TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
音声ファイルダウンロードの不具合について
9月29日(日)放送のラジオの音声ファイルをTOEIC Blitz WebのTBR Archive にアップしたんですが、どうもうまくダウンロードできない方がいらっしゃるようです。コメント欄で以下のようなやり取りをしました。

(隠しコメントとしての投稿)

音声ファイル

音声ファイルですが、アップされていますでしょうか?
ご確認いただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。



(神崎返信)

Re: 音声ファイル

> 隠しコメントさん

今、確認してみましたが、正常に機能しています。右クリックで「対象をファイルに保存」を選んでください。

もしかするとダウンロードしようとなさった時間帯に他の方がダウンロードしている最中だったのかもしれません。もう一度試してみてください。

またはお使いの回線・パソコンと相性が悪いのかもしれません。「家のパソコンからはダウンロードできなかったけど、職場のパソコンでやったら上手くいった」という方も過去にいらっしゃいました。

音声ファイルは上がっていますので、いろいろ試してみてください。どうぞよろしくお願いします。



(隠しコメントとしての返信)

神崎先生、早速のお返事ありがとうございます。
確かに、他のパソコンだと見ることができました。
私のNEC製のパソコンではアーカイブに9月分が出てきませんが、Sony製パソコンだと出てきました。
嘘みたいな話ですが、こんなことがあるのですね。

お返事本当にありがとうございました



(神崎返信)

>隠しコメントさん

お返事ありがとうございます。9月分のファイルが出たということで何よりです。今後ともよろしくお願いいたします。

同じようなトラブルを経験されている方がいらっしゃると思いますので、ブログの記事にしてシャアさせていただきます。



上のようなやり取りをしてる最中、別の方からメールフォーム経由で同じようなお問い合わせをいただきました。

神崎先生

9/29の音声が保存されていないようです。
リンク先には、7月までの音声がアップされています。
http://toeicblog.web.fc2.com/TBR.html

お忙しい所申し訳ございませんが、ご確認を頂ければ有難いです。
久しぶりに受験した試験内容のご講評を楽しみにしています。

それでは。



私のコンピュータから上記リンクにアクセスすると9月分の音声ファイルもちゃんと出てきます。どういうことなんでしょうか。私には原因がわかりません。別のコンピュータまたは別の回線で試してみてください。このブログの読者の皆さんの中でどなたか原因が分かる方はいらっしゃいますか。教えていただけるとありがたいです。

ちなみに10月のTOEICは学会とかち合ってしまうので、受験しません。よって試験後のラジオもありません。11月にまたやります。

私が参加する学会は10月25日~28日に神戸コンベンションセンターで行われるJALT 2013です。私は27日(日)の夕方、プレゼンをやりますので、ご興味ある方はどうぞ。
紹介サイトはこちら

私のプレゼンの詳細は以下の通りです。

Presentation #519: A search for discipline-specific vocabulary (Short Paper)

Scheduled for: Sunday, October 27, 6:45 PM - 7:10 PM (25 minutes)

Room: 304

Abstract:
When non-native speakers of English intend to take an academic course in English, one area of language study they should focus on is learning the vocabulary commonly used in their chosen fields of study. While Coxhead's (2000) Academic Word List is useful for learning general academic vocabulary, a more discipline-specific approach is also needed since every discipline has its own unique lexicon. Given the discipline-specific nature of academic language, identifying specialized words in a certain field of study and providing learners with them before they enter it can give them an advantage. This study attempted to identify discipline-specific vocabulary using corpus approaches. The field in which specialized words were sought was applied linguistics, and more than 8,000 research article abstracts were used as language samples. The abstracts, published in 36 major applied linguistics journals between 2001 and 2012, were collected electronically to create a mini corpus of one million words. The corpus was analyzed with the WordSmith Tools software (Scott, 2013) to obtain frequency lists of words and lexical bundles. Words whose frequencies are unusually high in the corpus compared to their frequencies in the British National Corpus were identified using the keyword function of the software. These “keywords” have been regarded as discipline-specific vocabulary. In addition, this method of identifying discipline-specific vocabulary can be applied to other fields of study.




