TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
新刊初心者用模試
最近IBCパブリッシングから初心者の方を対象にしたTOEIC本を出しました。



『はじめての新TOEIC TEST完全総合対策』というタイトルからは分かりにくいかもしれませんが、これ、模試本です。「問題形式と解法のコツ」、「模試1セット200問」、「解答と解説」という構成になっています。

TOEICでスコアを伸ばすために一番役立つトレーニングは模擬問題を解いて問題形式と設問パターンに慣れることです。また、実際のTOEICに則した問題200問を2時間で解くと試験で必要なスタミナの養成にもなります。ある程度問題を解ける英語力のある人は、公式問題集などの実際のTOEICと同じレベルの問題を使って練習するべきですが、本番のTOEICで問題の半分は適当にマークしているというレベルの学習者の場合、まずは易しめの問題を使って練習する方が効果的です。問題が難しすぎると何が何だか分からず、問題のポイントがつかめません。そのような問題を使って練習していても、なかなか設問パターンに慣れてこないでしょう。『はじめての新TOEIC TEST完全総合対策』は、「公式問題集では難しすぎるけどTOEIC Bridgeの問題集では易しすぎる」というTOEIC 400-600点レベルの学習者を想定して、実際のTOEICより易しめの問題を集めてあります。問題は易しいんですが、問われるポイントは同じなので、実際のTOEICの設問パターに慣れることができます。

また、英語のレベルも実際のTOEICより低く設定してあります。具体的には易しめの語句を使う、複雑な構文を避ける、ひとつひとつの文を短めにするといった措置を施してあります。これは模試を解いた後、問題中の英語を使って英語のトレーニングをしていただきたいからです。初級者の人は英語が難しいと消化不良を起こしてしまい、効率的なトレーニングができません。易しめの英語から入って、徐々に慣らしていった方が良いでしょう。模試を解いた後、模試の英語素材を使って様々なトレーニングができます。リスニングの音声を使って英語の音の練習をする(Listen & Repeat、シャドウイングなど)、Part 3の会話とPart 4のトークを暗唱する、問題中に出てきた知らない単語、フレーズ、慣用表現などを覚える、自分の知らなかった(またはあやふやだった)文法事項の確認をするなどの学習を行い、英語のレベルアップを図ってください。さらにリーディングの問題を読み上げた音声も近日中にIBCのホームページ(http://www.ibcpub.co.jp/kanzaki/hajimete.html)から無料でダウンロードできるようになります。この音声ファイルも活用して音の練習をしっかりやってください。「この模試中のリスニングの音声はすべて聞き取れる」「Part 3の会話とPart 4のトークはすべて暗唱した」「問題中の語句や文法はすべてマスターした」というくらいまでやり込めば、きっと650~730点くらいは取れるはずです。その後で、公式問題集などの実際のTOEICと同じ難易度の模試本に移ることをお薦めします。

補足

『はじめての新TOEIC TEST完全総合対策』と平行して『新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990』を使って語彙力を鍛えるとさらに良い。初中級者は語彙力に比例してスコアが伸びると言っても過言ではない。語彙力増強に力を入れることをお薦めします。




blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.