEICにおいて、問題の再現を禁止することは至極当然のことです。その辺りの事情を考慮して、放送内容が問題の再現に繋がらぬようご配慮のほどよろしくお願いいたします。

しかし一方では受けてきた試験に関する疑問を晴らしたい、あの問題の答えAかCで迷ったんだけどどちらが正解か気になる、という受験者・学習者も多数存在します。そのような人たちの質問に答えるということは英語教育上、意味のあることだと思います。「知りたい」と思ったことを掲示板で質問し、音声で答えてもらうことで、新たな知識が記憶に強く定着します。また疑問が晴れすっきりすることで英語学習に対するモティベーションも上がるでしょう。TOEIC運営委員会の方もその辺りは認識しているはずです。話の内容が英語学習者のためになるもので、試験の公平性を不正に損ねるようなものでなければ、試験問題について話したからと言って、違反行為扱いにするようなことはないでしょう。英語学習者の英語力増進はTOEIC運営委員会の目指すところでもありますので、同じ目標を持って運営されている非営利の弱小ネットラジオに年商100億円とも言われる巨大な財団法人が苦言を呈してくるとは思えません。ですから、TTTはぜひとも続けていただきたく存じます。

「問題の再現は禁止」と言われたからという理由でネットラジオの講評番組を止めてしまうというのは権威に屈しているようで寂しいんですが、逆に全く無視して問題をどんどん再現するのもあまりにも中二病過ぎて大人げないというか。両極端に走らず、問題の再現を避ける形で放送を続けるという中庸の路線を探っていただけることを願います。

というようなことをTOEIC運営員会からお咎めを受けるのが怖くてTBRを止めてしまった私が言ってもあまり説得力がないことは重々承知しておりますが、直接放送には関わらなくなったとは言え、元々私が始めたネットラジオなので外部からの圧力によって潰されてしまうような事態は回避してもらいたいと切に願っています。

TOEIC Blitz Blog運営者 神崎正哉

*TOEIC運営員会の方へ

Terry’s TOEIC Talkに関してご意見、ご要望などございましたら、当ブログのサイドバーに設置してありますメールフォーム経由で私神崎宛にお送りいただければ、Terry’s TOEIC Talk主催者のTerryに転送いたします。Terry’s TOEIC Talkの目標はTOEIC受験者の英語力増進ですので何卒よろしくお願い申し上げます。


Do you remember Rock N Roll Radio?





GBR photo (5)


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング


テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
TTT続けてください・・・とお伝えください!
試験当日、終わったあとTBRを聴くのがとても楽しみです。
私がTOEICを再度受験し始めたのもTBRがあったからです。
神崎先生、絶対にやめないでください・・・とTerryさんにお伝えください。
2012/01/28(Sat) 19:41:28 | URL | KIYO #LkZag.iM[ 編集]
絶対に止めないでください!!!!
私がこれまでTOEICを続けてこられたのも、この放送があったからです。
もし、この放送がなくなったら恐らく、どこかの時点でモチベーションが下がって、継続することはできなくなると思います。
絶対止めないでください。
それと共に、TOEIC運営委員会の方、この際、公式的に放送に対するお墨付きを出してください。
お願いします。全国のTOEICファンからのお願いです。
2012/01/28(Sat) 21:34:26 | URL | Tony.G #JalddpaA[ 編集]
TOEIC運営委員会にもの申す
TOEIC運営委員会の皆様へ

俺の生きがいは、TOEICとその後のTBRなんだ!
だから、どちらが欠けても駄目なんだ。

トイッカー、TOEICマニア、TOEICジャンキーなんて言われる人の大半は、ほとんどがそんな人のはなず。
だからこそ、みなリピート受験するし、TOEIC受験に皆全力をそそぐ。

そして今日の試験はどうだったと感想をのべ、出来た出来なかったと一喜一憂し、990の高みを夢見て
今日も勉強する。

なので、せめて、このTBRくらいは寛大に、みてもらいたい。

TOEICを愛する一人の人間としての切なるお願いです。


P.S.
12月受験も増やしてくれたのは、グッジョブです。感謝してます!