お薦めTOEICブログ紹介コーナー 第3回

『OJiM's TOEIC Diary』 

運営者:OJiM

更新頻度:週3~4回

内容:学習記録やTOEIC本の書評、TOEIC受験関連の記事に加えて、最近は言語学や脳科学の知見に基づく学習法や言語メカニズムに関する記事も多い。また「優子」とのやり取りを通して、英語学習やTOEICについてコメディータッチに語る小説風記事は逸品。

今ではTOEICブログコミュニティーをけん引しているOJiMさんですが、ブログを始めたきっかけはなんとこのブログで2008年10月にやっていた「ウーゴキャンペーン」だそうです(ブログをやっていないとキャンペーンに参加できないので始めた)。OJiMさんがブログ開設を伝えてくださったコメント欄はこちら

「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
過去の状態を見ているのかも。
神崎さん、どうも、前田です。その現象は次のように起きている可能性があります。
あるPCが、ある画面を過去に表示したことがあるとします。そして、そのページが更新された後に再び同じPCで誰かがアクセスしているとします。この場合、閲覧者は「最新の状態を見ている」つもりですが、実際はブラウザが(気をきかして)高速表示しようとして、過去に保存したものを画面に出している場合があります。同じページにアクセスしている別の人には、最新状態が見えていても不思議ではありません(というより、それが自然です)。解決策は、前者の人がブラウザに付いている更新ボタンを使い、再読み込みをすることです。そうすれば、その時点でブラウザがページを読みこみますので最新状態を閲覧できるはずです。
2013/10/12(Sat) 00:40:26 | URL | 前田 #-[ 編集]
Re: 過去の状態を見ているのかも。
> 前田さん

どうも、お久ぶりです。書き込みありがとうございます。丁寧に説明していただいて助かります。再度読み込みをするということは、WindowsだとF5を押せばいいんですね。後ほどブログの記事にしてみなさんにご紹介したいと思います。ありがとうございました。
2013/10/12(Sat) 12:12:36 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
神崎先生、
こんにちは。

ブログを紹介していただきありがとうございます。ウーゴキャンペーン(通称:ウゴキャン)懐かしいですね。もう、5年も前になりますか。

これからも、役に立つブログを書いていこうと思います。よろしくお願いします。

学会でのプレゼン、頑張ってください!
2013/10/13(Sun) 09:00:17 | URL | OJiM #z8Ev11P6[ 編集]
Re: タイトルなし
> OJiMさん

メッセージありがとうございます。ウゴキャン、懐かしいですね。キャンペーンの目的はウーゴの売り上げを伸ばすことで、その目標自体は達成されず、ウーゴはその後、絶版になってしまったんですが、ウゴキャンをきっかけにOJiMさんがブログを始められて、5年間で素晴らしいブログ記事をたくさん書いてくださり、またオフ会等のイベントにも積極的に参加してくださるようになり、ウゴキャンも無駄ではなかった、というよりむしろやって良かった、やる意味があったと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。来週、「TOEICの日」のイベントでお会い出来ることを楽しみにしています。
2013/10/13(Sun) 13:25:32 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
神崎先生,こんばんは。
今度,TOEFL-ITPとTOEICの2日連続受験をするのですが,TOEFL用の
ボキャビルのために,
京都大学英語学術語彙研究グループ+研究社
『京大学術語彙データベース基本英単語1110』研究社,2009年6月,
という単語集をやっています。
TOEFL用を謳っているのをやるのも,面白く無いと思ったので。
ジャーゴン系だと日本語の訳語を覚えておかないと,後で日本語の文献を
読むのに困ることと,幸いなことに限定される範囲で1対1で対応するので,
TOEICのときにはあまりやらない訳語を覚えることもやっています。同じ単語が
分野によって,訳語が違うことがあるので,まじめにやる方は
大変かもしれません。私は関心のない分野はスルーしています。
学会でよい報告ができるといいですね。学会報告でも炎上したりするという噂を
聞いたことがあります。神崎先生は大丈夫だと思いますが。
今度の「TOEICの日」ですが,私は増田有華さんのファンクラブ限定イベントに
参加するので,TOEICerの集いには申し込んでいません。お会いできなくて,
残念です。
学会前に張り切りすぎて,お風邪などひかぬよう,くれぐれもご自愛下さい。
2013/10/15(Tue) 20:01:43 | URL | 名無しM #smuSrNJk[ 編集]
Re: タイトルなし
> 名無しMさん

ありがとうございます!TOEFLも受けてらっしゃるんですね。私もiBT受けようと思っています。

学会発表は無事に終わりました。今度は論文の形にまとめて投稿しようと思っています。ではまた。
2013/11/18(Mon) 23:38:43 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.