TOEIC Blitz Blog
Helping you with the TOEIC and beyond
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
UK, TOEIC and Theresa May
日本でTOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会から「【重要】英国ビザ申請要件の変更について」というメールが来ました。どうやら英国ビザ申請にTOEICが使えなくなるようです。英国ビザを申請するのにTOEICを使う日本人はどのくらいいるのか気になるところです(そんなにたくさんいないような気がしますが)。

「詳細につきましては、公式ウェブサイトの 英国ビザ申請要件の変更について をご確認いただければ幸いです。
⇒ http://www.toeic.or.jp/important/01_lr.html
ということなので、リン先に飛んでみました。以下コピペ。


英国ビザ申請要件の変更について
このお知らせはTOEICテスト、TOEICスピーキングテスト/ライティングテストのスコアを英国ビザの申請にご利用になる方を対象にしています。             

4月21日付けでご案内申し上げましたとおり、TOEICテストの開発・制作元であるEducational Testing Service(ETS)より4月17日に通達があり、TOEICテスト(Listening/Reading)、TOEIC スピーキングテスト/ライティングテスト(Speaking/Writing、以下、TOEIC SWテスト)のスコアについては、英国ビザの申請にご利用いただけないことになりました。

TOEICテスト、TOEIC SWテストのスコアを利用しての英国ビザ申請をご検討、ご予定されていた皆様におかれましては、ご迷惑、ご心配をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。

ビザ申請を管轄する英国のUK Home Office とETSのライセンス契約により、TOEICテスト、TOEIC SWテストのスコアは、英国ビザ申請を行う際に必要とされる英語能力の証明として認められてきました。しかしながら今般、ETSから英国国内におけるTOEICテストの実施を委託された団体による不正があったため、両者間の契約を更新しないこととなりました。 
詳細についてはETSからの発表をご確認いただければ幸いです。(PDF 239KB)

英国ビザ申請のためにTOEICテスト、TOEIC SWテストをご受験予定の方、両テストのスコアをご利用予定の方は、大変お手数ではございますが、下記のお問い合わせフォームまたはお電話でご連絡をお願いいたします。

「英国ビザ申請におけるTOEICスコア利用について」お問い合わせフォーム
● 電話:03-5521-6206 (土・日・祝日・年末年始を除く10:00~17:00)
   ※ 4月26日(土)27日(日)は10:00から17:00まで受け付けます。

ご迷惑をおかけしまして誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

TOEICプログラムは全世界の企業、学校、団体など約14,000の団体で採用されており、2012年は約700万人が受験しました。英国ビザ申請の目的以外では問題なくご利用いただけますので引き続き、ご活用いただければ幸いです。当協会ではこれからもTOEICテスト、TOEIC SWテストの公正・厳格な運営に努めてまいります。

http://www.toeic.or.jp/important/01_lr.html



ETSの発表はこちらこちらで読めます。TOEICのPart 7的な文体なので、TOEICを受ける人にとって、いいリーディングの練習になるかも。以下コピペ。

Update on TOEIC® Testing in the U.K.

Following the broadcast of a BBC Panorama program in February 2014 which highlighted an organized criminal element seeking to circumvent the U.K.'s visa-granting process, ETS has made the decision not to extend our Secure English-language Testing (SELT) license with the Home Office. As a result, TOEIC® and TOEFL iBT® testing will no longer be offered for U.K. visa-granting purposes.

Security is and always has been a top priority; however we've made this decision in response to the security challenges portrayed in the BBC program. We acknowledge that we fell short of our own high standards and sincerely regret the dishonest activities of third party contractors in the U.K. whose job it was to administer the TOEIC tests honestly and fairly. When applied properly, our goal security protocols prevent and detect incidents of fraud. Going forward we will continue to implement additional, stricter, best-in-class security measures for our tests, including biometric voice analyses, to ensure our test score remain the most trustworthy in the world.

The TOEIC tests continue to be used by nearly 14,000 businesses, organizations, and government agencies in 150 countries. In 2012, almost seven million TOEIC tests were administered worldwide, solidifying the TOEIC program as the largest and most widely used English-language assessment for the workplace.

Individuals seeking more information on test cancellation and refund policies related to U.K. visa testing should contact their local ETS Preferred Network Office or TOEIC Service International at TOEIC@ets.org.

Posted: April 17, 2014

http://www.toeic.or.jp/library/importnews/pdf/ets_announcement.pdf




Update on TOEFL® Testing in the U.K.

Following the broadcast of a BBC Panorama program in February 2014 which highlighted an organized criminal element seeking to circumvent the U.K.'s visa-granting process, ETS has made the decision not to extend our Secure English-language Testing (SELT) license with the Home Office. As a result, TOEIC® and TOEFL iBT® testing will no longer be offered for U.K. visa-granting purposes.