2012/01/29(Sun) 06:30:37 | URL | DIO #-[ 編集]
神崎先生、男前!!
私も昨日の公開テストを受けてきました。受験票にちゃんと、試験問題の再現禁止がでていましたね、、。 4割の問題がリサイクルですか、、。そううしたら、回数受けていると上がるのは当然ですね、、。

さて、神埼先生の中庸をいきつつ、受験者の願うご発言に、敬服です。再現行為にならないように私も注意してきます
2012/01/30(Mon) 10:25:51 | URL | Ichiro #9b1Ci0AQ[ 編集]
>KIYOさん

TTTへの応援メッセージ、ありがとうございます。
昨日の放送を聞く限り、Terryも続けていくつもりのようですので、ご安心ください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


>Tony.Gさん

暖かい応援のメッセージ、ありがとうございます。
公的なお墨付きは難しいにしても、昨日の放送内容でしたらおそらく向こうからとやかく言ってくることはないと思います。
これからも放送が続くことを私も願っています。

>DIOさん

TOEIC運営委員会あてのメッセージ、ありがとうございます。
DIOさんのメッセージが向こうに届き、ネットラジオ放送の意義を認識してもらえることを願います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

>Ichiroさん

TTTをお聞きいただき、ありがとうございます。
運営委員会側が再現禁止を明確に示してきている以上、あまり露骨な再構築は好ましくありませんが、まあ少し試験をネタに雑談するくらいでしたらとやかく言ってこないはずです。引き続き応援よろしくお願いします。
2012/01/30(Mon) 12:31:42 | URL | 神崎正哉 #jo06q36w[ 編集]
運営委員会にもの申す
いつも放送を楽しみにしている者です。試験後の打ち上げ飲み会のような感じで聞こえていますので、運営委員会のお咎めなどないと思います。イベントの後、参加者で盛り上がるのは当たり前のことで、インターネットという文明の利器のおかげで、それが全国規模でできるようになって嬉しい限りです。ところで、私は、過去問の使いまわしに反対です。そもそも、それさえなければこのような危惧は起こらないからです。公での問題の公開を禁止したとしても、なんの解決にもならないと思います。かえって、過去問の情報としての価値が増し、もっと重大な問題が絡んでくると思います。たとえば、誰も見えない処で、過去問情報の売買が起こったり、有力な政治家などが、進学、卒業単位免除、昇進などのかかる、せっぱ詰まった子弟や、知人などのために、TOEICの所轄、関係官庁の者に金品を渡したり、天下り先斡旋を餌に、運営委員会の者に対し、営業認可をたてに、過去問のコピーなどを要求するとかの、汚職行為なども想定されます。公に出回っていれば、情報の価値自体低く、誰かがうまい汁を吸うということも少なくなると思います。進学や卒業にも重大な影響を与えるまでに成長した試験ですから、社会的責任も重大だと運営委員会も認識する必要があると思います。過去問を使うにしても、手直しして質問と答えを変えるとか、いつ出題されたかわからないようにするとかの工夫をすべきです。問題も答えもそっくり同じなのだから秒殺回答できる人とそうでない人とでは時間のかかり方がまったく違い不公平です。また、営業利益上の問題にしても、過去問の再利用を廃止した韓国で、受験生が激減したということはないはずですから、日本でも返って受験生が増え、点数を利用する大学も増えてくると思います。今のままでは、文部科学省のほうから、教育現場では利用すべきではないというクレームが付いてきて、英検がまた大学でさえ盛り返してくるかもしれません。以上、長々と書いてしまって申し訳ありませんが、ネットラジオをつずけて欲しい願いを込めて書きました。これからも頑張ってください。Mory
2012/01/31(Tue) 13:09:24 | URL | Mory #-[ 編集]
Moryさん

真摯なメッセージをありがとうございます。
Moryさんの思いは運営委員会に届いたともいます。
その証拠に私のところには何も連絡が来ません。
これは「あの程度の放送であれば認める」という向こう側の意思表示と受け取ってよいと思います。
Moryさんをはじめリスナーのみなさまの熱いサポートのおかげです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2012/02/11(Sat) 00:12:35 | URL | 神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.