We appreciate the Home Office's recognition that while the TOEFL and TOEIC tests shared a SELT license, the fraud uncovered by the BBC program was limited to TOEIC testing. Security measures around the TOEFL test were never under question. The TOEFL test remains the most widely respected English-language test in the world recognized by more than 9,000 institutions in more than 130 countries.

Security is and always has been a top priority; however, we've made this decision in response to the security challenges portrayed in the BBC program. We acknowledge that we fell short of our own high standards and sincerely regret the dishonest activities of third party contractors in the U.K. whose job it was to administer the TOEIC tests honestly and fairly. When applied properly, our global security protocols prevent and detect incidents of fraud. Going forward we will continue to implement additional, stricter, best-in-class security measures for our tests, including biometric voice analyses, to ensure our test scores remain the most trustworthy in the world.
Students seeking more information on test cancellation and refund policies related to U.K. visa testing should contact TOEFL Services at toefl@ets.org.

Posted: April 17, 2014

http://www.ets.org/toefl/important_update/update_toefl_uk



TOEICのページとTOEFLのページで3分の2くらいは内容が重複しているが、微妙に違うところもある。TOEICの方は、"the TOEIC program as the largest and most widely used English-language assessment for the workplace."と言っているのに対して、TOEFLの方は、"The TOEFL test remains the most widely respected English-language test in the world recognized by more than 9,000 institutions in more than 130 countries."と言っている。

BBC Panorama programをYouTubeで探してみたら、ありました。こちらです。



違法な手段を使って顧客のビザ取得を助けるエージェントがTOEICを利用しただけで、TOEIC自身は何も悪くない。この件でTOEICに悪いイメージが付いたらいい迷惑だ。

この番組の中ででHome SecretaryのTheresa Mayが出てきますが(上のYouTubeの静止画の女性)、実は同姓同名の人が『TOEICテスト公式プラクティス リスニング編』(国際ビジネスコミュニケーション協会)にも出てきます。



この本を持ってる人はUnit 13 Talk Bのスクリプトを見てください。"I'm pleased to tell you that Theresa May, a recent graduate of New York Business School, will be joining our team next Monday."とあります。

Home SecretaryのTheresa Mayはこちら。



I like her accent.

お薦めTOEICブログ紹介コーナー 第17回

『そろそろやってみるか』

運営者:三羽四朗二郎

更新頻度:不定期(この1カ月更新なし)

2008年開設の老舗ブログ。2009年の更新回数は759回。ただ、この1カ月更新がないのが心配。オリジナル記事より情報のまとめ的な投稿が多い。TOEICネタに加え、英語学習、英語教育論、数学の話、将棋の話、政治ネタ(右寄り)など、多岐に渡っています。肩の力を抜いたスタンスで笑いの要素も豊富。ブログの継続を願います。



「人気ブログランキング」への投票はこちら


blogrankingbanner_02.gif

人気ブログランキング

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/05(Mon) 23:54:48 | | #[ 編集]
読解 特急5ダブルパッセージ編の質問
 神崎先生、ご無沙汰しております。
 ダブルパッセージ編が出版されてから時間がたっておりますが、最近入手いたしました。
「いまさら」と思われるかもしれませんが、ひとつ教えていただけませんか?
本書P.127 Question 50の
選択肢(A) He is a colleague of Joyce Zeller and Claire Shepherd.
がどうして誤答なのでしょうか。
ロングマン英英には
colleague: someone you work with, used especially by professional people
とありました。
不動産業という点では3人は同業者だと思うのですが。
英辞郎にはcolleague を調べますと「同業者」と3番目に書かれていました。
やはり職場が同じ人と考えたほうがいいのでしょうか。
正答の選択肢(D)He has information about properties in Florida.
が正しいのはわかり、二者択一で悩みました。
ご回答のほどよろしくお願いいたします。
 今月公開テストを受験します。
今回はPart 7に特化した学習をしていますが、
読解特急3上級編のあと本問題集をやってみると内容が平易に感じられました。
読解特急3については、2回目解き直しをします。全問正解と正答の根拠もはっきりさせるつもりです。
それでは。
2014/05/12(Mon) 08:08:38 | URL | あかつき ちか #-[ 編集]
Re: 読解 特急5ダブルパッセージ編の質問
>あかつきちかさん

ご質問ありがとうございます。colleagueは someone you work withという意味なので通常「同僚」という意味になります。もし協力関係にある「同業者」であれば、colleagueと呼べますが、問題文中ではthe othre realtorsとなっており、ライバル関係にあることが示唆されているので、colleagueではなくcompetitorです。
2014/05/16(Fri) 22:49:58 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
ご回答ありがとうございました
神崎先生
ついつい日本語にひっぱられてしまいました。
ありがとうございました。
これで疑問もクリアし、来週受験してきます。

2014/05/18(Sun) 18:05:47 | URL | あかつき ちか #-[ 編集]
Re: ご回答ありがとうございました
> あかつきちかさん

ご返信、ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
2014/07/26(Sat) 23:19:23 | URL |  神崎正哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.